ドジョウを飼おう!人気のドジョウとドジョウの飼育方法を紹介!!

2018年8月2日

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

ドジョウは日本の田んぼや川に生息している川魚です。水槽内では砂の中に潜ったりするので、飼っていても楽し魚です。今回の記事ではドジョウの飼育方法について紹介します。

 

ドジョウは低温にも強い魚なので、室内飼育であればヒーターがなくても飼育することができて、飼育が簡単なので、初心者の方でも飼いやすい魚です。

 

ドジョウは地味な魚と思われていますが、よくみると可愛らしい顔をしていて、仕草も可愛いので、飼っていてとても楽しい魚です。

 

今回の記事では、ドジョウの飼育方法について紹介するので、ドジョウを買ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

ドジョウとは

 

 

ドジョウは日本の他にも台湾や中国、ベトナムなどに広く生息している魚です。自然の土壌は田んぼや川や池などに生息しています。

 

種類も豊富で、ヤマトドジョウ、フクドジョウ、ヒドジョウ、ホトケドジョウなどが代表的な種類です。

 

寿命は種類によって違いますが、以外に長生きな魚で、飼育下でも8〜10年ぐらい生きると言われています。性格も大人しいので、他の魚と混泳させることができるので、飼いやすい魚です。

 

 

 

ペットにオススメのドジョウ

 

 

土壌には色々な種類がいます。中でもペットとしてよく飼われているドジョウを紹介します。

 

 

 

シマドジョウ


(淡水魚) シマドジョウ Sサイズ(3匹) どじょう 本州・四国限定[生体]
ペットショップやホームセンターなどでよく販売されているのがシマドジョウです。日本固有のドジョウなので、日本の気候にも適応しやすいので飼いやすい種類です。

 

 

ヒドジョウ


(淡水魚) ヒドジョウ Sサイズ(1匹) どじょう [生体]
ヒドジョウは日本に生息しているマドジョウが黄色に変わったドジョウです。ヒドジョウはブリードされているので、流通量も多く熱帯魚屋さんでも販売されています。

 

ドジョウの中でも綺麗な色をしているので、見た目が派手なドジョウを飼いたい人にもオススメです。ヒドジョウにはアルビノも販売されているので、変わったドジョウを飼いたい方はアルビノのヒドジョウを飼うのがいいと思います。

 

 

フクドジョウ


(淡水魚) フクドジョウ(1匹) どじょう 本州・四国限定[生体]
フクドジョウはドジョウの中でも大きく成長する種類で、20cm程度まで成長します。朝鮮半島原産の土壌ですが、日本にも生息しています。

 

体調が大きく生息する土壌なので、30cm水槽では手狭になってしまいます。フクドジョウを飼育する場合は45cm水槽で飼育するようにしましょう。

 

 

 

ドジョウを飼育するときのレイアウト

 

 

 

一般的な熱帯魚と同じようなレイアウトで飼育することができますが、ドジョウを飼育する場合はは底砂を入れるのがいいと思います。

 

ドジョウは砂の中に潜る習慣があるので、砂を入れておいたほうがストレスも少なくなります。

 

砂が大きすぎるとうまく潜ることができず、角がある粒だとドジョウが怪我をしてしまうので、底砂は大磯砂や田砂を選ぶようにしましょう。

 

 

ドジョウは底砂に潜る習性があるので、底砂に植える水草は相性が悪いです。水草を植えてもすぐに掘り出してしまうので、水草は流木などに活着するものを使用しましょう。

 

 

 

ドジョウの餌

 

 

 

ドジョウは基本的になんでも食べます。なので、混泳させている熱帯魚の餌の食べ残しなども食べてくれます。

 

ドジョウは大きくなると餌を食べる量も増えるので、ドジョウ用の餌を与えるのがいいと思います。ドジョウ専用の餌が販売されているので、それを与えるのがいいと思います。

 

 

 

ドジョウの混泳について

 

 

ドジョウはおとなしい魚で、他の魚にちょっかいをかけることがないので、混泳に向いている魚です。

 

中層や上層を泳ぐ魚とであれば、問題なく混泳させることができます。ただ、大きさ魚や肉食の魚と混泳すると食べられてしまうので注意してください。

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!