シマドジョウを飼おう!シマドジョウの特徴と飼育方法を紹介!!

2019年3月12日

シマドジョウは日本に生息している淡水魚で、昔からペットとして人気が高いです。飼育も簡単なので、初心者の方にもオススメの魚です。今回の記事では、シマドジョウの特徴と飼育方法について紹介します。

 

シマドジョウは昔からペットとして人気の淡水魚で、流通量も多くてホームセンターやペットショップで販売されています。

 

体長も小さいので、小型水槽で飼育することが出来て、飼育も簡単なので初心者の方にもオススメです。

 

今回の記事では、シマドジョウの飼育方法について紹介するので、シマドジョウを飼ってみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

シマドジョウとは

シマドジョウは本州や四国などに広く生息している日本の固有種の土壌です。

 

日本に生息しているドジョウなので、日本の水にも適応しやすく、日本の四季にも適応するので飼いやすい淡水魚です。地域によって名前が違い、ササドジョウやスナメなどと呼ばれます。

 

販売価格も安くて、1匹500円程度で販売されていることが多いです。食用としても流通している種類で、食用のものだともっと安い値段で販売されています。

 

 

日本に生息しているドジョウなので、川などで捕まえることも出来ます。

 

 

寿命は短く3年程度と言われていますが、ちゃんと飼育すると6年ほど生きることもあって、個体によって寿命は多少ことなります。

 

 

 

シマドジョウの飼育方法

 

 

 

シマドジョウの飼育は簡単です。ちゃんと飼育環境を揃えれば初心者の方でも簡単に飼育することが出来ます。

 

必要な機材を紹介するので、ぜひ飼育に挑戦してみてください。

 

 

 

水槽

シマドジョウは10cm程度までしか成長しないので、30cm水槽で飼育することが出来ます。

 

ドジョウはは水槽から飛び出すことがあるので、水槽にはフタをしてドジョウが飛び出さないようにしましょう。

 

 

 

濾過フィルター

 

 

 

濾過フィルターはどんなものでも構いません。過密に飼育しなければ、それほど水を汚したりもしないので、値段の安くてメンテナンスが楽な外掛けフィルターがオススメです。

 

水槽とセットのものを購入すれば安く揃えることができるので、セットのものを購入するのがいいと思います。

 

 

 

床材

 

 

 

ドジョウは砂に潜ることがあるので、集めに床材を敷いてあげると喜びます。

 

シマドジョウはアルカリ性の水質を好むので、床材は田砂などの水質に影響しないものやアルカリ性に傾けるものを選ぶのがいいと思います。

 

底砂は粒の細かいものを選ぶようにしましょう。ただ、ソイルだと泥を巻き上げてしまうので注意してください。

 

 

 

カルキ抜き

 

 

 

汲み置きしておけばカルキを抜く事ができますが、カルキ抜きを使った方が簡単なのであった方が便利です。

 

汲み置きの場合は日光の当たり具合によってカルキが抜ける時間も違います。カルキ抜きを使えばすぐにカルキを抜く事ができるので、水換えもしやすいので用意しておくのがいいと思います。

 

 

 

 

シマドジョウの餌

シマドジョウはコリドラス用の餌や鯰用の餌を与えて飼育する事が多いです。

 

どんな餌でも食べてくれますが、沈下しない餌だと混泳させている他の魚に食べられてしまうので、沈下タイプの餌を用意しておくのがいいと思います。

 

冷凍のアカムシも好んで食べるので、大きく育てたい場合はアカムシなどの餌を与えるのがいいと思います。

 

 

 

シマドジョウの混泳について

 

 

シマドジョウは非常に性格がおとなしいので、他の生き物と混泳させる事ができます。特に小型のエビと混泳させる事ができるので、小型のシュリンプの混泳相手として人気があります。

 

ただ、大型の魚と混泳させるとシマドジョウが食べられてしまうので注意してください。

 

 

オススメの飼育ケージ

ジェックス グラステリア250 6点セット フィルター付

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット水槽 奥行スリム

ジェックス グラステリア900 6点セット 外部フィルター付