コリドラスジュリーってどんな魚?ジュリーの特徴と飼い方を紹介

2018年8月2日

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

コリドラスジュリーは白地の肌に黒いスポット模様が綺麗な魚です。飼育も簡単だし見た目も綺麗なので、とても人気の高い種類のコリドラスです。今回の記事では、そんなコリドラスジュリーの特徴と飼育方法を紹介します。

 

コリドラスジュリーは正確もおとなしいので、混泳させることができます。アクアリウムを初めたばかりで、色々な魚を混泳させて飼育させたいって思う人にはオススメの魚です。

 

今回の記事では、コリドラスジュリーの特徴と飼育方法を紹介するので、コリドラスを飼育したい、コリドラスジュリーを飼ってみたいって思う人はぜひ読んでみてください。

 

それでは、コリドラスジュリーの特徴と飼育方法を紹介します。

コリドラスジュリーの特徴


コリドラス ジュリー【ブリード】(約3cm)<3匹>[生体]
コロドラスジュリーはコリドラスの中でも代表的な種類の魚です。

 

コリドラスジュリーの特徴は黒くて細かいスポット模様です。白地の肌に黒いスポット模様はとても綺麗で、存在感の強い魚です。

 

飼育も簡単だなので、アクアリウム初心者の人でも飼いやすく人気の高い種類のコリドラスです。値段も1匹1000円ほどなので、それほど高いってわけでもないのも飼いやすい理由の一つです。

 

 

泳ぎ方にも愛嬌があるので、飼ってみるとその可愛さがわかると思います。性格もおとなしいので、他の魚と混泳させることができます。

 

コリドラスは底砂に溜まる餌の食べ残しを食べてくれるので、水槽の掃除役として色々な魚と混浴されています。コリドラスジュリーも水槽の掃除役として重宝されています。

 

 

体長も最大で5㎝ほどにしか成長しないので、水槽が大きくなくても飼育することができるので、アクアリウム初心者でも簡単に飼育することができます。

コリドラスジュリーの飼育方法

 

 

 

コリドラスジュリーはコリドラスの中でも飼育がとても簡単な種類の魚です。

 

水質や水温が急激に変化したり、底砂がすごく汚れていたりしなければ病気になることはありません。コリドラスジュリーに限らず、コリドラスを飼育する場合は、水質と水温をしっかり管理して、定期的に底砂を掃除するようにしましょう。

 

 

コリドラスは、水温や水質の急激な変化がストレスになって尾腐れ病になってしまうことがあります。水換えの時や季節の変わり目などは水温や水質が変化しやすいので、しっかりチェックするようにしましょう。

 

コリドラスはストレスを感じると尾ひれが白くなって腐ってしまったり、ヒゲが腐ってしまうことがあるので、
なるべくストレスを与えないように飼育しましょう。

 

コリドラスは臆病なので、コリドラスジュリーを飼育する場合は複数のコリドラスを同じ水槽入れて飼育しましょう。コリドラスは群れて泳ぐので、1匹で飼うよりも複数で飼う方が安心します。

 

 

また、水槽の中には土管などをいれて、コリドラスが隠れられる場所を用意してあげましょう。土管の数は、飼っているコリドラスの数だけ入れてあげるのがいいと思います。

 

 

水温は25度前後でpHは6〜7で安定させてください。餌はコリドラス用の人工餌を与えてください。生餌をあげるとすごい勢いで食べるので、たまにはイトメなんかもあげてみてください。

 

 

コリドラスを飼育するときのオススメのレイアウトはこちらの記事で紹介しているのでコリドラスを飼育しようと思う人はぜひ読んでみてください。コリドラスを飼おう!飼いやすいコリドラスと飼育方法を紹介します!!

 

コリドラスジュリーの繁殖方法

 

 

コリドラスジュリーもコリドラスの中では繁殖が簡単な種類の魚です。他のコリドラスと同じように、複数のコリドラスジュリーを同じ水槽で飼育すれば勝手に産卵します。

 

卵は流木や水草、水槽のガラス面などに張り付いています。コリドラスジュリーの卵が見つかったら隔離箱を使って卵を隔離してください。

 

そのままにしておくと他のコリドラスに卵を食べらられてしまうことがあります。

 

卵は2日ぐらいで孵化します。孵化してから2日ぐらいはヨーサックで成長します。2〜3日するとヨーサックが無くなってしまうので、ブラインシュリンプを与えてください。

 

2㎝ぐらいまで成長すれば、他のコリドラスと一緒の水槽に入れることができます。

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!