コリドラスとエビ類は混泳できる?エビとコリドラスを混泳させる際の注意点を紹介!

コリドラスは水槽の餌の食べ残しを食べてくれるので、水槽の掃除役として飼育されることが多いです。ミナミヌマエビなどのエビ類も餌の食べ残しを食べてくれたり、苔を食べてくれるので様々な熱帯魚と混泳されます。ただ、コリドラスとエビ類を混泳させるときは注意が必要です。今回の記事ではコリドラスとエビ類の混泳について紹介します。

 

 

コリドラスは見た目も可愛らしく、餌を探す姿もとても愛らしいので、人気の高い熱帯魚です。

 

また、ミナミヌマエビなどのエビ類は水草などにつく苔を食べてくれるので、水草水槽で飼育されたり、様々な熱帯魚と混泳されることがあります。

 

どちらも飼育が簡単で混泳向きですが、コリドラスとエビ類を混泳させる場合は注意が必要です。

 

今回の記事ではコリドラスとエビ類の混泳について紹介するので、コリドラスとエビ類を混泳させてみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

コリドラスとエビ類は混泳できる?

ミナミヌマエビ

 

結論から言えばコリドラスとミナミヌマエビなどのエビ類は混泳させることができます。

 

ただ、失敗してしまうことがあるので、混泳させる場合は注意が必要です。

 

コリドラスは性格が温厚なので、エビを襲うことがありません。なので、エビ類と混泳されることも多いですが、意外に上手くいかないことが多いです。

 

まず、コリドラスもエビも低層を泳ぐので生息域がかぶってしまいます。また、エビは雑食性でコリドラスの餌を食べることができるので、餌の取り合いになることも多いです。

 

混泳はうまくいっても稚エビが増えていなく、繁殖がうまくいかなくなってしまうことがあります。

 

なので、繁殖させようと思う場合はエビはエビだけで飼育するのがいいと思います。

 

 

 

コリドラスとエビ類を混泳させるときの注意点

 

それではコリドラスとエビ類を混泳させる際の注意点を紹介します。

 

 

餌の取り合いになる

 

 

先ほども紹介しましたが、ミナミヌマエビやヤマトヌマエビ、ビーシュリンプなどはコリドラスの餌も食べてしまうので、餌の取り合いになってしまいます。

 

タブレット状の餌を与えても水草の中に持っていってしまいます。エビ類は意外に移動スピードも早いので、コリドラスが餌を探している間に持っていってしまうこともあり、コリドラスが痩せていってしまいます。

 

生息域がかぶってしまっているので、コリドラスだけに餌を与えるのが難しく、餌を与えすぎてしまった結果、食べ残しが増えて水質が悪化してしまうことがあります。

 

ミナミヌマエビなどは最初は苔を食べていても、人工餌の味を覚えると人工餌を食べるようになってしまいます。

 

なので、最初はうまくいっていても、少しするとエビが人工餌に興味を持つようになり、コリドラスが餌を食べられなくなってしまいます。

 

なので、混泳させる場合はコリドラスがちゃんと餌を食べられているか確認して、痩せてしまっている場合は他の水槽に移すようにしましょう。

 

 

エビは増えない

 

 

ビーシュリンプは動きが遅いので、混泳させていると餌を食べることができずに数を減らしてしまうことがあります。

 

隠れられる場所が多ければ繁殖させることもできますが、必要以上に隠れられる場所を作ると、餌の食べ残しなどがたまりやすくなってしまい、水質が悪化しやすくなります。

 

水質が悪化してしまい、コリドラスが体調を崩してしまうことがあるので、隠れ家を増やしたら、水槽の掃除の頻度も増やすようにしましょう。

 

なので、コリドラスとエビ類を混泳する場合は、エビの繁殖用の水槽を別で用意して、コリドラスと混泳させるのは成長した親エビだけにするのがいいと思います。

 

 

 

弱ったコリドラスが食べられることがある

 

 

エビは弱った魚であれば食べてしまいます。

 

コリドラスが小さかったりして、餌を食べられなくて弱ってくるとミナミヌマエビなどに食べられてしまうことがあります。

 

ピグミーなどの小型の種類だとエビに食べられてしまうことがあるので、小型のコリドラスとエビ類は混泳させない方がいいと思います。

 

 

ジェックス グラステリア250 6点セット フィルター付

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット水槽 奥行スリム

ジェックス グラステリア900 6点セット 外部フィルター付