コリドラスの水槽は何がいい?オススメの水槽とレイアウトを紹介!

2019年3月12日

 

コリドラスは水槽の掃除役として飼われることが多いですが、見た目も可愛いので、ちゃんと飼育環境を整えて飼育してあげるのがいいと思います。今回の記事ではコリドラス水槽のレイアウトについて紹介します。

 

 

コリドラスは見た目も可愛く飼育も簡単なので、人気の高い熱帯魚です。熱帯魚の餌の食べ残しを食べてくれるので、水槽の掃除役として飼育されることも多いです。

 

ただ、水槽の掃除役として飼われていると、餌をちゃんと食べられなくて死んでしまうことも多いので、初めはコリドラスだけで飼育するのがいいと思います。

 

今回の記事ではコリドラス水槽のレイアウトについて紹介するので、コリドラスを買って見たい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

コリドラスを飼おう

 

 

コリドラスは見た目も可愛くて飼育も簡単なのでオススメの熱帯魚です。コリドラスは性格もおとなしいので、混泳させることもできますが、混泳させると餌を食べられない場合もあるので初めはコリドラスだけで飼育するのがおすすめです。

 

水槽の掃除役として飼育されることが多いコリドラスですが、枠役として飼育するのではなく、ぜひメインとして飼育してみてください。

 

 

 

コリドラスにオススメの水槽とは

コリドラスの水槽を選ぶときに大切なのが底面の広さです。

 

コリドラスは底面を泳いでいる魚なので、底面が広い水槽じゃないと手狭になってしまうので気をつけてください。

 

コリドラスは基本的に複数で群れて泳ぐことを好むので、あまり狭い水槽に数匹だけで飼育するのはかわいそうなので、少し大きめの水槽を選ぶのがいいと思います。

 

 

 

オススメなのが60cm水槽です。

 

 

 

コリドラスは底面を泳ぐ熱帯魚なので、背の低い水槽で飼育することもできますが、のちに他の熱帯魚と混泳させることを考えて普通の60cm規格水槽がオススメです。

 

60cm水槽であれば水量もそれなりに取ることができるので、水質も安定しやすく管理が楽です。

 

60cm水槽は入る水の量も多く、重量も重くなるので、水槽台が必要になります。また、水槽の下には専用の水槽マットを敷いて設置するようにしましょう。

 

 

 

コリドラス水槽にオススメの濾過フィルター

コリドラスは餌を食べる量が多い熱帯魚なので、結構水を汚します。なので、濾過フィルターはなるべく濾過能力の高いものを選びましょう。

 

オススメなのが外部フィルターです。

 

外部フィルターは濾過能力も高く、水流の向きを調整することもできるので、コリドラスの飼育に向いています。

 

 

 

コリドラス水槽にオススメの底床

コリドラスは水槽の底にいることが多いので、底床選びはかなり重要です。

 

コリドラス水槽の底床は角がなく水質をアルカリ性に傾けないものを選びましょう。サンゴ砂は水質をアルカリ性に傾けてしまうので使用することはできません。

 

また、コリドラスは口を砂の中に突っ込んで餌を探すので、提唱に角があると鼻先や口を傷つけてしまいます。なので、コリドラスを飼育する場合は目の細かい砂を使うようにしましょう。

 

オススメなのは田砂です。

 

田砂は目も細かく水質への影響もなく、粒には角もないのでコリドラスを飼育するときによく使われる底床です。

 

また、重さもそこそこなるので、プロホースで掃除もしやすいです。

 

 

created by Rinker
ジェックス
¥20,626 (2019/06/25 11:30:07時点 Amazon調べ-詳細)