ミナミヌマエビを飼育するときの理想の水温を紹介!!

小さいミナミヌマエビ

ミナミヌマエビはエビの中でも飼育が簡単な種類です。初めてエビを飼育する人でも簡単に飼育することができると思います。水槽の掃除役として様々な熱帯魚と混泳されています。飼育は簡単ですが、水温には気をつけましょう。今回の記事ではミナミヌマエビを飼育するときの理想の水温を紹介します。

 

ミナミヌマエビは体が丈夫なので飼育が簡単で今までエビを飼ったことがないひとでも簡単に飼育することができます。繁殖させることも簡単なので、初めてエビを飼う人にはとてもオススメです。

 

ただ、安全に飼育するために、ミナミヌマエビを繁殖させるためにも水温はしっかり管理する必要があります。水温の変化や水温が高くなりすぎてしまうと落ちてしまうことも多いです。

 

今回の記事ではミナミヌマエビを飼育するときの理想の水温を紹介するのでミナミヌマエビを飼育しようと思う人はぜひ読んでみてください。

 

 

それだけミナミヌマエビを飼育するのときの理想の水温を紹介します。

 

 

ミナミヌマエビを飼育するときの水温

 

ミナミヌマエビを飼育する場合は、水温は5〜26度の間にしましょう。

 

ミナミヌマエビは体が丈夫なので水槽の水が凍るぐらい冷たくなったり、水温が30度以上のを超えてしまわなければそう簡単に死んでしまうことはありません。

 

冬場の寒い時期でも、室内に水槽を設置しておけば水温は10度以下まで下がることはないので、ミナミヌマエビを飼育する場合はヒーターなどの保温器具は必要ありません。

 

屋外で飼育する場合でも、すごく寒い地域でなければ5度以下まで水温は下がらないので、屋外でも飼育することができます。

 

ただ、水温が15度を下回ってしまうとミナミヌマエビの動くが悪くなってしまいます。動きが悪くなっているのに餌をいつも通りあげているとすぐに水質が悪化してしまうので注意してください。

 

冬よりも夏場の方が注意が必要です。夏場は何もしないでいると水温が30度を超えてしまうことがあります。水温が30度を超えてしまうと、死んでしまうミナミヌマエビが出てきてしまうので注意してください。

 

夏場はクーラーを設置して、水温が30度を超えないようにしてください。

 

 

ミナミヌマエビを繁殖させる時の水温

 

ミナミヌマエビは水温が低いと繁殖しません。

 

ミナミヌマエビは春から夏にかけて交尾して産卵します。冬の寒時時期は繁殖しないので、ミナミヌマエビを繁殖させたい場合には春先にミナミヌマエビを購入して飼い始めるのようにしましょう。

 

春先から飼育すればうまく交尾してくれれば、夏前ぐらいには産卵してくれるます。ミナミヌマエビは寿命が1年ぐらいなので、春先に繁殖しないと1年後には水槽のミナミヌマエビが全滅してしまいます。

 

通年で繁殖を目指す場合にはヒーターを設置して水温を24度前後で安定させましょう。水温が20度以上あれば繁殖することができますが、24度前後が1番ミナミヌマエビが活発に活動するのでヒーターを使って水温を24度前後で安定させてください。

 

飼育環境によっては2〜3年ぐらい生きることもありますが、だいたいは1年で死んでしまうので、繁殖がうまくいかなかったら、ヒーターを設置して通年繁殖ができるように水温を安定させておきましょう。

 

 

ミナミヌマエビを飼育するときの温度の管理について

 

ミナミヌマエビは30度を超えて、32度ほどになると落ちてしまいます。また、水が凍るほど冷たくなると死んでしまうので、冬場と夏場はちゃんと温度管理をしないといけません。

 

夏場気温が高くなってくると何もしないと水温が32度を超えてしまうことがあります。

 

簡単に水温を管理する方法を紹介します。

 

夏場の水温管理について

 

 

室内で飼育している場合は扇風機の風や水槽用の冷却ファンを設置することで温度を下げることができます。

 

水が蒸発するときに水温が下がります。夏場は水位が下がりやすいのでこまめに水を足すようにしましょう。夏場は何もしないと水温が32度ぐらいまで上がってしまいます。

 

熱帯魚は平気でも混泳させているミナミヌマエビだけ落ちてしまうこともあるので注意してください。

 

屋外で飼育する場合は直射日光が当たらないように日陰で飼育するようにしてください。浮き草を入れることで水草が蒸発しづらくなります。

 

屋外で飼育する場合は水草を入れておくのがいいと思います。

 

 

冬場の水温の管理について

 

ミナミヌマエビは寒さに強いので、水温が5度を下回らなければ問題なく飼育することができます。

 

ただ、水温が15度を下回ってくると活性が下がってきて、10度を下回るとほとんど動かなくなります。5度を下回ってくると落ちてしまう個体も出てくるので、5度を下回らないように気をつけてください。

 

室内で飼育して入れば5度以下まで水温が下がることがないので、そのままでも飼育することができます。ただ、活性が落ちてしまうので、ヒーターを設置して、水温が24度前後になるようにするのがいいと思います。

 

冬場、水温が外気よりと高いとどんどん水が蒸発するので、冬場も水位が下がりやすいです。

 

なので、冬場は水が少なくならないようにちゃんと足す水をしておくようにしましょう。

 

屋外で飼育する場合は水が凍らないように注意してください。水深が浅いと水が凍りやすいので、なるべく水深が深く水量の多い環境で飼育しましょう。

 

発砲スチロールなどを使用して飼育することで、水温が下がりづらくなります。

 

 

 

 

ジェックス グラステリア250 6点セット フィルター付

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット水槽 奥行スリム

ジェックス グラステリア900 6点セット 外部フィルター付