アクアリウム初心者でも簡単に飼えるミナミヌマエビの飼育方法を紹介!!

2018年8月2日

ミナミヌマエビはエビの中でも飼育が簡単な種類です。小型の熱帯魚と一緒に飼育することができるので、水槽の見た目も良くなるので、オススメです。今回の記事ではミナミヌマエビの飼育方法を紹介します。

[ad#co-1]

 

ミナミヌマエビは小型なので、熱帯魚と一緒に飼育していると食べられてしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

口に入ってしまうサイズの熱帯魚と一緒に飼育させてしまうと食べられてしまうので、ミナミヌマエビを飼育する場合はプレコやオトシンなどの草食の魚と一緒に飼育するようにしましょう。

 

ミナミヌマエビの寿命は1年ぐらいです。

 

 

長生きすると2年ぐらい生きることもありますが、大体は1年ぐらいで死んでしまします。

 

ミナミヌマエビは春から夏にかけて孵化して、来年の春から夏にかけて産卵をして、秋には死んでしまいます。ヒーターを使えば通年繁殖させることもできますので、数を増やしたいと思う人はヒーターを使って飼育するのがいいでしょう。

 

 

ミナミヌマエビを飼育し続けるためには、繁殖させることが欠かせないので、ミナミヌマエビを飼育させる時は繁殖させるようにしましょう。

 

 

ミナミヌマエビは体も丈夫で飼育も簡単なので、初めてエビを飼育する人はミナミヌマエビがオススメです。

 

今回の記事では、ミナミヌマエビの飼育方法と繁殖方法を紹介するので、ミナミヌマエビを飼育してみたいと思う人はぜひ読んでみてください。

 

 

それでは、ミナミヌマエビの飼育方法と繁殖方法を紹介します。
[ad#co-1]

1、ミナミヌマエビの飼育方法


(エビ・貝)ミナミヌマエビ(20匹) 本州・四国限定[生体]
ミナミヌマエビは体が丈夫なので、水温は5〜30度ぐらいまでだったら大丈夫なので、冬場などもヒーターを使用しないで飼育することができます。

 

冬場よりも夏場の水温の方が注意が必要です。夏場は水温が30度以上になってしまうことがあるので注意してください。30度を超えてしまうと死んでしまうことがあるので注意してください。

 

 

夏場水温が上がってしまう時は水中が酸素不足になってしまうので、エアレーションを入れて酸欠にならないように注意しましょう。

 

ミナミヌマエビを飼育する場合は流木や水草を設置してミナミヌマエビの隠れ家を用意してください。ミナミヌマエビは隠れ家がなかったり掴まれるとこがないと疲れて死んでしまうことがあるので注意してください。
[ad#co-1]

2、ミナミヌマエビの繁殖方法

 

 

 

ミナミヌマエビを繁殖させる場合はミナミヌマエビだけの水槽を用意するのがいいでしょう。

 

 

他の熱帯魚と混泳させている状況だと孵化したばかりのエビが食べられしまうことがあります。安全にミナミヌマエビを繁殖させようと思ったら繁殖させる用に別の水槽でミナミヌマエビだけを飼育しましょう。

 

 

通年繁殖させたい場合は水温を24度ぐらいに設定して飼育してください。繁殖させるだけならプラケースでも十分繁殖させることができます。

 

 

水草など設置するのが面倒だと思う人は水草の代わりにミカンなどを包んでいるネットを入れておいても大丈夫です。

 

エビだけの水槽も十分綺麗なので、混泳させている水槽の他にミナミヌマエビの繁殖用の水槽を用意するのがいいと思います。小さな水槽でも繁殖させることができるので、そこまで大きな水槽を用意しなくも大丈夫です。

 

ソイル系の底砂を入れて、ウィローモスなどの水草を植えましょう。他には、エアレーションと照明を用意すれば、繁殖用の水槽の完成です。

 

簡単に用意できるので、ちゃんと繁殖させたいと思う場合は繁殖用の水槽を用意しておきましょう。

created by Rinker
ジェックス
¥21,847 (2019/07/18 11:52:12時点 Amazon調べ-詳細)