ミナミヌマエビの繁殖方法を紹介!!

2019年3月12日

ミナミヌマエビは飼育が簡単な種類のエビです。繁殖も簡単にできるので初めてエビを飼う人はミナミヌマエビから飼育を始めるのがオススメです。今回の記事ではミナミヌマエビの繁殖方法を紹介します。

 

エビは寿命が短く、自然界では1年ぐらいしか生きないので飼育し続ける為には繁殖させることが欠かせません。

 

繁殖がうまくいかなければ、一年後には寿命で死んでしまうので、長くミナミヌマエビを飼いたいと思う場合には繁殖出来るように飼育環境を整えることが大切です。

 

ミナミヌマエビは放っておいても繁殖することがあるぐらい繁殖させるのが簡単でが、飼育環境が悪いと繁殖しない場合があります。

 

今回の記事では、ミナミヌマエビの繁殖方法を紹介するのでミナミヌマエビを買ってみたいと思う人はぜひ読んでみてください。

 

それではミナミヌマエビの繁殖方法を紹介します。

 

 

1、ミナミヌマエビだけで飼育する

 

絶対に繁殖させようとおもったら、ミナミヌマエビだけで飼育するのが良いと思います。

 

 

メダカなどの小型の熱帯魚と一緒にミナミヌマエビを飼育している人が多いと思いますが、小型の熱帯魚にとってはミナミヌマエビの稚エビはご馳走なのですぐに食べられてしまいます。

 

水草がしっかり設置してあってミナミヌマエビの隠れ家がちゃんとあれば何匹かは生き残ることができますが隠れ家がなかったり飼育しているミナミヌマエビが少ないとちゃんと繁殖させることができません。

 

メダカなどの小型の魚と一緒に飼育しながらミナミヌマエビを繁殖させようと思ったら、20匹ぐらいのミナミヌマエビを一緒に飼育するのが良いでしょう。

 

20匹ぐらい入れて、ちゃんと水草を設置してミナミヌマエビの隠れ家がを用意してあげれば、何匹かの稚エビは生き残るので繁殖させることが出来ます。

 

色々な魚と混泳させていると繁殖しないことがあるので、確実に繁殖させようと思ったらミナミヌマエビ専用の水槽を作ってあげてください。

 

2、水草を設置する

 

 

先ほども書きましたが、ミナミヌマエビを繁殖させるためには水草を設置しましょう。

 

ウィローモスやアナカリスといった水草がオススメです。

 

ウィローモスを設置しておけば稚エビの隠れ家になります。ウィローモスはミナミヌマエビの餌にもなるのでオススメです。

 

ウィローモスは成長が早いのでミナミヌマエビが食べてもすぐに成長してくれます。経済的で管理も簡単なのでウィローモスをオススメします。

 

3、水質の変化に気をつける

 

 

 

ミナミヌマエビを繁殖させる場合は、水質の変化に気をつけてください。

 

ミナミヌマエビは水質が急激に変化するとストレスを感じて脱皮をしてしまうことがあります。

 

ミナミヌマエビのメスは卵をお腹に抱えているときは脱皮しないのですが、水質が急激に変化するとストレスで脱皮してしまうことがあります。

 

卵を抱えているときに脱皮してしまうと卵がお腹から離れてしまいちゃんと孵化しなくなってしまうので注意してください。

 

水質を安定させるにはなるべく大きな水槽で飼育するのがオススメです。飼育水の量が増えればそれだけ水槽が安定します。

 

水質が悪化してもゆっくりと悪化するのでミナミヌマエビがストレスを感じることはありません。

 

プラケースでも繁殖させることが出来ますが、水質や水温が変化しやすいので安全に繁殖させる場合は45センチ水槽などの少し大きめの水槽で飼育するのがいいと思います。