ヤマトヌマエビを飼育する時の水合わせについて紹介!!

ヤマトヌマエビを飼育する時の水合わせについて紹介!!ミナミヌマエビ

ヤマトヌマエビは水草についた苔を食べてくれたり、他の熱帯魚の餌の食べ残しを食べてくれるので、様々な熱帯魚と混泳されたり水草水槽でよく飼育される生体です。体も丈夫で飼育しやすいですが、導入時は注意が必要です。今回の記事ではヤマトヌマエビを飼育するときの水合わせについて紹介します。

 

ヤマトヌマエビは飼育も簡単で、繁殖も簡単なのでちゃんとお世話をすれば繁殖させることができます。

 

体も丈夫で飼育もしやすい生体ですが導入時にちゃんと水合わせをしないとそのまま落ちてしまうことがあります。

 

今回の記事ではヤマトヌマエビを飼育するときの水合わせについて紹介するので、ヤマトヌマエビを飼育してみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

水合わせが必要な理由

 

 

水合わせをしないと最悪の場合、そのまま落ちてしまいます。

 

急な水温の変化や水質の変化によって体調を崩してしまうので、ちゃんと水合わせをしてから導入するようにしましょう。

 

ヤマトヌマエビは熱帯魚に比べて水温や水質の変化に弱いので、熱帯魚を導入するとき以上に時間をかけて、ゆっくりと水合わせをするようにしましょう。

 

 

水合わせの方法

 

 

ヤマトヌマエビを導入する際は袋のまま水槽に浮かべて、1時間ほど放置した後に水槽に導入する方法とプラケースなどにヤマトヌマエビを移してから、エアチューブで水槽の水を少しずつ入れる点滴式の方法があります。

 

ヤマトヌマエビはエビの中では水質や水温の変化に強いので、袋のまま水槽に浮かべて水温を合わせる方法でも水あわせを行うことができますが、心配なら点滴式で水合わせを行うのがいいと思います。

 

水草水槽に導入する場合は、ソイルなどを使用していると思うので、水質が弱酸性に傾いていることが多いと思います。

 

pHの急激な変化によって体調を崩してしまうので、水草水槽に導入する際も水槽のpHを測って、ヤマトヌマエビを購入した時の水とpHが離れている場合はゆっくりと時間をかけて水あわせをしましょう。

 

点滴式ではプラケースなどにヤマトヌマエビを袋の中の水ごと移して、そこにエアチューブを使い水槽の水を少しずつ移すだけです。エアチューブの先を少し縛ることで、出る水の量を調整することができるので、最初のうちは1秒間に1滴ほどのスピードに調整してください。

 

プラケースの中にはエアレーションを入れて酸欠にならないように注意してください。

 

点滴式で水合わせをする場合は2〜3時間ほど時間をかけてください。プラケースが水でいっぱいになったら、水を捨てて水槽の水とプラケースの中の水のpHが同じぐらいになるまで続けましょう。

 

水質や水温が合ってきたらネットなどでヤマトヌマエビを掬って水槽に導入してください。

 

 

水合わせをちゃんとしないとどうなる?

 

 

水あわせをちゃんとしなかったり、水あわせに失敗してしまうと導入時に忙しなく動き回って、落ち着きがなくなったり、餌を全く食べなくなってしまうことがあります。

 

導入時にすぐに落ちてしまうことは少ないですが、導入を焦ってしまい水あわせに失敗すると、その後1週間ほどで落ちてしまうことが多いので、ヤマトヌマエビを導入する際は注意してください。

 

1週間ほどしてから落ちてしまうと、何が原因かわからないことも多いと思います。導入してから1週間ほどで落ちてしまう場合は水合わせがちゃんと行われていないことが多いので、ヤマトヌマエビが落ちてしまう方は、もう一度水合わせの方法を見直してみましょう。

 

 

ジェックス グラステリア250 6点セット フィルター付

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット水槽 奥行スリム

ジェックス グラステリア900 6点セット 外部フィルター付