オトシンネグロってどんな魚?オトシンネグロの特徴と飼育方法を紹介

2019年3月12日

オトシンクルスの中でも、人気が高くよく流通しているのがオトシンネグロスです。オトシンクルス同様に飼育が簡単で水槽の掃除役としてもよく飼われています。今回の記事ではオトシンネグロスの特徴とオトシンネグロスの飼育方法を紹介します。

 

 

 

オトシンネグロスはオトシンクルスに比べて飼育が簡単で繁殖を狙うこともできるので、とても人気の高い種類の魚です。

 

水槽に入れておけば、水槽内に発生する茶ゴケもキレイに食べ尽くしてくれるので水槽の掃除役としても、よく飼われる種類の魚です。

 

今回の記事では、そんなオトシンネグロスの特徴と飼育方法を紹介するので、今飼っている魚の混泳相手として、水槽の掃除役として飼ってみようかなって思う人はぜひ読んでみてください。

オトシンクルスの飼育方法は下記で紹介しているので、そちらも読んでみてください。

【オトシンクルスを飼おう!!】オトシンクルスの特徴と飼育方法を紹介!!

 

それではオトシンネグロスの特徴と飼育方法を紹介します。

 

オトシンネグロスの特徴

 

オトシンネグロスはブラジルやアルゼンチンに生息している小型のナマズです。体長も最大で5㎝ほどにしか成長しません。

 

小型で飼いやすいのもオトシンネグロスが人気な理由のひとつです。

 

 

オトシンネグロスはプレコに似た吸盤のような口でガラス面や水草についているコケを舐めとって食べてくれます。オトシンネグロスは茶ゴケを好んで食べてくれるので、水槽内がすぐにコケで汚れてしまう人は飼ってみるのが良いと思います。

 

値段も安く1000円ほどで購入することができるのでアクアリウム初心者の人でも飼いやすいと思います。

 

水槽のコケ取り要因としてセルフィンプレコがよく飼育されていますが、セルフィンプレコは大きく成長します。なので、小型水槽のコケ取り用として飼育する場合はセルフィンプレコなどよりもオトシンクルスやオトシンネグロがおすすめです。

 

 

オトシンネグロスの飼育方法

 

 

 

オトシンネグロスはオトシンクルスと同じで飼育が簡単な種類の魚です。

 

ただ、水質の変化に弱かったりちゃんと餌付けをしないとすぐに水槽内のコケを食べ尽くして餓死してしまうことがあります。なので、オトシンネグロスを飼育する場合は、導入時に気をつけて、導入して安定してからも水質が急激に変化しないように気をつけましょう。

 

オトシンネグロスを長期飼育する場合にはしっかりと餌付けをして、人工餌に慣れさせる必要があります。

 

底面に落ちた餌の食べ残しなども食べることがありますが、餌だって気づくまでに少し時間がかかってしまって、餓死してしまう場合があります。

 

フレーク状の餌よりもタブレット状の餌の方が食べやすいようなので、餌付けさせる場合にはひかりクレストのプレコを与えるのが良いと思います。なので、底面を好むプレコやコリドラスと一緒に飼育していると餌が食べられずに餓死してしまうことがあります。

 

オトシンネグロスがちゃんと餌が食べられずに痩せていってしまう場合はガラス板を水につけて、あらかじめコケを発生させておく必要があります。いくつかコケのついたガラス板を用意して、コケが無くなったらガラス板を交換しながら飼育しましょう。

 

人工餌を与えながら何度かコケのついたガラス板を交換していると、餌付けすることができます。

 

たくさんのオトシンネグロスを同じ水槽で飼育するとすぐにコケが無くなってしまって、餓死してしまうことが増えます。初めてオトシンネグロスを飼育する場合はまずは1匹から飼育するのが良いと思います。

 

人工餌やコケの他に、ホウレンソウなどの野菜も食べます。ホウレンソウを茹でてから水槽の中に入れてください。ホウレンソウなどの野菜は水中で腐ってしまうことがあるので、水槽に野菜を入れる場合は毎日野菜を交換するようにしましょう。

 

水温は23度前後でpHは7前後で安定させていれば病気になったりすることもありません。

 

オトシンクルスの飼育方法はこちらで紹介しているのでぜひこちらの記事も読んでみてください。
【オトシンクルスを飼おう!!】オトシンクルスの特徴と飼育方法を紹介!!

 

 

オトシンネグロスの繁殖方法

 

 

オトシンネグロは水槽内での繁殖例もあるので、繁殖させることも可能です。オトシンの中では比較的繁殖が簡単な種類なので、オトシンを繁殖させたい場合はオトシンネグロから繁殖に挑戦してみるのがいいと思います。

 

オトシンネグロスの飼育に慣れてくれば、繁殖させることもできます。

 

オトシンネグロスは繁殖が可能なまで成熟すると、メスはお腹がふっくらしてきます。お腹がふっくらしたメスを、オスが追いかけるようになったら産卵が近いです。

 

うまくいけば水槽の水換えのタイミングなどで、産卵をすることあります。オトシンネグロは水槽のガラス面や流木、石、水草などに産卵をします。卵が見つかったら卵だけを隔離して飼育するようにしましょう。

 

オトシンネグロを繁殖させたい場合はいい状態で飼育して自然に繁殖するのを待つのがいいと思います。オトシンネグロの繁殖で1番難しいのは稚魚の飼育です。

 

生まれた稚魚は1週間ほどすると餌を食べるようになります。稚魚の時はちゃんと餌を食べることがなく、死んでしまうことが多いです。稚魚を飼育する場合はブラインシュリンプや砕いた人工餌を与えるのがいいと思います。

 

人工餌よりもブラインシュリンプの方が栄養価が高いので、ブラインシュリンプを用意できる場合はブラインシュリンプを与えるのがいいと思います。