オトシンクルスを混泳させる時の餌の与え方について紹介!!

オトシン

オトシンクルスは水槽のコケ掃除役として様々な熱帯魚と混泳されます。ただ、他の熱帯魚と混泳させていると餌を取られてしまい、餓死してしまうことがあります。今回の記事ではオトシンクルスを混泳させるときの餌の与え方について紹介します。

 

 

オトシンクルスは飼育が簡単で、水槽の掃除役として飼育されることが多いです。体も丈夫で飼育しやすい熱帯魚ですが、餌が食べられなくて死んでしまうことがあります。

 

混泳している熱帯魚によってはオトシンクルスの餌を食べてしまうことがあるので注意が必要です。

 

今回の記事では、オトシンクルスを混泳させるときの餌の与え方について紹介するので、オトシンクルスを混泳させてみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

オトシンクルスの餌について

 

 

オトシンクルスは草食性の強い雑食性の熱帯魚です。

 

草食性の強い熱帯魚ですが、草食性の餌だけよりも少し肉食性の餌も必要になります。

 

草食性の餌を好んで食べるので、水槽のガラス面に発生するコケや水草に発生するコケを食べてくれるので、水草水槽でも良く飼育されます。

 

ただ、水槽内の苔はいずれ食べ尽くしてしまうので、コケを食べ尽す前に人工餌に餌付けをする必要があります。プレコやコリドラス用のタブレット状の餌を与えていると餌に気づいて食べてくれるようになります。

 

オトシンクルスだけで飼育して入れば、餌付けも簡単にできるし、餌を食べられてしまうこともありませんが、混泳させているとオトシンクルスの餌が取られてしまって痩せてしまうことがあります。

 

なので、オトシンクルスを混泳させる場合は餌の与え方に注意してください。

 

 

 

オトシンクルスを混泳させるときの餌の与え方について

 

 

生息圏の被らない熱帯魚や餌の取り合いにならない熱帯魚との混泳であれば普通に餌を与えても問題ありませんが、エビ類や同じ低層を泳ぐコリドラスやドジョウと混泳させる場合は注意が必要です。

 

それではオトシンクルスを混泳させるときの餌の与え方について紹介します。

 

 

水草を多めに設置する

 

 

オトシンクルスを混泳させるときは餌の取り合いにならないように水草を多めに設置するようにしましょう。

 

ドジョウやコリドラスは苔を食べないので、水草を多めに設置して、苔が生える場所を多くしておくのがいいと思います。

 

ミナミヌマエビなどのエビ類も水草についてコケを食べます。エビ類と混泳させているとコケの取合いになりますが、苔が生える場所を増やすことで、餌が足りなくなってしまうことを予防することができます。

 

ただ、この方法でも飼育しているエビやオトシンクルスの数が多いと餌が足りなくなってしまうので、飼育数を増やさないように注意が必要です。

 

 

単独で飼育して人工餌に慣れさせる

 

 

最初はオトシンクルスだけで飼育をして、人工餌に慣れさせるようにしましょう。

 

オトシンクルスは餌を食べるのが遅くて、餌を見つけるのも遅いです。最初から他の熱帯魚と混泳させているとオトシンクルスが餌に気づく前に他の正体に取られてしまいます。

 

なので、オトシンクルスの餌付けがなかなかうまくいかず、餓死してしまうことがあります。まずは人工餌に慣れてもらうように単独で飼育して、人工餌に慣れてもらうようにしましょう。

 

 

フードキーパーを使用する

 

 

そこまで効果があるとは言えませんがフードキーパーを用意するのもいいと思います。

 

フードキーパーは水面に浮かべてることのできる容器で、その中に餌を入れておくことで、餌がバラけるのを防ぐことができます。

 

エビ類は泳ぐスピードはオトシンクルスよりも早いですが、餌を探すのはあまり上手くないので、フードキーパーにある餌に気づかなくて、餌の取り合いになることを防ぐことができます。

 

ただ、実際には水面ほどまではミナミヌマエビなども泳げるので、餌を持ち去ってしまうこともあるので、フードキーパーを使えばからなず上手くいきわけではありません。

 

 

ジェックス グラステリア250 6点セット フィルター付

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット水槽 奥行スリム

ジェックス グラステリア900 6点セット 外部フィルター付