ニューゼブラオトシンってどんな魚?ニューゼブラオトシンの特徴と飼育方法を紹介

2019年3月12日

ニューオトシンゼブラはオトシンクルスの仲間です。オトシンクルスとは模様が違いゼブラ模様が綺麗な種類の魚です。今回の記事では、ニューゼブラオトシンの特徴と飼育方法を紹介します。

 

ニューオトシンゼブラはオトシンクルスと同様に水槽のコケをを食べてくれる魚です。水槽の掃除役としてとても働き者なので、水槽内の茶ゴケが気になる人にはオススメの魚です。

 

ニューゼブラオトシンはオトシンクルスと違い、ゼブラ模様がキレイなので、水槽の見栄えもよくなります。

 

今回の記事ではニューゼブラオトシンの特徴と飼育方法を紹介するので、飼ってみようと思う人はぜひ読んでみてください。

オトシンクルスの飼育方法は下記で紹介しているので、そちらも読んでみてください。

【オトシンクルスを飼おう!!】オトシンクルスの特徴と飼育方法を紹介!!

 

それでは、ニューゼブラオトシンの特徴と飼育方法を紹介します。

 

 

ニューゼブラオトシンの特徴

 

ニューオトシンゼブラはペルー原産の魚です。オトシンクルスとは違い、白と黒のゼブラ模様がすごく美しい魚です。

 

 

水槽の掃除役として飼う人もいますが、綺麗な見た目から人気の高い種類の魚です。値段はオトシンクルスよりも少し高く、2000円ぐらいで販売されています。

 

 

ニューゼブラオトシンは性格もおとなしく体も丈夫なので、アクアリウム初心者の人でも簡単に飼育することができます。

 

体長も最大で5㎝ほどにしか成長しないので、小さい水槽でも飼いやすく、性格がおとなしいので、エビなどの小型の生物とも混泳させることができるのも、人気の高い理由の一つです。

 

ニューオトシンゼブラの飼育方法

 

 

ニューオトシンゼブラも他のオトシンクルスと同じように、水質の変化と餌付けにだけ気をつけてください。

 

導入時に水質の違いすぎる水槽に移したりすると、死んでしまうことがあります。なので、ニューオトシンゼブラを購入して、水槽に移すさいには十分気をつけて下さい。

 

安全に水槽に移す場合は、1度バケツなどにニューオトシンゼブラを移して、少しずつ水槽の水を足していって下さい。

 

サイフォンの原理を使って、エアーチューブでバケツに少しずつ水槽の水を移すようにしてください。少しずつバケツに水槽の水を移すことができたら、水温をみて同じぐらいになっていたら水槽に移しましょう。

 

導入さえうまくいけば、急激な水温や水質の変化がない限りニューオトシンゼブラが病気になったりすることはありません。なので、導入時だけ気をつけましょう。

 

水温は23度前後、pHは7前後で安定させるようにしましょう。

 

 

また、ニューオトシンゼブラを長期に飼育する場合には、しっかりと餌付けをする必要があります。ニューオトシンゼブラに限らず、オトシンクルスの仲間は餌付けをするのが大変です。

 

餌に気づくまで時間がかかってしまうので、餌を与えても、気付かずに餓死してしまうことがあります。

 

なので、ニューオトシンゼブラに与える餌とは別に、ガラス板を用意して、あらかじめコケを作っておく必要があります。

 

コケの作り方は、バケツなどに水をはって、中にガラス板を入れて日向に置いておけば勝手にコケが発生します。

 

人工餌を与えながら、水槽内のコケがなくなってきたら、コケのついたガラス板を水槽の中に入れましょう。人工餌に慣れるまで時間はかかりますが、何度も餌を与えていると、慣れて食べるようになります。

 

ニューオトシンゼブラに与える人工餌は、キューリンのプレコがオススメです。フレーク状の餌も食べるようですが、タブレット状の餌の方が食べやすいようです。

 

ニューオトシンゼブラを混泳させる時の注意点

 

 

ニューオトシンゼブラは他のオトシンクルスと同じで飼育が簡単で、性格もおとなしいので混泳に向いている魚です。

 

ただ、プレコやコリドラスといった底面を好む魚との混泳とニューオトシンゼブラを飲み込めるぐらいのサイズの魚との混泳には気をつけましょう。

 

底面を好む魚と一緒に飼育すると、ニューオトシンゼブラに与えたはずの餌を全て食べられてしまいます。そうすると、ニューオトシンゼブラはどんどん痩せて餓死してしまうことがあります。

 

 

プレコやコリドラスといった底面を好む魚と一緒に飼育する場合は、コケのついたガラス板を多めに用意して定期的に交換するようにしましょう。

 

また、大きなサイズの魚と一緒に飼育するとニューオトシンゼブラが食べられてしまうことがあります。ニューオトシンゼブラはヒレが硬くて棘も付いているので、食べた魚も死んでしまうことがあります。

 

 

なので、なるべく大きな魚とは一緒に飼育しないようにしましょう。オトシンクルスを飼いたいって人にオススメのオトシンクルスの仲間を紹介