セルフィンプレコの寿命はどのぐらい?寿命と体長について紹介!!

2019年10月28日

セルフィンプレコの寿命はどのぐらい?寿命と体長について紹介!!セルフィンプレコ

セルフィンプレコは意外に長生きな熱帯魚です。ホームセンターなどでは5cm程度の小さいセルフィンプレコが販売されていますが、体長も大きくなり長生きなので飼育する際は注意が必要です。今回の記事ではセルフィンプレコの寿命と体長について紹介します。

 

 

セルフィンプレコは水槽のコケ取り役として有名な熱帯魚です。ただ、体長が大きくなるので、混泳させる場合は大きな水槽が必要になります。

 

ホームセンターなどでも販売されていて、販売価格も安いですが体長が大きくなり、寿命も長いので手軽に飼育することができる熱帯魚ではありません。

 

飼育しきれなかったセルフィンプレコが川に捨てられてしまい、沖縄では野生化してしまっているので、セルフィンプレコを飼育する場合は最後まで飼育するようにしましょう。

 

今回の記事ではセルフィンプレコの寿命と体長について紹介するので、セルフィンプレコを飼ってみようか考えている方はぜひ読んでみてください。

セルフィンプレコの飼育方法と特徴、混泳や餌について紹介!!

 

セルフィンプレコについて

 

 

セルフィンプレコは南米に生息しているナマズの仲間です。非常に体が常にで底水温でも飼育することができるので、飼育が簡単な熱帯魚です。

 

ただ、体長が大きくなったり、寿命が長いので、飼いきれなくなって河川などに逃がされてしまうことが多いです。

 

沖縄では飼いきれなくなったセルフィンプレコが放流されて、野生化してしまっています。

 

底水温に強いので、沖縄以外でも野生化する可能性があり、生態系に影響を与えてしまうので、飼いきれなくなっても逃がしたりしないようにしましょう。

 

水槽のコケ取り役として飼育されることの多い熱帯魚ですが、大きくなると雑食性が強くなり、コケをあまり食べなくなってきます。

 

なので、水槽のコケ対策として熱帯魚を飼育するなら、セルフィンプレコよりも小型のプレコやオトシンクルスがオススメです。

 

 

セルフィンプレコの寿命について

 

 

セルフィンプレコの寿命は平均で10年ほどになり、長いと15年ほど生きるので、しっかりと最後まで飼いきれるかよく考えてください。

 

ストレスがかかる環境で飼育していると寿命が短くなってしまうので注意してください。

 

セルフィンプレコは水温や水質の適応範囲も広く、体も丈夫なので病気になったりすることは少ないですが、水質の悪化や急激な水温の変化によってストレスを感じて、体調不良や病気の原因になるので気をつけてください。

 

また、混泳していると他の熱帯魚にいじめられてしまうことがあるので、単独で飼育するのがオススメです。

 

プレコ同士で混泳させていても、プレコが他のプレコの上に乗って、体液を舐めてしまうことがあるので、気をつけてください。

 

セルフィンプレコは寿命が近づいてくるとヒレがピンと張らなくなったり、目が濁ってきたりします。

 

動きもゆっくりになり、あまり動かなくなるので水流を弱めにして体力をあまり使わなくていいようにしましょう。

 

 

 

セルフィンプレコの体長について

 

 

セルフィンプレコは飼育下でも50cmほどまで成長する大きな熱帯魚です。

 

野生下だと60cmほどまで成長しましが、飼育下では50cmほどまでしか成長しないことが多いです。

 

ホームセンターなどで販売されているときは5cmほどですが、飼育から1年ぐらいで30cmほどまで成長するので、あらかじめ大きな水槽を用意しておくようにしましょう。

 

体長が大きくなると力も強くなるので、水槽のレイアウトを壊してしまうことがあります。低床を動かしてしまうことがあり、水草を食べてしまうことがあるので、水草水槽とは相性が悪いです。

 

セルフィンプレコは体が大きくて力が強いので、飼育するときはベアタンクの水槽に流木だけ入れて飼育するのがいいと思います。

 

セルフィンプレコは流木も食べます。飼育していると流木が小さくなってくるので、小さくなってきたら新しい流木を入れましょう。

 

セルフィンプレコは水草水槽では飼えない!飼育するときの注意点を紹介!

ジェックス グラステリア250 6点セット フィルター付

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット水槽 奥行スリム

ジェックス グラステリア900 6点セット 外部フィルター付