丈夫で飼いやすい熱帯魚とは?初心者でも飼いやすい丈夫な熱帯魚を紹介!!

2018年8月2日

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

熱帯魚の中には飼育が難しい種類もいれば、丈夫で飼いやすい熱帯魚もいます。初めて熱帯魚を飼育する場合は丈夫で飼いやすい熱帯魚を飼育するのがいいと思います。今回の記事では飼いやすい丈夫な熱帯魚を紹介します。

 

熱帯魚は金魚やメダカなどに比べて飼育が難しいと思う方もいるでしょう。実際は飼育が簡単な熱帯魚は多く、ヒーターを使って水温を管理すれば、簡単に飼育することができます。

 

また、水槽に入れて数匹飼育しているだけで、どんどん繁殖して数を増やす熱帯魚も多いです。

 

今回の記事では、飼いやすい丈夫な熱帯魚を紹介するので、初めて熱帯魚を飼育しようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

丈夫で飼いやすい魚

 

 

水質の変化に強くて、水温の変化にも強くて、繁殖力も強く簡単に繁殖することができる熱帯魚を紹介します。

 

 

 

アカヒレ


(熱帯魚) アカヒレ Sサイズ(10匹) 本州・四国限定[生体]
アカヒレは熱帯魚の中でもトップクラスに飼育が簡単な魚です。低音にも強いので、金魚やメダカなどと同様にヒーターなしでも飼育することができます。

 

コップの中で飼育することもできるので、コッピーと呼ばれることがあります。コップですうくすることもできますが、コップだと水質を管理するのが大変なので、水槽で飼育することができます。

 

アカヒレは水草に卵を産み付けて繁殖します。産卵までは簡単にできますが、大人のアカヒレが食べてしまうので、繁殖させる場合は卵は別の水槽に隔離するようにしましょう。

 

 

 

プラティ


(熱帯魚) ミックスプラティ(4匹) 本州・四国限定[生体]
プラティは体も丈夫で繁殖も簡単なので、飼育しやすい熱帯魚です。

 

水質の変化にも強い熱帯魚なので、水替えの頻度も少なくていいので管理も楽です。餌も1週間ぐらいであれば与えなくて問題ないので、1週間程度であれば家を開けることもできます。

 

プラティはグッピーなどと同様に卵ではなく直接子供を生むので、大人の魚に食べられることも少なく繁殖も簡単です。

 

ただ、稚魚は大人に食べられてしまうこともあるので、ウィローモスを多めに入れて、稚魚が隠れられるようにしましょう。

 

 

 

グッピー


(熱帯魚) 外国産ミックスグッピー(5ペア) 本州・四国限定[生体]
グッピーも熱帯魚の中では飼育が簡単な魚です。

 

繁殖力も大変強くて、プラティと同様に卵ではなく子供を産むので、ウィローモスを入れておけば勝手に増えていきます。

 

ただ、グッピーのオスは泳ぐのがそんなに上手じゃなく、長い尾ひれが傷つきやすいので注意してください。

 

他の魚と混泳させているといじめられることがあります。グッピーは単独で飼育したほうが長生きするので、単独で飼育するのがいいと思います。

 

 

 

ブラックモーリー


(熱帯魚) ブラック・モーリー(4匹) 本州・四国限定[生体]
ブラックモーリーは弱アルカリ性の水を好むので、他の熱帯魚に比べると管理が少し大変ですが、それでも飼育が簡単な魚です。

 

 

水槽の水は少しずつ弱酸性に傾いていきます。なので、水替えの頻度が少ないとし水質が弱酸性に傾いてしまうので気をつけてください。

 

弱アルカリ性の水を好む魚を飼育する場合はカキ殻などを入れて水質を弱アルカリ性に傾けるようにしましょう。

 

水質が弱アルカリ性に傾いていれば飼育は簡単です。繁殖も簡単で、グッピーやプラティと同様に子供を出産するので、増やすのも簡単です。

 

 

 

アフリカンシクリッド


Sinbad (シンドバッド) (熱帯魚) アフリカン シクリッド 5種類ミックス 10匹 セット (生体)
アフリカンシクリッドはアフリカの湖に生息している熱帯魚です。種類によっても飼いやすさは違いますが、ムブナやイエローストライプなどの小型の種類は体も丈夫で飼育しやすいです。

 

アフリカンシクリッドは弱アルカリ性の水質を好みますが、弱酸性の水にも慣れるので簡単に飼育することができます。

 

ただ、凶暴な魚なので、同種や他種と混泳することはできないので色々な魚と混泳させたい方にはあまりおすすめしません。

 

体はとても丈夫で簡単に飼育することができます。水換えもそんなに頻繁にやる必要もないので、管理も楽なのでズボラな方でも飼いやすい熱帯魚です。

 

 

 

コリドラス


(熱帯魚) コリドラス・パンダ(3匹) 本州・四国限定[生体]
コリドラスも非常に飼育が簡単で勝手に繁殖することもあります。

 

コリドラスは種類も豊富なので、中には飼育が難しいものもいますが、ほとんどのコリドラスは低温にも強いので、簡単に飼育することができます。

 

ただ、コリドラスは飢餓に弱く痩せてしまうと持ち直すことが少ないので、つあんと餌をあげて、少し痩せているようだったら、冷凍の赤虫などの生き餌を与えるようにしましょう。

 

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!