麦飯石を使うメリットとは?麦飯石のメリットと使うときの注意点を紹介!!

2019年3月13日

麦飯石はアクアリウムをやって入れば名前を聞くこともあると思います。麦飯石がアクアリウムでよく使われる床材です。今回の記事では麦飯石を使うメリットを紹介します。

 

 

麦飯石は麦のおにぎりに似ていることから、この名前で呼ばれています。中国では漢方として使われることがあったり、日本では水道水の浄化に使われることがあります。

 

コケやカビなどが水槽内に発生することを防ぐこともできたり、水を綺麗にする効果があるので、アクアリウムでよく使われます。

 

今回の記事では、麦飯石を使うメリットを紹介するので、底砂を迷っている方は読んでみてください。

 

 

 

麦飯石とは

 

 

 

麦飯石はアクアリウムでよく使われる石です。底砂の他にもろ材としても使われることが多いです。

 

麦飯石は小さい穴がたくさんある、多孔質の石で汚れなどを吸着することができます。水道水のカルキ臭を吸収することができて、ミネラルを放出するので、ミネラルウォーターの濾過に使われることがあります。

 

多孔質で水質を安定する効果があるので、アクアリウムでも良く使われます。底砂に使われたり、濾過フィルターのろ材に使われることが多いです。

 

水質を調整する効果もあって、麦飯石を入れておくと弱アルカリ性の水も弱酸性の水も中性に近ずける働きがあります。

 

 

 

麦飯石を使うときの注意点

 

 

 

麦飯石は少しずつ効果が薄れてしまいます。

 

麦飯石は多孔質で汚れを吸着したり、バクテリアが住み着くので綺麗な水を作る効果がありますが、時間とともに汚れで穴が塞がってしまうので、定期的に掃除をしたり、交換をする必要があります。

 

洗うと麦飯石の中のバクテリアも流れてしまうので、麦飯石を掃除するときは全部掃除せずに半分ずつ掃除をするようにしましょう。

 

掃除をしていても少しずる効果は下がって行くので、数年で麦飯石を効果するか、ただの底砂としてしようするようにしましょう。

 

 

 

アクアリウム用に販売されている麦飯石の種類

 

 

 

麦飯石はアクアリウムの様々な場面でよく使われています。簡単にアクアリウムで使用される麦飯石を紹介します。

 

 

 

麦飯石の底砂

麦飯石は水槽の底面に敷きつめることで大きな水質の改善効果があります。多孔質で水の通りもいいので、底面フィルターとの相性もいいです。

 

バクテリアも多く住み着き、水質を綺麗にする効果もあるので、水質も安定しやすく水槽の管理も楽になるのでオススメです。

 

 

麦飯石のソイル

 

麦飯石のソイルも販売されています。水質を安定させる効果もあって、もちろん水草を育てることもできます。多孔質なので、バクテリアも多く住み着くき水質を綺麗にする効果もあります。

 

 

麦飯石のろ材

 

麦飯石はろ材としても良く使われています。色々なろ材がセットになっているものの中にも麦飯石は良く使われています。

 

水質を中性に安定させる効果もあって、多孔質でバクテリも沢山住み着いてくれるので、ろ材としても最適です。

 

 

麦飯石の水質調整剤

カルキなどを除去する効果があるので、水質調整剤として使われています。水槽の匂いを軽減したり、水を透明にする効果があります。