グッピーの餌は何がいい?グッピーにオススメの餌と餌を与える回数と量を紹介!!

2020年2月21日

グッピー

グッピーの餌はたくさんの種類が販売されています。種類も多いので、どの餌を選びば良いのか迷う方も多いと思います。今回の記事ではグッピーにオススメの餌と餌を与える回数と量を紹介します。

 

 

グッピーは熱帯魚の中でも飼育が簡単で見た目も綺麗なので人気の高い熱帯魚です。人気が高いので、販売されているグッピー用の餌も多く何を選べば良いか迷う方も多いと思います。

 

ただ、グッピーはなんでも餌を食べてくれるこだわりがなければ、どんな餌を与えても良いと思います。ただ、グッピーの餌は様々なものが開発されていて、水を汚しづらいものなど様々な商品が販売されています。

 

今回の記事では、グッピーにオススメの餌と餌を与える回数と量を紹介するので、グッピーの餌選びに迷っている方や与え方がわからない方はぜひ読んでみてください。

グッピーの飼育にオススメの水草を紹介!!

 

グッピーにオススメの餌とは

 

 

グッピーはどんな餌でも食べてくれて、好き嫌いもしないでの、グッピー専用の餌でなくても食べてくれます。

 

グッピーは雑食性の魚なので、動物性の餌も植物性の餌も食べるので、どんな餌でも飼育することができます。グッピーは水槽の上部に生息しているので、浮上性の餌で口の小さいグッピーでも食べられるような粒の小さい餌かフレーク状の餌であれば問題なく食べてくれます。

 

メダカなど他の魚を飼育している場合はメダカ用の餌を与えて飼育することができます。グッピーだけで飼育するのであれば、グッピー用の人工餌を与えるのが良いと思います。

 

グッピー用の餌といっても種類も豊富で、値段も様々なので、どれを選べば良いかわからない方も多いと思います。

 

種類の多いグッピーの餌の中で特におすすめなものを紹介します。

 

 

テトラ グッピー

 

 

フレークタイプの餌で、フレークが小さいので、グッピーが食べやすくておすすめです。

 

水質が悪化しづらいように作られているので、水質の悪化を防いだり、水の透明度が保ちやすいようになっています。

 

知名度も高くよく使われている餌なので、この餌を使っていて問題が起きることはありません。稚魚を飼育する場合でも指先やすり鉢などですり潰してから与えると稚魚を飼育する時にも使用することができます。

 

容器がカップ状になっていて手を汚さないでも餌を与えることができるので使いやすい餌です。

 

セラ グッピーグラン

 

 

栄養価の高い餌で、植物性が主成分になっている餌です。グッピーの他に小型の熱帯魚の飼育に使うことができます。

 

粒タイプで粒が小さいので小さいグッピーでも問題なく食べることができます。稚魚に与える場合は粒をすりつぶして粉状にして与えるようにしましょう。

 

 

キューリン ヒカリクレスト グッピー

 

 

水に浮く餌ですが、水を吸うと徐々に沈下していきます。嗜好性の高い餌なので、他の餌に比べてグッピーの食いつきがいいのでおすすめです。

 

餌に含まれている栄養素が水に溶けづらい製法で作られているので、水質の悪化を防ぎことができます。

 

 

キューリン ネオブロスグッピー

 

 

このえさはひかり菌をという善玉菌を配合されています。このひかり菌は熱帯魚の体内でフンに作用して、フンの中の水質を下げる原因になる物質を少なくすることができます。

 

なので、水質が悪化しづらいので水換えの頻度を減らすことができ、グッピーの飼育が楽になります。メンテナンスも楽になって使い勝手がいいのでオススメの餌です。

 

この餌もカップ状になっていて、餌を触らないで与えることができるので手を汚さずに使用することができます。

 

おとひめ B2

 

おとひめはめちゃくちゃコスパのいい餌です。

 

金魚や錦鯉などの繁殖する場合などに使用されている餌で、業務用の餌って感じです。栄養価がとても高いので与えすぎると太ってしまったり、水を汚してしまうので注意してください。

 

おとひめには様々なサイズが販売されていて、B2が大きかったら一つサイズの小さいB1を選ぶといいと思います。値段が安く100g150円ほどなので、飼育数が多かったりして餌代が高くなってしまう場合はおとひめを使用するのがおすすめです。

 

 

ブラインシュリンプ

 

ブラインシュリンプは冷凍のもを与える方法と自分で孵化させたものを与える方法があります。成魚もブラインシュリンプを食べますが、稚魚を飼育する時に特に使用される餌です。

 

稚魚を飼育するときは大人のグッピーに与えている餌を磨り潰して与えることもできますが、なかなか人工餌を食べない場合はブラインシュリンプを与えるのがおすすめです。

 

もしブラインシュリンプのサイズが大きくてグッピーが食べることができないようだったら、より小さいミジンコを増やして与えるのがいいと思います。

 

 

グッピーに餌を与える頻度と量

 

 

グッピーに餌を与える頻度は1日に2回がいいと思います。

 

ただ、早く成長させたい場合は1日3回こまめに餌を与えるのがいいと思います。1日に1回しか餌を与えないと死んでしまうわけではありません。

 

1日1回の餌でも問題なく飼育することができますが、餌を食べられない個体がいたり、餌をあげすぎて食べ残しが増えてしまったりすることがあるので、少量の餌を1日2回与えるのがいいと思います。

 

グッピーに与える餌の量はグッピーが食べきれる量にして、食べ残しが出ないようにしましょう。

 

餌を与えすぎていると水が白く濁ってしまうことがあります。水換えをして2〜3日ぐらいで水が白く濁ってしまう場合は餌の与えすぎなので、与える餌の量を少なくするようにしましょう。

 

グッピーの餌は何がいい?グッピーや稚魚の飼育にオススメの餌を紹介!

グッピーの国産と外国産の違いは何?国産と外国産の違いについて紹介!!

ジェックス グラステリア250 6点セット フィルター付

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット水槽 奥行スリム

ジェックス グラステリア900 6点セット 外部フィルター付