*

夏場の水温の管理にはクーラーがオススメ!!オススメの水槽用のクーラーを紹介

公開日: : 最終更新日:2018/08/02 機材について

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

水槽内の水温を下げるためには水槽用のクーラーが必要になります。各メーカーから色々なタイプの水槽用のクーラーが販売されています。種類も多いので、何を選べばいいかわからない方も多いと思います。今回の記事では、オススメの水槽用のクーラーを紹介します。

 

 

夏場になると水温が上がりすぎてしまうので、飼っている熱帯魚によっては、クーラーが必要になります。

 

水槽用のクーラーはゼンスイやジェックスなど様々なメーカーから販売されています。種類も豊富で、ポンプが不要なもなど様々なものが販売されています。

 

今回の記事では、オススメの水槽用のクーラーを紹介するので、水槽の水温が心配な方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

水槽用クーラーの選び方

 

 

水槽用のクーラーには様々な種類があり、冷却能力も様々です。使う状況や水槽のリットル数に合わせて選ぶのがいいと思います。

 

簡単に水槽用のクーラーの種類を紹介と必要な冷却能力を紹介します。

 

 

 

設置方法に合わせて選ぶ

 

 

水槽用クーラーにはチラー式、ペルチェ式、冷却ファンの3種類があります。水槽の大きさや使う環境によって、適切なものが違うので、自分にあったものを選んでください。

 

 

チラー式

 

 

シラー式のクーラーは冷却能力に優れているので、大型水槽に最も適しています。大型水槽になって、水槽の水の量が増えると冷却するのが難しくなります。

 

なので、冷却能力が1番高いチラー式がオススメです。

 

 

ペルチェ式

 

 

冷却能力はチラー式に比べて低くなりますが、30〜60cmの小型水槽であれば問題なく冷却することができます。

 

チラー式よりも値段が安くて、稼動音も静かなので、リビングや寝室でも使いやすいです。

 

 

冷却ファン

 

 

冷却ファンは簡単に設置することができて、値段も安いので、初心者の方にオススメです。

 

上の2つのタイプは水を循環されながら冷却するタイプで、設置するのが少し大変ですが、冷却ファンは簡単に設置することができます。

 

ただ、水温の設定ができずに、水温も3度ほどしか下げることができません。冷たい水を好む魚を飼育する場合は他のクーラーがいいと思います。

 

また、冷却ファンは水槽の水を蒸発させて冷却するので、海水の場合は塩分濃度がかあってしまうので、チラー式やペルチェ式がオススメです。

 

 

 

冷却能力に余裕を持って選ぶ

 

 

チラー式とペルチェ式には冷却能力が設定されています。冷却能力は水槽ないの容量と濾過槽などの容量を足したものとライトやポンプなどの出力をリットルに換算したものを足して算出します。

 

算出した数値は全リットル数となります。全リットル数が70Lの場合は、冷却能力は70L以上のものを選ぶようにしましょう。

 

冷却能力が少ないものやギリギリのものを選ぶと稼動時間が長くなってしまうので、電気代が高くなります。

 

 

 

サイズもしっかり確認しておく

 

 

冷却ファンは小型のものが多いですが、チラー式やペルチャ式は大型のモデルもあるので、購入する際は注意してください。

 

水槽の設置場所との兼ね合いもあるので、サイズをしっかりと確認して、どこに設置するか考えておきましょう。

 

 

 

オススメの水槽用クーラー

 

 

それでは、オススメの水槽用のクーラーを紹介します。

 

 

アクアクーラースリム


ニッソー アクアクーラースリム 202 NHC-035
ペルチャ式で、冷却能力は160Lもあります。温度設定もできて、3〜32度まで設定することができます。

 

32度まで対応していますが、ヒーターとして使用することができないので、冬場はヒーラーも用意するようにしましょう。

 

 

大型循環クーラー


ゼンスイ ZRC-400B 大型循環式クーラー
大型水槽で本格的にアロワナや大型のエイなどを飼育する方にオススメのクーラーです。

 

値段が高くて、アマゾンで17万円で販売されています。冷却能力は280Lまであって、高性能で省エネで、しかもとても静かなのでオススメです。

 

 

テトラ クールタワー


テトラ (Tetra) クールタワーCR-2NEW
ペルチャ式のクーラーで、冷却能力は20Lまであります。温度設定もできて、20〜30度まで設定することができます。

 

小型水槽にぴったりのクーラーで、サイズも小さいのでオススメです。

 

 

スポットファン 203


寿工芸 コトブキ スポットファン 203
人気の冷却ファンです。水槽の縁に引っ掛けるだけで簡単に設置することができます。2cmちょとの隙間があれば設置することができます。

 

水温を4度下げることができます。

 

 

テトラ 25℃クールファン


テトラ (Tetra) 25℃ダブルクールファン CFT-60W
水温を3℃避けることができる冷却ファンです。サーモスタットが内蔵されていて、水温が24〜25度になると自動で電源がオフになります。

 

グリップで水槽の縁に簡単に取り付けることができます。

 

 

テトラ クールパワー


テトラ (Tetra) クールパワーボックス CPX-75
ペルチャ式のクーラーで冷却能力は60Lまであります。

 

温度設定はできませんがサーモスタットが付いているので、25度を越えると電源がオンになります。幅と奥行きが小さいので、設置しやすくおすすめです。

 

 

高性能 水槽用クーラー


ゼンスイ 高性能 水槽用 クーラー海水・淡水兼用 ZC-100α
チラー式のクーラーで冷却能力は100Lまであります。温度設定もできて、とてもおすすめです。

 

値段は4万円ほどしますが、ちゃんとした水槽用のクーラーが欲しい方はこれがいいと思います。

 

TEGARU


ゼンスイ 小型ペルチェ式クーラー TEGARU(テガル)
名前の通り手軽に使うことができるクーラーです。サイズが小さく簡単に使うことができます。水を冷やすだけでなく、温めることができるので、1年を通して水温を管理することができます。

 

温度設定もできて、電気代も安い省エネタイプなので、45cm以下の小さい水槽におすすめです。

 

 

 

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット水槽 奥行スリム

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

関連記事

アクアリウムを始めよう!アクアリウムの入門セットの選び方を紹介!!

これからアクアリウムを始めようと思った時に最初に悩むのが飼育設備についてだと思います。今回の

記事を読む

no image

水槽の掃除を楽にしてくれるオススメの商品を紹介

水槽の掃除って面倒くさいですよね。どんなに濾過バクテリアが繁殖していても、水槽内には確実に有害な物質

記事を読む

no image

麦飯石を使うメリットとは?麦飯石のメリットと使うときの注意点を紹介!!

麦飯石はアクアリウムをやって入れば名前を聞くこともあると思います。麦飯石がアクアリウムでよく使われる

記事を読む

小型水槽は初心者向き?小型水槽のメリットとデメリットを紹介!!

小型水槽は管理が楽だと言われたり、管理が大変だと言われたりすることがあります。実際はどうなの

記事を読む

上部フィルターのメリットとは?使い方やメリットとオススメの上部フィルターを紹介!

上部フィルターは水槽とセットで販売されていることが多いです。濾過能力も高くメンテナンスも楽な

記事を読む

no image

水換えや底砂の掃除に最適なプロホースの使い方を紹介!!

プロホースは熱帯魚の飼育で汚れた底砂の掃除に便利な道具です。熱帯魚を飼育するなら、一つ持っておくのが

記事を読む

外掛けフィルターは初心者にオススメ?外掛けフィルターのメリットとデメリットを紹介!!

外掛けフィルターは小型水槽などでよく使われているフィルターです。水槽のふちに取り付けて簡単に

記事を読む

no image

底面フィルターは濾過能力が高い?底面フィルターのメリットとデメリットを紹介!!

色々あるフィルターの中でも人気が高いのが底面フィルターです。濾過能力が高く、値段も安いのでよく使われ

記事を読む

no image

手軽に水温が下げられる!冷却ファンの使い方と使うときの注意点を紹介!!

アクアリウムで問題になってくるのは、夏場に水温が高くなることです。大体の熱帯魚は水温が28度を超えて

記事を読む

水槽のレイアウトに迷った時に役立つ水槽をかっこよくしてくれる小物を紹介

水槽のレイアウトって結構迷いますよね。どうせ熱帯魚を飼育するならカッコイイレイアウトで飼育し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です