*

水槽の掃除を楽にしてくれるオススメの商品を紹介

公開日: : 最終更新日:2018/08/08 機材について

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

水槽の掃除って面倒くさいですよね。どんなに濾過バクテリアが繁殖していても、水槽内には確実に有害な物質が増えてくるので、水槽は必ず定期的に掃除しなければ行けません。今回の記事では、水槽の掃除を楽にしてくれるオススメの商品を紹介します。

 

 

 

 

水槽の掃除を面倒くさいって思う人は多いと思います。掃除が面倒くさいと、サボてしまって気がついたら水質が悪化してしまっているってことも多いと思います。

 

掃除が楽になって簡単に水槽をキレイにすることができれば、いつも水槽をキレイに保つことができます。汚い水槽よりもキレイな水槽の方が良いですよね。

 

水槽をキレイに保ちたいって思っていても、なかなか掃除ができずに水槽が汚くなってしまっている人は、ぜひ今回の記事を読んで、掃除を簡単にして水槽をキレイに保ってください。

 

 

それでは掃除を簡単にしてくれるオススメの商品を紹介します。

 

 

 

1、プロホース


水作 プロホース エクストラ L

 

プロホースは砂利の間に入っている糞や水槽の底のゴミなどを簡単に吸い出すことができます。プロホースは水槽のゴミを取る以外にも水槽の水換えにも使えるので、アクアリウムを始めるなら1つもって起きましょう。

 

プロホースに似た商品はいくつか販売されていますが、プロホースが1番使いやすいです。プロホースを砂利に刺して、親指でポンプを押せば簡単に水を抜くことができます。

 

プロホースを使えば、水換えをしながら砂利の隙間の糞などを取り除くことができるので一石二鳥で水槽の掃除ができます。砂利の間に糞などのゴミがつまっていると、濾過機能が下がってしまうので、たまには掃除してゴミなどを取り除くようにしましょう。

 

プロホースに似た商品で、水は抜かずに水槽の掃除だけしてくれる、掃除屋さんって商品もあります。普通に掃除するよりも時間はかかってしまいますが、簡単に掃除することができます。

 

 

2、砂利スコップ


ジェックス 砂利トルくん

 

底砂を水槽から出すのに使うスコップです。砂利の掃除って以外に面倒くさいんですよね。水槽の中で砂利を掃除すると、水槽を傷つけてしまったりすることがあるので、砂利の掃除をする時は、1度水槽から出さなければいけません。

 

プロホースを使って砂利の間の糞などを取り除くこともで着ますが、完全に取り除くことはできません。なので、定期的に砂利を水槽から出して、砂利を洗わなければいけません。

 

砂利スコップで底砂をバケツに移して、カルキ抜きした水道水を使って砂利を洗ってください。カルキ抜きしていない水を使うと、砂利についているバクテリアが死んでしまいます。

 

 

バクテリアが死んでしまうと、濾過機能が下がってしまうので、カルキ抜きをした水道水洗ってください。また、ガシャガシャ洗ってしまうとバクテリアが流れてしまうことがあるので、優しく洗ってください。

 

砂利をバケツに移して洗うのはちょっとめんどくさいと思うかもしれませんが、移しちゃった方が短時間で掃除が終わるので、オススメです。

 

 

3、歯ブラシ&ゲキ落ち君


レック 激落ち ダブルキング ( メラミンスポンジ )

 

歯ブラシやゲキ落ち君などの日用品は水槽に掃除にとても役立ちます。ゲキ落ち君じゃなくても、似たようなメラミンスポンジだったら何でも大丈夫です。両方100円ぐらいで購入できるので、ぜひもっておくのが良いと思います。

 

メラミンスポンジなら、アクリル水槽でもガラスの水槽でも傷つけてしまうことはありません。普通のスポンジだとガラス水槽は傷つけることはなかなかありませんが、アクリル水槽の場合は結構傷ついてしまいます。

 

 

メラニンスポンジだったら、水槽の底のコケもすぐに取れるのでオススメです。もちろんガラス面のコケも簡単に取ることができます。水槽を傷つけることもないので、ひとつ持っておくのが良いと思います。コケがすぐに生えてしまう場合はコケ対策にコケを食べてくれる正体を飼育するのがいいと思います。

 

オトシンクルスはコケも食べてくれるし、性格もおとなしくてサイズも小さく色々な熱帯魚と混泳させることができるのでオススメです。オトシンクルスの飼育方法は下記で紹介しているので、そちらも読んでみてください。

【オトシンクルスを飼おう!!】オトシンクルスの特徴と飼育方法を紹介!!

 

ガラス面のコケを掃除するには、マグネットが付いている掃除用品もありますが、メラニンスポンジを大きめに切って洗うのが1番簡単で早いです。

 

腕は濡れてしまいますが、時間短縮を考えるなら、メラニンスポンジを使って掃除するのが良いと思います。

 

 

歯ブラシは、流木の掃除やガラスのカドの掃除に便利です。手を入れづらい外部フィルターなどの色々なパーツを掃除することができます。

 

 

使い古しの歯ブラシでもひとつ用意しておきましょう。固めの歯ブラシだとガラスのつなぎ目のシリコンが傷ついてしまいます。なので、掃除用の歯ブラシは普通のものにしましょう。プレコを飼うなら掃除が簡単なレイアウトにしよう!掃除が楽になるレイアウトを紹介

 

 

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット水槽 奥行スリム

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

関連記事

上部フィルターのメリットとは?使い方やメリットとオススメの上部フィルターを紹介!

上部フィルターは水槽とセットで販売されていることが多いです。濾過能力も高くメンテナンスも楽な

記事を読む

水槽のフィルターは何を選ぶべき?自分にあったフィルターの選びからを紹介!!

水槽のフィルターは何を選ぶべきかって迷いますよね。水槽のフィルターには色々な種類があるので、アクアリ

記事を読む

no image

夏場の水温の管理にはクーラーがオススメ!!オススメの水槽用のクーラーを紹介

水槽内の水温を下げるためには水槽用のクーラーが必要になります。各メーカーから色々なタイプの水槽用のク

記事を読む

水温の管理に大切なサーターとサーモスタットについて紹介!!

熱帯魚は通年で暖かい地域に生息しています。日本の場合は四季があるので、寒くなってきて水温が下

記事を読む

no image

水換えや底砂の掃除に最適なプロホースの使い方を紹介!!

プロホースは熱帯魚の飼育で汚れた底砂の掃除に便利な道具です。熱帯魚を飼育するなら、一つ持っておくのが

記事を読む

no image

手軽に水温が下げられる!冷却ファンの使い方と使うときの注意点を紹介!!

アクアリウムで問題になってくるのは、夏場に水温が高くなることです。大体の熱帯魚は水温が28度を超えて

記事を読む

水槽は何がいい?オススメの水槽と水槽の選び方を紹介!

アクアリウムを始めようと思ったら必ず必要になるのが水槽です。水槽は一度設置すると後で交換する

記事を読む

no image

外部フィルターのメリットとデメリット。外部フィルターの選び方やオススメの外部フィルターを紹介!!

フィルターには色々な種類があります。アクアリウムを始めたばかりだとどんなフィルターを選べばいいかって

記事を読む

no image

殺菌灯ってなに?殺菌灯の効果や使い方を紹介!!

殺菌灯は水槽の水に紫外線を照射することで、殺菌や消毒をする機材です。殺菌灯は必ず必要な機材ではありま

記事を読む

no image

底面フィルターは濾過能力が高い?底面フィルターのメリットとデメリットを紹介!!

色々あるフィルターの中でも人気が高いのが底面フィルターです。濾過能力が高く、値段も安いのでよく使われ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です