オトシンクルスを飼育するときの注意点とは?オトシンクルスの飼い方を紹介

オトシンクルスは飼育が簡単な種類の魚ですが、気をつけなければいけないこともあります。水槽の掃除役としてよく飼われますが、飼い方には気をつけて、なるべく長生きさせてあげてください。今回の記事では、オトシンクルスの飼い方を紹介します。

 

オトシンクルスは水槽の掃除役として色々な魚と混泳されます。飼育も簡単なので、よく飼われる魚ですが、飼い方を間違えてしまうと、死んでしまうことがあります。

 

今回の記事では、オトシンクルスの飼い方を紹介するので、今飼っている魚の混泳相手としてオトシンクルスを飼おうと思っている人は是非読んでください。

オトシンクルスの飼育方法は下記で紹介しているので、そちらも読んでみてください。

【オトシンクルスを飼おう!!】オトシンクルスの特徴と飼育方法を紹介!!

それでは、オトシンクルスの飼い方を紹介します。

 

 

1、導入時に気をつける

 

 

オトシンクルスに限らず、魚が1番死んでしまうのは導入時です。導入時に水温や水質が違いすぎる水に移してしまうとショックを受けて死んでしまうことがあります。

 

なので、オトシンクルスに限らず新しい魚を導入する場合は水槽の水にならせてから導入してください。

 

魚の入っている袋を水槽に浮かせて水温を調整させる方法がありますが、それでは水温は同じにできても水質を合わせることはできません。

 

なので、安全に導入するためには、1度バケツなどにオトシンクルスを袋の水ごと移して、少しずつ水槽の水をバケツに足していくのがいいと思います。

 

エアーチューブを使って水槽の水を少しつづバケツに移していけば安全に魚を導入することができます。エアーチューブからは1秒間に2滴ぐらい水がでるように調整しましょう。

 

エアーチューブの片側を軽く結べば出てくる水の量を調整することができます。

 

 

2、飼育密度を守る

 

 

 

オトシンクルスを飼育する場合は飼育密度をちゃんと守って飼いましょう。オトシンクルスは水槽内に発生するコケを食べます。オトシンクルスをたくさん飼うと、すぐにコケが無くなってしまうので、飼育が大変になります。

 

 

水槽の環境にもよって、発生するコケの量は変わりますが、60㎝水槽の場合は1匹か多くても2匹ぐらいにしましょう。

 

飼育密度と言われると、水質の悪化を考えてしまいますが、オトシンクルスの場合は水質の悪化よりも、コケが無くなってしまう方が大変です。

 

コケが無くなってしまうと、餌付けをしたり新しく餌を用意したりしなければいけなくなります。そうならないように、飼育密度を守って水槽内のコケがなくならないようにしましょう。

3、適切な水温と水質を維持する

 

 

他の魚と同じように、安全に飼育する場合は適切な水温と水質を維持するようにしましょう。オトシンクルスを飼育する場合は、水温は25度前後pHは7前後で維持させましょう。

 

短時間で急激にpHや水温が変化してしまうとストレスを感じて病気になってしまったり、最悪の場合死んでしまうことがあります。

 

オトシンクルスは15度ぐらいの水温でも生きていくことはできますが、15度を下回ると死んでしまうことがあるので気をつけてください。

オトシンクルスを飼育する場合はヒーターとサーモスタットを用意して、水温が安定しているかたまにチェックしましょう。

 

水換えの時などに急激に水温が変化してしまうと病気になることがあるので気をつけて下さい。オトシンクルスを飼いたいって人にオススメのオトシンクルスの仲間を紹介

 

 

 

created by Rinker
ジェックス
¥20,626 (2019/06/25 11:30:07時点 Amazon調べ-詳細)