*

水温の管理に大切なサーターとサーモスタットについて紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/08/02 機材について

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

熱帯魚は通年で暖かい地域に生息しています。日本の場合は四季があるので、寒くなってきて水温が下がってきたらヒーターが必要になります。今回の記事ではヒーターとサーモスタットの選び方について紹介します。

 

 

熱帯魚は種類によって違いますが、だいたい22〜28度の水温を好みます。

 

夏は水温が上がりすぎたらファンやクーラーを使って水温を下げて、冬場はヒーターを使って水温を上げる必要があります。

 

水温が低下しすぎてしまうと、熱帯魚の食欲が落ちてしまったり、最悪死んでしまうことがあるのでヒーターは必須です。

 

今回の記事ではヒーターとサーモスタットの選び方を紹介するので、ヒーターの購入を考えている方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

水温が下がるリスク

 

 

 

冬場は室内で飼育していて、気温が下がってきたら水温は10度以下まで下がってしまいます。

 

多くの熱帯魚は22〜28度程度の水温を好むので、適水温からはだいぶ離れてしまいます。

 

アカヒレや金魚などの魚は低温に強いのでヒーターがなくても冬を越すことができますが、多くの熱帯魚はヒーターなしでは冬を越すことはできません。

 

 

 

サーモスタットの必要性

 

 

ヒーターは水温を上昇させるための道具です。

 

ヒーターは発熱して水温を上げるので、ヒーターを使う場合は温度を設定するサーモスタットが別に必要になります。

 

サーモスタットを使うことによって、水温が上がりすぎた時にヒーターの電源をオフにして、再度水温が下がったらオンにしてくれます。

 

 

サーモスタットがないと水温が上がりすぎてもヒーターが発熱し続けてしまうので注意してください。

 

ヒーターは永久に使えるわけではなく、いずれ壊れてしまいます。ヒーターは消耗品で、だいたい1年ぐらいで壊れていまします。

 

壊れてしまうと水温の維持ができずに生体に負担をかけてしまうので、購入するときは予備も一緒に用意しておきましょう。

 

 

 

 

ヒーターの種類

 

 

ヒーターには色々な種類があります。まずはヒーターの種類について紹介します。

 

 

オートヒーター・温度固定式


エヴァリス プリセットオートヒーター 10 温度制御機能付き観賞魚ヒーター
温度が設定されていて、設定温度を変更することができないタイプのヒーターです。

 

一般的には26度前後に設定されていることが多いです。

 

オートヒーターはそれだけで水温を管理することができます。サーモスタットが必要ないので、初期費用が少なくてすみます。

 

ヒーターカバーも付いているオートヒーターであれば、他に必要なものもないので設置が楽でオススメです。

 

 

 

サーモスタットとヒーターの一体型


ジェックス NEW セーフカバー ヒートナビ SH120
ヒーターとサーモスタットが一体になってるタイプがあります。

 

サーモスタットが付いているので、オートヒーターではできない水温の設定ができます。ただ、ヒーターが壊れたときはヒーターだけ交換することができないので、全部買い直すことになります。

 

値段も他のものに比べて少し高めで、壊れたら買い換える必要もあるので、使いづらいと思います。

 

 

 

ヒーターとサーモスタットが別々のタイプ


ジェックス サーモスタット NX003N 【観賞魚用ヒーターの温度管理用品】
大型水槽で使う場合や水温を設定したい場合はヒーターとサーモスタットを別々に用意するのがいいと思います。

 

別々に用意することで、ヒーターが壊れてもヒーターだけで買い直して使うことができます。

 

サーモスタットによってはいくつかヒーターを繋げることができるので、大型水槽の水温を管理する時に使えます。

 

 

 

ヒータを使う際の注意点

 

 

ヒーターは火事の原因になることがあるので、使用する際は注意が必要です。

 

ヒーターは発熱する道具なので、水中に入っていなく、空気中に露出していると空焚き状態になってしまい火事の原因になります。

 

近年販売されているヒーターには空焚き時に異常に発熱した場合に電源がオフになる安全装置が付いています。

 

なので、中古の場合は安全装置が付いていない場合があるので、中古のヒーターを購入する場合や人からお下がりをもらう場合などは注意してください。

 

おすすめの飼育セット

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット

エーハイム クラシックフィルター2213 ろ材付セット

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

関連記事

水槽のレイアウトに迷った時に役立つ水槽をかっこよくしてくれる小物を紹介

水槽のレイアウトって結構迷いますよね。どうせ熱帯魚を飼育するならカッコイイレイアウトで飼育し

記事を読む

アクアリウムを始めよう!アクアリウムを始めるときにオススメの水槽を紹介!!

アクアリウムは室内で自然を感じることができて、心を癒してくれます。アクアリウムは難しいイメー

記事を読む

no image

隔離箱・産卵箱は何がいい?オススメの産卵箱・隔離箱を紹介!!

熱帯魚が怪我をした時や稚魚が生まれそうな時には隔離箱、産卵箱に隔離する必要があります。今回の記事では

記事を読む

no image

殺菌灯ってなに?殺菌灯の効果や使い方を紹介!!

殺菌灯は水槽の水に紫外線を照射することで、殺菌や消毒をする機材です。殺菌灯は必ず必要な機材ではありま

記事を読む

水槽用フィルターの選び方と種類別にオススメの水槽用フィルターを紹介!!

水槽で熱帯魚を飼育するときに欠かせないのが濾過フィルターです。ただ、水槽用のフィルターには種

記事を読む

小型水槽は初心者向き?小型水槽のメリットとデメリットを紹介!!

小型水槽は管理が楽だと言われたり、管理が大変だと言われたりすることがあります。実際はどうなの

記事を読む

no image

水換えや底砂の掃除に最適なプロホースの使い方を紹介!!

プロホースは熱帯魚の飼育で汚れた底砂の掃除に便利な道具です。熱帯魚を飼育するなら、一つ持っておくのが

記事を読む

no image

底面フィルターは濾過能力が高い?底面フィルターのメリットとデメリットを紹介!!

色々あるフィルターの中でも人気が高いのが底面フィルターです。濾過能力が高く、値段も安いのでよく使われ

記事を読む

上部フィルターのメリットとは?使い方やメリットとオススメの上部フィルターを紹介!

上部フィルターは水槽とセットで販売されていることが多いです。濾過能力も高くメンテナンスも楽な

記事を読む

隔離箱・産卵箱にオススメ!サテライトのメリットとデメリットを紹介!!

グッピーなどを繁殖させる場合はサテライトがあると便利です。怪我した熱帯魚を隔離することもで着

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA