*

ベアタンクで飼育するのメリットとデメリットを紹介

公開日: : 最終更新日:2017/05/05 未分類

Pocket

ベアタンク_convert_20141123175002

 

 

 

プレコを飼育するには、ベアタンクで飼育するのが基本です。ベアタンクで飼育することで、得られるメリットはたくさんあります。今回の記事では、ベアタンクで飼育することで得られるメリットを紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

熱帯魚専門店などは、ベアタンクで魚を展示しているお店が多いですよね。水槽に底砂をしいているお店もありますが、大型魚やプレコなどが入っている水槽には底砂が入っていないことが多いです。

 

 

もちろん、底砂を入れないのには理由があります。

 

 

ベアタンクにはデメリットもありますが、メリットもたくさんあります。もし、プレコを飼育しようと考えているのなら、私はベアタンクでも飼育をオススメします。

 

今回の記事では、ベアタンクのメリットとデメリットを紹介するので、飼う魚の種類によってどちらが良いか考えてみてください。

 

 

ベアタンクのメリット

 

 

ベアタンクのメリットは、何と言っても掃除が楽なことです。

 

ベアタンクの場合ゴミが底に溜まるので、そのゴミをプロホースで吸い取ってやるだけで掃除が終わるので、底砂を入れる場合よりもすごく掃除が簡単です。

水作 プロホース エクストラ L

プレコは糞も多いし、流木を削ってたくさんのゴミを出すので、結構水槽が汚れます。糞をそのままにしていると、水質が悪化してしまいます。なので、プレコなど糞の多い魚を飼育する場合には、ベアタンクで飼育するのが良いと思います。

 

他にも、飼っている魚の食べ残しを確認したい場合はベアタンクにすることをお勧めします。小型の熱帯魚の食べ残し具合を確認するのももちろんですが、肉食魚の餌の食べ残しを確認するためにも、ベアタンクはオススメです。

 

 

アロワナなどの肉食魚の食べ残しは水槽の中ですぐに腐敗して水を汚してしまいます。ベアタンクなら食べ残しをすぐに掃除できるので、アロワナなどの肉食魚を飼育する場合はベアタンクで飼育しましょう。

 

また、プレコは大きいもので50㎝以上にまで成長して、力もすごく強くなります。そうなると底砂をヒレで吹き飛ばしたり、流木を動かしたりすることがよくあります。

 

プレコがすこし暴れると水槽がめちゃくちゃになってしまうので、中型以上のプレコを飼う場合には、絶対にベアタンクでの飼育が良いでしょう。

 

 

ベアタンクで飼育する場合は、底砂をめちゃくちゃにすることも無いし。流木に吸盤を取り付ければ、水槽の底や側面に貼付けて流木を固定することができます。

 

しっかり流木を貼付けてあげれば、流木を食べやすくなるので、プレコも安心して生活できるようになります。

ベアタンクのデメリット

 

 

 

ベアタンクの最大のデメリットは、底砂を入れるよりも濾過能力が下がってしまうので、水質を安定させるのが難しくなることです。

 

ただ、しっかりとした外部フィルターを設置することで、水質を安定させることは可能です。
底砂を入れると、砂の中でバクテリアが繁殖して、水中のアンモニアなどを分解してくれます。また、底砂にはそれ自体に濾過機能があるので底砂を入れるだけで水質が安定しやすくなります。
他には水草にも水質を安定させる効果があります。ですが、ベアタンクの場合水草を入れることはできません。小型〜中型のプレコや熱帯魚も場合は、流木にくくり付けて水草を設置することができますが、大型の魚を飼う場合は水草を設置することはできません。

 

 

ベアタンクの場合は水質を安定させるのは難しいといわれますが、フィルターを通常の物よりもワンランク上の物を使えんば、問題なく水質を安定させることができます。

ベアタンクの掃除の仕方

 

 

ベアタンクの場合、水槽を掃除する時は中の底のゴミをプロホース吸うだけで良いように思っている人も多いと思いますが、コケやフィルターの掃除もしなければいけません。

 

 

ベアタンクの場合は、フィルターに食べ残しや流木のかけらなどが頻繁に流れてくるので、底砂を入れている場合よりもフィルターがつまりやすくなります。なので、フィルターがつまらないように適度に目詰まりしていないか確認してください。

 

 

また、水草を入れていないと、水中の栄養素が豊富になってしまうので、コケが発生しやすくなります。普通の水槽よりも、ベアタンクの方がコケが発生しやすくなるので、茶コケが見つかったらすぐに掃除するようにしてください。

 

コケを発生させないためには、光が強く当たる場所には水槽を設置しないようにしましょう。コケ掃除が面倒くさいと思う人は、水槽の大きさにもよりますが、オトシンクルスを1匹水槽に入れておくだけで、ガラス面についているコケなどはキレイに食べてくれるので掃除が楽になります。

 

プレコを飼育するには、掃除が綺麗な水槽のほうがオススメです。プレコを飼うなら掃除が簡単なレイアウトにしよう!掃除が楽になるレイアウトを紹介

おすすめの飼育セット

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット

エーハイム クラシックフィルター2213 ろ材付セット

関連記事

プレコを通販で購入するときにチェックして欲しい3つのこと

      色々なペットショップを回ってみて

記事を読む

流木のあくを抜くにはどうすればいいのか?流木のあく抜きを簡単にやる方法を紹介

      プレコは流木を食べるので、プレコ

記事を読む

熱帯魚がよくなる病気とは?熱帯魚がよくなってしまう4つの病気を紹介

(初期の白点病の画像です。)       熱帯

記事を読む

アクアリウム初心者でも簡単に飼えるミナミヌマエビの飼育方法を紹介!!

ミナミヌマエビはエビの中でも飼育が簡単な種類です。小型の熱帯魚と一緒に飼育することができるので、水槽

記事を読む

no image

マジックリーフってなに?マジックリーフの効果と使いかたを紹介

プレコを繁殖させたり、プレコの幼魚を飼育する場合はマジックリーフを使ってブラックウォーターを作るのが

記事を読む

流木拾いに行くときに気をつけて欲しい3つのことを紹介

      アクアリウム用の流木ってちょっと

記事を読む

水槽に水カビが!水槽内に水カビが発生してしまった時の正しい対処法を紹介!!

水カビが出てしまうと大変ですよね。水カビの原因のほとんどは新しく入れた流木か餌の食べ残しです

記事を読む

アクアリウム初心者でも飼える飼育が簡単なエビを紹介!!

エビは熱帯魚と混泳させることができます。一緒に飼育する熱帯魚によっては食べられてしまうことも

記事を読む

ミジンコってどうやって採取するの?ミジンコを簡単に採取する方法を紹介

      ミジンコは餌としていろいろな魚に

記事を読む

no image

流木を使ってかっこいいレイアウトを作りたい人へ3つの注意点を紹介

  アクアリウムをやっていると、水槽のレイアウトをもっと格好良くしたいって思

記事を読む

Comment

  1. より:

    公衆電話じゃねーか

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑