水カビ病になったらどうしたらいい?水カビ病の原因や治療、薬浴について紹介

2015年5月25日

水カビ病になったらどうしたらいい?水カビ病の原因や治療、薬浴について紹介

水カビ病になると魚の体に白い綿のようなものが付くことがあります。金魚や熱帯魚は水質の悪化や怪我などで弱ってしまうと水カビ病になってしまうことがあるので注意が必要です。今回の記事では飼っている魚が水カビ病になった時の治療法や薬について紹介します。

魚の体力次第では、水換えをするだけでも水カビ病から回復することもありますが、弱って体力が落ちてしまっていると、水カビ病が原因で死んでしまうことがあります。

水槽のなかには多少の水カビ菌は存在していて、水質が悪化することで水カビが増えます。熱帯魚の体力次第ではどんな魚でも水カビ病になってしまうことがあります。プレコなどの流木の隙間などでじっとしている魚の方が水カビ病になりやすいので、プレコを飼っている人は水カビ病に注意してください。

今回の記事では水カビ病になってしまった時の治療法を紹介するのでプレコなどの魚を飼っている人はぜひ読んでみてください。

それでは水カビ病になった時の治療法を紹介します。

水カビ病とは

水カビ病は水カビ科真菌と呼ばれる細菌が熱帯魚に感染する感染症のことを言います。感染した細菌によって棉カビ病やアファノマイセス病などの病気に分けられます。

水カビ病の原因となる菌は常在菌で、水中に常に存在します。水槽にも常に存在していて、水質の悪化が原因で菌が増えます。

水カビは魚の死骸や排泄物などを分解して栄養分を吸収します。水槽内にカビの栄養となるものが多いことが水カビが増える原因です。水カビを発生させないようにするためには、カビの栄養となる餌の食べ残しや排泄物などを水槽内から取り除く必要があります。

怪我をしていたり、体力が落ちていると水カビ病に発生しやすくなります。

元気な熱帯魚が水カビ病になるはほとんどありません。擦り傷やストレスなどで弱っていると水カビ病になりやすいです。

水カビ病は熱帯魚の体やヒレに白い水カビが付着する病気です。ワタのような白いカビが付着するので、目視で確認することができます。最初はヒレの先や体の一部に付着しているだけですが、症状が進むと水カビの付着している範囲が広がって、熱帯魚は衰退して最悪の場合死にいたります。

プレコや熱帯魚だけでなく、メダカや金魚など魚類なら水カビ病になってしまうことがあります。熱帯魚や金魚などを飼っていて、ヒレや体に白いワタのようなものが付いて入れば水カビ病です。水カビ病になってそのまま進行すると熱帯魚は衰弱して死んでしまうのでちゃんと治療するようにしましょう。

水カビが増える原因について

先ほども紹介しましたが、水カビ病になる原因は水カビ科真菌と呼ばれる菌に感染することで発症する病気です。

水カビ菌が増えることで熱帯魚が水カビ病になりやすくなるので、まずは水カビ菌が増えないようにしましょう。水カビ菌が増えてしまう原因は水槽内に水カビ菌の栄養素が多すぎることがあげられます。

水カビ菌が増えてしまう原因を紹介するので、熱帯魚を飼育する場合は常に気をつけておきましょう。

餌の食べ残しが多い

餌を与えすぎていて、食べ残しが多いと水槽内に養分として溶け出してしまいます。餌の食べ残しは水カビだけでなく、コケの発生の原因にもなるので、餌を与えすぎないようにしましょう。

与える餌の量は熱帯魚の種類にもよりますが、2分程度で食べきれる量にしてください。2分を過ぎても餌を食べているようなら与えすぎです。2分過ぎても食べているようなら餌の量を減らし、食べ残しがあったらスポイトで吸い取るようにしましょう。

濾過不足

created by Rinker
ジェックス
¥8,980(2022/09/28 04:46:15時点 Amazon調べ-詳細)

濾過がしっかり働いていれば、カビの餌になる栄養素はバクテリアが分解してくれます。水カビが発生してしまう原因は生物濾過が不足しているとも言えるので、ろ過フィルターのサイズやろ材の量などを見直してみてください。

また、ろ過フィルターが目詰まりしていると本来の濾過能力を発揮できないので、3ヶ月に1回ほどはろ材の半分を掃除するようにしましょう。

ろ材を掃除するときは水道水で洗い流さないようにしましょう。水道水にはカルキが含まれています。カルキは熱帯魚だけでなくバクテリアにも有害なので、水道水で洗い流すとバクテリアが死んでしまいます。

ろ材を洗うときは飼育水やカルキ抜きした水で洗い流してください。濾過の仕組みについて!生物濾過やバクテリアの基本知識を紹介!!

水槽内の水が循環されてない

created by Rinker
ジェックス
¥345(2022/09/28 09:06:39時点 Amazon調べ-詳細)

水槽内の水が循環されてなく、フンや餌の食べ残しが集まる淀みができることがあります。

水槽内の水がしっかりと循環するように水流を作って淀みがあまりできないようにするか、フンや食べ残しが集まる場所は小まめにスポイトなどで取り除くようにしましょう。

水槽の角や流木のなどのレイアウトの接地面はよどみができやすくゴミが溜まりやすいです。

流木の手入れについて

流木

水槽内で特に水カビが生えやすいのが流木です。流木から出るアクは水カビの栄養分になってしまうので、アク抜きが不十分なまま使用しているとカビが生えてしまいます。

流木にカビが生えると白いモヤモヤが流木にも付着します。そのままにしていると水カビが増えてしまうので、流木に水カビが生えたら、水槽から流木を取り出して水カビを除去してください。

流木に生えた水カビの除去方法

流木に水カビがついている場合は煮沸するのがオススメです。

流木に水槽から流木を取り出して、歯ブラシなどを使って見える範囲の水カビを取り除いてください。取り除けたら沸騰したお湯で1時間ほど煮てください。

煮沸することによって水カビを殺菌することができますし、流木内のアクを抜くことができます。煮沸したら水道水に3日ほどつけて水カビが発生してないようだったら水槽に戻してください。流木のあくを抜くにはどうすればいいのか?流木のあく抜きを簡単にやる方法を紹介

煮沸できない時の処理について

流木に水草を活着させている場合など、煮沸することができない場合は歯ブラシやピンセットを使って自力で水カビを取り除いてください。

カビがついている場所は歯ブラシで洗い、水草にカビがついている場合はその部分をカットしてください。水カビを取り除くことができたら、カルキ抜きをしていない水道水で洗いながしてください。

塩素は水カビを殺菌する効果があり、水草への影響も少ないです。水槽に戻すときは中和剤の入っているみ水につけてから戻してください。

水カビ病の症状について

水カビ病になるとヒレや体の表面に白い綿のようなものが付着します。最初はヒレや体の一部に白いカビが付きますが、症状が進行すると付着している部分が増えていき、熱帯業は衰弱していきます。

症状が進行すると水カビがついている周辺が赤く充血することがあります。さらに症状が進行すると食欲が落ち体力が落ちていき、水面を浮遊することが多くなります。

水カビ病の治療方法

熱帯魚

水換えをする

飼っている魚が水カビ病になってしまったら、まずは水槽内のゴミなどを取って小まめに水換えをするようにしましょう。

水カビは餌の食べ残しや流木から出る灰汁を餌にして繁殖します。

餌の食べ残しがたくさんあったり、ちゃんとあく抜きができていない流木を水槽に入れていたりすると水カビが繁殖してしまいます。小まめに水換えをすることでカビの栄養分を排出することができるので、水カビは繁殖しづらくなります。

水を抜いたり、水槽の底の食べ残しを掃除する場合はプロホースを使いましょう。プロホースを使えば砂利の間に入ってしまった食べ残しなどをきれいに掃除することができるのでオススメです。ベアタンクで飼育している場合でも水槽の底に溜まった餌を簡単に吸い出すことができるので、オススメです。

水温を上げる

created by Rinker
テトラ (Tetra)
¥1,725(2022/09/28 06:47:44時点 Amazon調べ-詳細)

水カビ病の初期であれば水温を上げるだけで水カビ病を治療することができます。水温を上げると水カビ科細菌の繁殖を抑えることができます。

水カビ病は水温が20度以上になると繁殖しにくくなると言われているのでヒーターを使って水温を25度以上にしましょう。水温を上げるだけで治らない場合はピンセットや綿棒で水カビを除去する必要があります。

水カビを除去するときに熱帯魚に怪我をさせてしまう可能性もあるので、ヒーターを使って水温をあげて、しばらく経過を観察するのがいいと思います。水温は上げられるのであれば30度ぐらいまであげた方がいいです。ただ、飼っている熱帯魚によってはそこまで水温を上げることはできないと思うので、飼育している熱帯魚に合わせて水温を上げるようにしましょう。

水温を急激に上げると熱帯魚にとってはストレスになってしまうので、1日に3〜5度ぐらい水温が上がるようにゆっくりとあげてください。健康な熱帯魚や丈夫な熱帯魚であれば1日に5度ぐらい水温をあげても問題ありませんが、弱っていたり、水温の変化にシビアな熱帯魚の場合は死んでしまうこともあるので、熱帯魚の様子を見ながら慌てずにゆっくり水温をあげて行きましょう。

魚についた水カビを取る

魚についてしまった水カビを取る方が治りが早いですが、魚の種類によっては麻酔をしたりしなければいけないので、本当に状態が酷い場合か熱帯魚の飼育に慣れている場合は麻酔をして水カビを取るのがいいと思います。

プレコの場合はあまり暴れないので、両目をつまむように持ち上げれば麻酔を使わなくても簡単に水カビを取ることができます。体の大きいウルスカやロイヤルなどのプレコは持ち上げようとすると暴れるので、別の水槽に水を張って適量麻酔を入れましょう。

少しすると動かなく暴れなくなります。水から出すと暴れてしまうので、水槽の中に手を入れてピンセットを使って水カビを取ってください。

小型の熱帯魚や金魚などが水カビ病になってしまったら、ピンセットや綿棒で水カビを除去しましょう。ピンセットだと傷つけてしまうことがあります。なので、ピンセットの扱いが不安な場合は綿棒を使うのがいいと思います。

隔離して薬浴させる

動物用医薬品 観賞魚用魚病薬 ニチドウ グリーンF 15g(5g×3包) 熱帯魚 金魚 白点病 尾腐れ病 水カビ病 細菌性感染症

水槽の水換えをして、水カビが発生するものを水槽から取り除いても水カビ病が治らないようなら、隔離して薬浴をするようにしましょう。

掃除と水換えだけでも治ることがあるのですが、体力が落ちていったり、餌の食いが悪くなってしまったりすると、水カビ病でも死んでしまうことがあります。安全に水カビ病を治療するには薬浴させるのが1番だと思います。

薬はグリーンFがオススメです。ナマズ系の魚は種類によっては薬に弱く、規定量入れると死んでしまうことがあります。プレコやオトシンなどに使用する場合は生体について調べてから使用してください。

グリーンFなどの薬は飼育環境を安定させているバクテリアなどにもダメージを与えてしまいます。なので、薬浴を行うときは別の水槽に移して薬浴させるようにしましょう。餌は食べるようだったら少量与えて、2〜3日ぐらい様子を見ましょう。

2〜3日ほど様子を見て回復したようであれば半分ほど水換えをして、3日ほどかけて真水に戻して生きましょう。回復していない場合は水換えをしながら適量グリーンFなどの薬を入れて回復を待ちましょう。

グリーンFなどの薬は怪我をした患部に直接塗って使うこともできます。ピンセットや綿棒などで水カビ菌を取り除いた場合はグリーンFなどを患部に塗っておくのもオススメです。

水カビが増えないようにする方法

水カビ病にならないようにするには水槽内に水カビが増えないようにしましょう。水カビが増えないようにする方法について紹介します。

小まめに水換えをする

水カビが増える原因は水槽内の栄養素が多いことが原因です。

シンプルに水換えの頻度を増やすことで、水中の多すぎる養分を排出すことができます。

水温が下がり過ぎないようにする

水温が下がると水カビが繁殖しやすくなるので、水温が下がり過ぎないように注意してください。

水温が下がると餌の食いつきが悪くなり、餌の食べ残しが増えたり、水草が枯れてしまい枯れた水草が水カビの餌になってしまいます。

濾過フイルターを定期的に掃除する

濾過フィルターが汚れていると濾過能力が落ちてしまい水カビが発生しやすくなります。

濾過フィルターは3ヶ月に1回ほどは掃除をしてろ材の隙間にゴミがたまらないようにしましょう。ろ材を水道水で洗ってしまうとバクテリアが死んでしまいます。

ろ材を洗うときは飼育水で洗うかカルキ抜きした水で洗い流すようにしましょう。

過密飼育をしない

過密飼育も水槽内を汚してしまう原因です。また、熱帯魚同士の喧嘩も起こりやすくなるので水カビ病になりやすくなります。

過密飼育をしていていいことはないので、熱帯魚を飼育する場合は過密飼育にならないように十分に余裕を持って飼育環境を整えるようにしましょう。

水槽に水カビが!水槽内に水カビが発生してしまった時の対処法を紹介!!

プレコが白点病になってしまったら。白点病の治し方を紹介

メチレンブルーってどうやって使うの?メチレンブルーの使い方について紹介