セルフィンプレコの飼育に必要な水槽のサイズについて紹介!!

2020年3月27日

セルフィンプレコは体長が大きく成長するので、飼育する場合は大きな水槽が必要になります。ホームセンターなどでは5cmほどのセルフィンプレコが販売されていますが30cmほどまではすぐに生息してしまうので、飼育する場合は注意してください。今回の記事ではセルフィンプレコの飼育に必要な水槽のサイズはレイアウトについて紹介します。

 

 

セルフィンプレコはコケを食べてくれるので、水槽の掃除役として飼育されることの多い熱帯魚です。

 

ただ、大きく成長するので、すぐに水槽が手狭になってしまったり、力も強いので、水槽のレイアウトをめちゃくちゃにしてしまうことがあります。

 

セルフィンプレコは体が丈夫で飼育の簡単な熱帯魚ですが、飼育するなら大きな水槽と管理しやすいレイアウトが必要になります。

 

今回の記事ではセルフィンプレコの飼育に必要な水槽のサイズとレイアウトについて紹介するので、セルフィンプレコを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

セルフィンプレコの飼育に必要な水槽のサイズ

 

 

セルフィンプレコを飼育する場合は水槽のサイズは90cm以上のガラス水槽が望ましいです。

なぜガラス水槽がいいのかは最後に紹介します。

 

セルフィンプレコは最大で60cmほどまで成長する大きな熱帯魚です。ホームセンターなどでは5cmぐらいのセルフィンプレコが販売されていて飼育が簡単そうに見えますが、実際は大きく成長してしまうので、水槽も大きなものが必要になります。

 

成長速度も速く1年で30cmほどまで成長してしまいます。

 

5cm程度であれば小型の水槽で飼育することができますが、すぐに大きくなるので、あらかじめ大きな水槽を用意しておくようにしましょう。

 

90cm水槽に水を入れるとすごく重くなります。

 

家具などに水槽を設置すると、家具が曲がってしまったり壊れてしまったりします。

 

なので、90cm水槽を使用する場合はちゃんと水槽台に設置するようにしましょう。水槽はちゃんと水平に設置しないと重量が片側にかかってしまい壊れやすくなってしまいます。

 

なので、水槽台を使用する場合でもちゃんと水平に設置するようにしてください。

 

 

 

セルフィンプレコを飼育するときのレイアウトについて

 

 

セルフィンプレコを飼育する場合はできれば水槽には何も入れない方がいいと思います。

 

低床も敷かないで、ベアタンクで飼育するのがオススメです。入れても流木ぐらいにしてスッキリした水槽で飼育するようにしましょう。

 

セルフィンプレコは力が強い熱帯魚です。なので、綺麗なレイアウトを作ってもすぐに動かしてしまいます。また、水草を入れても食べてしまうので、水槽の中は流木ぐらいがいいと思います。

 

ちなみにセルフィンプレコは流木も食べてしまいます。飼育していると流木が小さくなってくるので、あまり小さくなったら新しい流木を入れておきましょう。

 

また、セルフィンプレコは餌を食べる量が多く、フンも多いので飼育する場合はベアタンクで飼育するのがいいと思います。

 

ベアタンクで飼育することで、水流によって分が一箇所に溜まります。溜まったフンをプロホースで吸い取るだけで掃除ができるので、飼育がしやすくなります。

 

 

セルフィンプレコを飼育するならガラス水槽がオススメ

 

 

大型水槽はアクリル水槽が主流ですが、セルフィンプレコをアクリル水槽で飼育すると、コケを食べるときにアクリル面も削ってしまい、傷つけてしまいます。

 

なので、セルフィンプレコを飼育する場合はガラス水槽で飼育するようにしましょう。アロワナなどを飼育している方はアクリル水槽で飼育されている方が多いと思います。

 

セルフィンプレコはアロワナと混泳させることができ相性のいい熱帯魚ですが、アクリル水槽で飼育するとアクリルを傷つけて曇らせてしまうので、注意してください。

 

 

ジェックス グラステリア250 6点セット フィルター付

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット水槽 奥行スリム

ジェックス グラステリア900 6点セット 外部フィルター付