ラミレジィを繁殖させよう!ラミレジィの繁殖方法と稚魚の育て方を紹介!!

2018年8月2日

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

ラミレジィは見た目も美しく飼育も簡単なので人気の高い熱帯魚です。繁殖も簡単なので、品種改良も盛んに行われています。今回の記事では、ラミレジィの繁殖方法について紹介します。

 

ラミレジィは見た目も美しく、繁殖も簡単なので、多くのブルーダーに愛させれている熱帯魚です。品種改良も盛んに行われているので、カラーバリエーションも豊富で、飼育も簡単なので、とても人気が高いです。

 

今回の記事ではラミレジィの繁殖方法について紹介するので、ラミレジィを繁殖させてみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

ラミレジィの繁殖に必要なもの

 

 

 

ラミレジィを繁殖させるためには稚魚用の水槽と石や流木が必要になります。

 

ラミレジィは産卵した後にオスとメスで卵を守って育てるので、ペアで飼育して入れば繁殖はそんなに難しくありません。

 

ただ、ラミレジィは石や流木に卵を産み付けるので、石や流木が入っていないと水槽内に卵をばら撒いてしまって繁殖は失敗してしまいます。

 

石や流木の産卵床は多めに入れておいて、ラミレジィがいくつか選択できるようにしておくとちゃんと産卵してくれます。

 

 

ラミレジィは基本的にはオスとメスで卵を守って育てますが、ストレスを受けたりすると産んだ卵を食べてしまうので注意してください。

 

確実に増やす場合は親のラミレジィを繁殖用の水槽から移して、稚魚だけで飼育するのがいいと思います。

 

 

 

ラミレジィの繁殖方法

 

 

 

熱帯魚は岩陰や流木の目立たない場所に産卵することが多いですが、ラミレジィは平らな石の上や流木の目立つ場所に産卵をします。

 

メスが産卵するとオスは放精をします。繁殖の時期は神経質になっているので、水槽を覗き込んだりしてストレスを与えると卵を食べてしまうので注意して下さい。

 

産卵を終えると親のラミレジィはペアで卵を守ります。ただ、ストレスを受けると卵を食べてしまうので、産卵してから1週間ぐらいはストレスを与えないようにするか、親を別の水槽に移すようにしましょう。

 

ラミレジィは水質によって生まれる稚魚の性別が変わってしまいます。酸性に近いとオスが生まれることが多くなります。

 

水質が中性だとオスとメスが均等に生まれるので、なるべく中性に近ずけておくのがいいと思います。

 

 

 

ラミレジィの産卵の前兆

 

 

 

ラミレジィの産卵の前兆はわかりやすいです。

 

メスは輸卵管がオスは輸精管がお尻から出てきます。またメスが繁殖期になると体色が変わって婚姻色と呼ばれる色が出ます。

 

メスの腹部が赤くなって発色が綺麗になるので繁殖期がわかりやすいです。

 

繁殖期になると気に入った産卵床を掃除したりするようになるので、観察していると変わりやすいです。

 

 

 

ラミレジィの稚魚の飼育方法

 

 

 

稚魚は人工フードで飼育することもできますが、痩せた個体が出てきたり、餌付かないこともあるので、ブラインシュリンプを用意しておくのがいいと思います。

 

ブラインシュリンプは1日ぐらいで孵化させることができて、ペットボトルを使って孵化させることもできるので、それほど手間もかからないのでオススメです。

 

ラミレジィ は他のドワーフシクリッドに比べれば性格は大人しですが、それでもシクリッドなので喧嘩をすることがあります。

 

稚魚が喧嘩することはありませんが、親のラミレジィと子供のラミレジィを混泳させていると喧嘩をしてしまうので注意してください。

 

繁殖させたラミレジィの稚魚は成魚と合流させずに、そのまま稚魚だけで飼育するのが良いと思います。

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!