ラミレジィ を飼育しよう!ラミレジィ の飼育・混泳・繁殖について紹介!!

2019年3月12日

ラミレジィはラムの愛称で呼ばれている人気の高い小型のシクリッドです。とても綺麗な魚で、品種改良も盛んに行われています。今回の記事ではラミレジィの飼育方法について紹介します。

 

ラミレジィは熱帯魚の中でもとても美しい魚で、体色のバラエティも豊富で、国内外で様々な改良品種が生まれています。

 

飼育も簡単で見た目も美しいので、大変人気の高い熱帯魚です。飼育が簡単なので、ドワーフシクリッドの入門種としても人気が高いです。

 

今回の記事では、ラミレジィの飼育方法について紹介するので、ラミレジィを飼ってみたいと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

ラミレジィとは

ラミレジィはラムの愛称で知られている熱帯魚で、体色も美しく種類も豊富なので、とても人気の高いドワーフシクリッドです。

 

品種改良も盛んに行われていて、ドイツでブリードされたジャーマンラミレジィやオランダでブリードされたオランダラミレジィ、東南アジアでブリードだれたバルーンラミレジィなど様々な品種のラミレジィがいます。

 

ラミレジィはとても丈夫で飼育も簡単で、繁殖させることもできるので、飼育していてとても楽し熱帯魚です。

 

寿命は短く、大体の3年前後ですが、しっかり飼育すれば4年ほど生きることもあります。飼い込むと体色も綺麗に出てくるので、しっかりと飼育してあげてください。

 

値段も安くてノーマルタイプのラミレジィだと1000円以下で購入することができます。ペアで販売されていることもあるので、繁殖したい場合はペアで購入するのがいいと思います。

 

ラミレジィは小型の水槽で飼育することができるので、アクアリウム初心者の方にもオススメです。

 

 

 

ラミレジィの飼育方法

 

 

 

ラミレジィドワーフシクリッドの中でも飼育が簡単な種類です。水質も中性〜弱酸性の水を好むので水質も管理しやすいです。

 

 

温度の変化にも比較的強いので、オートヒーターで飼育するのがいいと思います。そこまで特別な設備が必要じゃなく、水質の管理もしやすいので、初心者の方にオススメの熱帯魚です。

 

体色が綺麗な熱帯魚なので、水草水槽とも相性が良いです。綺麗な熱帯魚なので、水槽のレイアウトもしっかりと作るのがいいと思います。

 

 

 

ラミレジィの餌について

 

 

ラミレジィは基本的にどんな餌でも食べてくれます。ただ、体色を綺麗に出したい場合は冷凍のアカムシや色揚げフードを色々と試して見るのがいいと思います。

 

また、繁殖に挑戦する場合はブラインシュリンプた稚魚用の人工フードを用意しておきましょう。

 

 

 

ラミレジィの混泳について

 

 

 

ラミレジィは他の魚と混泳させることができます。

 

ただ、ラミレジィのオス同士だと激しく喧嘩してしまうこともあるので、注意してください。水槽のサイズが広ければ混泳させることも可能ですが、飼育になれていな場合は同種での混泳はやめておいたほうがいいと思います。

 

小型のカラシンや低層を泳ぐコリドラスやオトシンクルスと混泳させることができます。ただ、いじめられてヒレなどに怪我をしてしまうことがあるので、いじめられているようだったら、別の水槽に移すようにしましょう。

 

 

 

ラミレジィの繁殖方法

 

 

 

ラミレジィは石や流木などに卵を産み付けます。

 

繁殖も比較的簡単で、同じ水槽でラミレジィのペアを飼育して、水槽内に石や流木でレイアウトを組んであげておけば勝手に繁殖します。

 

シクリッドは子育てをする熱帯魚なので、産卵さえしてくれれば、簡単に繁殖させることができます。

 

ただ、ストレスを受けると孵化前に卵を食べてしまうことがあるので、卵を食べているようであれば親を別の水槽に移すようにしましょう。

 

稚魚はブラインシュリンプや稚魚用のフードを食べるので、生まれて2日ぐらいしたら餌を与えるようにしましょう。

 

 

created by Rinker
ジェックス
¥20,626 (2019/06/25 11:30:07時点 Amazon調べ-詳細)