グッピーの餌は何がいい?グッピーや稚魚の飼育にオススメの餌を紹介!

2019年3月12日

グッピーは飼育が簡単で見た目も綺麗なので、とても人気の高い熱帯魚です。初めて熱帯魚を飼う方は餌をどのぐらいあげればいいかわからない方もいると思います。今回の記事では、グッピーにオススメの餌を紹介します。

 

グッピーは有名な熱帯魚なので、熱帯魚を飼ったことがない方でも知っている方も多いと思います。

 

飼育も簡単で繁殖も簡単に行うことができるので、初心者の方でもブリーディングを楽しむことができます。ただ、グッピーを繁殖させる場合はどんな餌をどのぐらいあげればいいかわからない方も多いと思います。

 

今回の記事では、グッピーにオススメの餌を紹介するので、グッピーを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

グッピーにオススメの餌

グッピーの餌は水面にしばらく浮いてくれるもので、フレーク状のものがオススメです。

 

グッピーは基本的にどんな餌でも食べるので、グッピー用の人工餌を与えるのが一般的です。グッピー用の餌でなくても、指先で細かくすりつぶして食べやすくすれば、問題なく食べてくれます。

 

グッピーは餌を選り好みすることはなく、なんでも食べてくれるので、熱帯魚用のフレークタイプの餌を使用するのがいいと思います。

 

フレークタイプの人工餌の他にも冷凍のアカムシや冷凍のイトメも食べます。アカムシやイトメは栄養価も高く、よく食べるのでます。

 

アカムシやイトメは栄養価が高いので、たまに与えると栄養バランスが取れるのでオススメです。

 

 

グッピーの稚魚にオススメの餌

稚魚に関しては、さらに細かくすりつぶして、パウダー状にしたものを与えて飼育することができます。

 

ただ、餌が食べられなくて痩せてしまう個体が出てくることもあるので、痩せてる個体が出る場合はブラインシュリンプを1日2回与えるのがいいと思います。

 

ブラインシュリンプであれば、水槽に入れておけばグッピーが食べたいときに食べることができます。ブラインシュリンプは孵化させるのが手間ですが栄養価も高いので稚魚の飼育にオススメの餌です。

 

 

 

餌を与える頻度と量

 

 

 

餌は1日2回、朝と夕方に与えるようにしましょう。

 

グッピーを10匹ぐらい飼育している場合はひとつまみ程度与えるのがいいと思います。1〜2分程度で食べきれる量を与えて、食べ残しがないようにしましょう。

 

与えすぎると水を悪くする原因にもなり、餌を食べすぎるとグッピーの体調も崩してしまうので注意してください。

 

餌の与えすぎでグッピーが死んでしまうことがあっても少なくて死んでしまうことはあまりありません。なので、餌は与えすぎに注意して、食べ残しがないようにしましょう。

 

稚魚を飼育する場合は1日2回でもいいですが、できれば1日3回ぐらいこまめに与えるのがいいでしょう。

 

グッピーは本来餌をこまめに食べているので、時間がある場合は1回を少量にして、1日に何度が与えるのがいいと思います。

 

 

 

水換えの頻度

 

 

 

餌を与えすぎていると、水換えをしてから2〜3日で水槽が白く濁ることがあります。

 

フィルターが正常に機能していない可能性もありますが、水槽を立ち上げて随分経つのに水が白く濁ってしまったら、与える餌を少なくしてみてください。

 

グッピーが餌を食べなくなってしまった場合も水換えをして、与える餌を少なくしてください。

 

グッピーが病気になったばかりで、重症でなければ、水槽の水を綺麗にするだけで持ち直すことがあります。

 

餌の与えすぎは水を悪くする原因にもなり、水が悪くなれば水換えの頻度も増えるので、餌を与えすぎないようにしたり、過密状態でグッピーを飼育しないようにしましょう。

 

 

 

created by Rinker
ジェックス
¥23,137 (2019/08/20 12:20:29時点 Amazon調べ-詳細)