*

グラミーを繁殖させよう!!グラミーの繁殖方法について紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/08/02 熱帯魚の飼育方法について

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

グラミーは飼育が簡単で体色も綺麗なので人気の高い熱帯魚です。繁殖させることも簡単なので、初心者の方でも繁殖させることができます。今回の記事ではグラミーの繁殖方法について紹介します。

 

 

グラミーは水槽で飼育していると水面に泡を作ることがあります。これは卵を守るための巣なので、泡巣を作るオスとメスをペアで飼育すると繁殖することがあります。

 

水槽で飼育して入れば、勝手に繁殖することもあるぐらい産卵までは簡単です。ただ、生まれる稚魚は小さいので、与える餌には注意が必要です。

 

今回の記事ではグラミーの繁殖方法を紹介するので、グラミーを繁殖させてみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

グラミーの繁殖方法

 

 

グラミーは泡巣を作ってそこに卵を産みます。基本的にはベタと同じ方法で繁殖をします。ちゃんと飼育環境を整えておけば勝手に繁殖するので、ベタほど繁殖は難しくありません。

 

簡単にグラミーの繁殖に必要なものを紹介します。

 

 

 

繁殖用水槽

 

 

混泳させていると卵や稚魚が食べられてしまうことがあるので、繁殖用の水槽を用意しておくのがいいと思います。

 

 

 

アマゾンフロッグピット


(浮草) アマゾンフロッグビット(無農薬)(3株) 本州・四国限定[生体]
浮き草を土台にして泡巣を作るので、浮き草を入れておきましょう。

 

co2を添加しないでも簡単に育てることができる浮き草の方が管理が楽なので、アマゾンフロッグピットがおすすめです。

 

 

 

スポイト


Sincerestore 多機能 クリーナースポイト ロング 水換え&お掃除 給餌 (ブルー)
スポイトは泡巣から落ちた卵を泡巣に戻す時に使用します。

 

ただ、落ちた卵はオスが口にくわえて戻すので、そんなに慌ててスポイトを使って卵を戻さずに様子を見ておくのがいいと思います。

 

 

 

稚魚用の餌


o-o-(オーオー) 微生物の素 10gエビ エサ 水質改善 生存率アップ
グラミーの稚魚はサイズも小さく口も小さいので、生まれたばかりではブラインシュリンプも食べることができません。

 

稚魚の餌にはミジンコやインフゾリア、PSBという水質浄化細菌などを与えるのがいいと思います。PSBなら管理も楽なのでオススメです。

 

生まれてから1週間ぐらいするとブラインシュリンプも食べられるようになるので、ブラインシュリンプも用意しておくのがいいと思います。

 

 

 

グラミーの産卵方法

 

 

グラミーのオスは繁殖期になると泡巣を作るようになります。水流が強い環境だと泡巣が流れてしまうので、水流は弱くしておくようにしましょう。

 

また、繁殖期が近づくとオスとメスは見分けがつきやすくなります。オスは頭の先から尻尾の真ん中までが黒くなり、メスは卵を持ってお腹が大きくなって丸くなります。

 

そしたら、繁殖用の水槽に移して様子を見ましょう。3日ぐらい隔離していると産卵すると思います。

 

メスは産卵が終わると気絶して動かなくなります。メスは体調が戻ると産んだ卵を食べてしまうので、産卵が終わったら元の水槽に戻しましょう。

 

オスは泡巣につかなかった卵や落ちてきた卵を口で広い泡巣に戻す行動をしています。なのでオスは戻さずにそのままにしておいてください。

 

 

 

グラミーの稚魚の育て方

 

 

グラミーは産卵をして1日ぐらいで、孵化して稚魚が生まれます。

 

生まれたばかりの稚魚はサイズが小さいので、ブラインシュリンプも食べることができません。なので、生まれたばかりの稚魚にはブラインシュリンプよりも極小の生き餌を与えるようにしてください。

 

孵化してから1週間ぐらいするとブラインシュリンプを食べことができるようになります。稚魚の成長を見ながらブラインシュリンプに切り替えて飼育しましょう。

 

 

 

グラミーを繁殖させるときの注意点

 

 

 

グラミーは1回の産卵で100匹ぐらい卵を産むので、うまく行くと100匹ぐらい飼育することになります。

 

100匹のグラミーを飼育するのは大変なので、飼育がうまくいった場合は引き取りをしてくれる熱帯魚屋さんを探して、引き取ってもらうのがいいと思います。

 

増えすぎてしまうことがあるので、繁殖になれたら混泳水槽で繁殖させて、自然に増えるようにするのがいいと思います。

 

 

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット水槽 奥行スリム

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

関連記事

熱帯魚の餌は何がいい?熱帯魚の餌の種類と選び方を紹介!!

熱帯魚を飼育するときに特に悩むのが餌だと思います。熱帯魚の餌にはタブレットのものや顆粒のもや

記事を読む

no image

ラミレジィ を飼育しよう!ラミレジィ の飼育・混泳・繁殖について紹介!!

ラミレジィはラムの愛称で呼ばれている人気の高い小型のシクリッドです。とても綺麗な魚で、品種改良も盛ん

記事を読む

丈夫で飼いやすい熱帯魚とは?初心者でも飼いやすい丈夫な熱帯魚を紹介!!

熱帯魚の中には飼育が難しい種類もいれば、丈夫で飼いやすい熱帯魚もいます。初めて熱帯魚を飼育す

記事を読む

グッピーの餌は何がいい?グッピーや稚魚の飼育にオススメの餌を紹介!

グッピーは飼育が簡単で見た目も綺麗なので、とても人気の高い熱帯魚です。初めて熱帯魚を飼う方は

記事を読む

ドワーフグラミーは飼育が簡単!!ドワーフグラミーの種類について紹介!!

ドワーフグラミーは熱帯魚の中でも小型で、体色も綺麗なので、観賞魚として人気の高い熱帯魚です。

記事を読む

インフゾリアの増やし方!稚魚の餌に最適なインフゾリアの増やしかたを紹介

  インフゾリアは熱帯魚の稚魚の飼育によく使われる餌です。稚魚のサイズによっ

記事を読む

アカヒレを飼おう!!ゴールデンアカヒレなどのアカヒレの種類を紹介!!

アカヒレは体が丈夫で飼育も簡単なので、人気の高い熱帯魚です。一言にアカヒレと言ってもいくつか

記事を読む

プラティの繁殖は簡単?プラティの繁殖方法や稚魚の育て方を紹介!!

プラティは水温や水質の変化に強く、飼育が簡単な熱帯魚です。繁殖も簡単なので、初心者でも簡単に

記事を読む

熱帯魚の生き餌は何がいい?熱帯魚の飼育で使われる生き餌を紹介!!

熱帯魚を飼っていて1番楽しいのが餌をあげている時間だと思います。美味しそうに餌を食べている姿

記事を読む

アクアリウムを始めよう!!初心者でも飼いやすい熱帯魚を紹介!!

熱帯魚屋さんに行くと当たり前ですが様々な熱帯魚が販売されています。熱帯魚は種類も多いので、初

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です