グッピーの国産と外国産の違いは何?国産と外国産の違いについて紹介!!

2019年6月16日

グッピーの国産と外国産の違いは何?国産と外国産の違いについて紹介!!グッピー

グッピーには大きく分けると国産の種類と外国産の種類がいます。熱帯魚屋さんやペットショップなどに行くと国産や外国産と書かれて販売されていることがあります。ただ、国産と外国産では何が違うのかわからない方も多いと思います。今回の記事では、国産と外国産の違いについて紹介します。

 

 

グッピーは熱帯魚の中でも飼育が簡単で、見た目も綺麗なので、とても人気が高いです。グッピーは熱帯魚の中でも飼育が簡単なので、初めて熱帯魚を飼育する方にもオススメです。

 

熱帯魚ショップにグッピーを買いに行くと国産と外国産に分けられて販売されているので、購入する時に何が違うのか迷う人も多いと思います。

 

今回の記事では、国産グッピーと外国産のグッピーの特徴や違いについて紹介するので、グッピーを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

グッピーの種類の分け方とは?色や形による分け方と人気のグッピーの種類を紹介!!

 

国産グッピーの特徴

 

 

国産グッピーは言葉の通り、日本で繁殖されたグッピーです。

 

値段は外国産に比べると高く、種類にもよりますが、ペアで1000円ぐらいで販売されていることが多いです。

 

見た目は外国産のグッピーに比べてヒレが長く色が単色なことが多いです。グッピーは弱アルカリ性の水質を好む熱帯魚ですが、国産グッピーは弱酸性の水質で飼育することができます。

 

日本で繁殖されている熱帯魚なので、日本の水質にも慣れています。外国産のグッピーのように長距離の輸送がないので状態がいいことが多いです。

 

国産グッピーの方が日本の水質にも合いやすく、状態が悪いことも少ないので、初めてグッピーを飼育しようと思う方には外国産よりも国産のグッピーがオススメです。

 

 

外国産グッピーの特徴

 

 

外国産グッピーはMIXグッピーや、ただグッピーという記載だけで販売されていることが多いです。

 

MIXとは色々な色が混ざっていることをいいます。外国産のグッピーは様々な色が混ざっているMIXグッピーが多いです。

 

外国産と記載されていないこともあるので、グッピーを購入する時には気をつけてください。

 

ヒレも国産のグッピーに比べて短い個体が多いのが特徴です。ヒレが短いので数匹で飼育するよりも沢山のグッピーを飼育して群泳している姿がとても綺麗です。

 

なので、外国産のグッピーを飼育する場合は多めに入れて飼育すると綺麗なのでオススメです。

 

 

外国産のグッピーは大量に輸入されていて、流通量も多いので、国産グッピーに比べて値段が安く5ペアで1000円ぐらいで販売されていることが多いです。

 

外国産のグッピーが当たり前ですが、外国から輸入しているので、輸送時のストレスや不衛生な水で飼育されていたことにより体調を崩していたり、病気になっていることがあります。

 

また、海外の水質と日本の水質が違うので、日本の水質に慣れずにすぐに死んでしまうこともあります。

 

販売されている外国産グッピーは状態が悪いことがあるので、購入するときはちゃんとして熱帯魚ショップで購入するようにしましょう。

 

なので、外国産のグッピーを飼育する場合はグッピーの飼育に慣れてからにするのがいいと思います。

 

 

外国産グッピーの選び方

 

まず、輸入したばかりだと日本の水質に慣れていなかったり、病気になっていたり、体長を崩してしまっていることがあるので、輸入したばかりの個体は選ばないようにしましょう。

 

外国産のグッピーを購入する際は水槽に入っているグッピー全体を見て病気になっている個体がいないか確認して見てください。

 

病気になっている生体がいたり、死んでいる魚が沈んでいたりする場合はそのお店での購入を控えるのが良いと思います。

 

外国産グッピーの中で特に飼育しやすいのが輸入された後に繁殖された外国産グッピーです。グッピーは繁殖が簡単な熱帯魚なので、輸入したのちにペットショップで繁殖することがあります。

 

そういった個体であれば日本の水質にも合いやすく飼育もしやすいのでオススメです。

 

外国産のグッピーを購入する際は輸入されてから2週間ほどは経過していて、ヒレが綺麗で病気などになっていない個体を購入するようにしましょう。

 

また、病気になっていないようでも、購入した後すぐに水槽に入れないで塩浴や薬浴などでトリミングするようにしましょう。

 

外国産と国産のグッピーは一緒に飼育しないほうがいい

 

 

外国産のグッピーは長い輸送のストレスなどで、病気になっていることがあります。そのまま国産グッピーと一緒に飼育していると国産グッピーまで病気になってしまいます。

 

外国産グッピーが特に病気になっていないようでも、国産グッピーに免疫のない病原菌を持ち込んでしまうことがあるので、国産グッピーと外国産グッピーは一緒に飼育しないのが鉄則です。

 

グッピーを混泳させたい!グッピーの混泳相手にオススメの魚を紹介!!

ジェックス グラステリア250 6点セット フィルター付

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット水槽 奥行スリム

ジェックス グラステリア900 6点セット 外部フィルター付