コリドラスを繁殖させよう!コリドラスの繁殖方法を紹介!!

2018年8月2日

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

 

コリドラスは飼育が簡単な種類も多く繁殖をさせることもできます。繁殖させるときに大変なのが稚魚の飼育です。今回の記事ではコリドラスの稚魚の育て方について紹介します。

 

コリドラスは熱帯魚の中でも人気の高い種類で、初心者の方からマニアの方まで様々な人に愛されています。

 

飼育が簡単な種類も多く、繁殖も比較的簡単なので、自宅で繁殖させることができる熱帯魚です。コリドラスを数匹飼育していると勝手に繁殖してしまうこともあります。

 

ただ、産卵や孵化までは簡単でも、コリドラスの稚魚を飼育する場合はちゃんと環境を整えてあげないと、他の魚に食べられたり餌を食べられなかったりしてちゃんと育ちません。

 

今回の記事ではコリドラスの稚魚の飼育方法について紹介するので、コリドラスを繁殖させたいと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

コリドラスの繁殖方法

 

 

 

コリドラスは卵を水草や流木、水槽のガラス面などに産み付けて繁殖をします。

 

グッピーなどはお腹の中で卵を育てて稚魚を生みますが、コリドラスは卵を産むので、グッピーなどに比べて繁殖させるのが少し難しいです。

 

グッピーなどの稚魚を産む魚は産卵が近くなったメスを産卵箱に移して隔離しますが、コリドラスの場合は産み付けられた卵をスポイトなどで吸い取って隔離します。

 

卵は他の熱帯魚やコリドラスに食べられてしまうこともあるので、早めに隔離する必要があり、時間がたつと卵が割れすくなってしまうので気をつけてください。

 

 

 

産卵箱を用意する

 

 

 

コリドラスの稚魚を安全に育てるためには産卵箱を用意しましょう。

 

コリドラスは2〜3cm程度までは産卵箱の中で育てるので、産卵箱は大きめのものを選ぶようにしましょう。

 

水槽のガラス面や水草に産み付けられた卵を見つけたら産卵箱に隔離しましょう。

 

 

 

コリドラスの稚魚にオススメの餌

 

 

 

コリドラスの稚魚は孵化直後はヨークサックがお腹についているので、ヨークサックがなくなるまでは餌を与える必要がありません。

 

ヨーサックは3日ぐらいでなくなるので、そのぐらいには餌を与えるようにしましょう。コリドラスの稚魚の餌にオススメなのがブラインシュリンプです。

 

ブラインシュリンプは栄養価も高いので、稚魚がちゃんと育ちます。栄養価の低い餌を与えたり、餌をちゃんと食べることができないと背骨が曲がってしまったり、死んでしまったりすることがあるので注意してください。

 

ブラインシュリンプであればいつでも食べることができて、水も汚れずらいのでオススメです。なので、コリドラスが産卵したらブラインシュリンプを孵化させる準備をしましょう。

 

ブラインシュリンプの他には稚魚用の餌やコリドラス用の餌をすり潰して与えることができます。ブラインシュリンプを孵化させるのは面倒だと思う方は人工餌で飼育するのがいいと思います。

 

産卵箱の中は意外に水が汚れやすいので、稚魚を飼育するときは毎日スポイトなどでフンを吸い取って産卵箱の中を綺麗にしておきましょう。

 

 

 

水槽に移す

 

 

 

1ヶ月ぐらいで2〜3cmぐらいまで大きくなるので、そのぐらいまで成長したら水槽に移してあげてください。

 

口に入るサイズの熱帯魚を混泳させていると食べられてしまうことがあるので気をつけてください。コリドラスはトゲもあって体も硬いので、食べた魚の喉に刺さってしまうことがあります。

 

食べられたコリドラスだけでなく、食べた魚も死んでしまうことがあるので、ほかの魚と混泳させる場合は注意してください。

 

3cmほどまで大きくなると大人のコリドラスと同じ餌を食べることができます。

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!