水槽のコケを食べてくれるタンクメイトにオススメの魚を紹介!!

2019年3月12日


 

茶ゴケ

熱帯魚の中には水槽のコケを食べてくれる魚がいます。水槽のコケを食べてくれる魚を水槽に入れていれば、水槽をいつも綺麗に保つことができます。今回の記事では、水槽のコケを食べてくれるタンクメイトにオススメの魚を紹介します。

 

熱帯魚を飼うと水槽の水換えや掃除など、やることが色々あって大変ですよね。

 

水槽の掃除の回数が減れば熱帯魚の飼育も楽になりますよね。水槽の掃除の回数を減らすには、水槽のコケを食べてくれる魚を一緒に飼育するのが良いです。

 

今回の記事では、水槽のコケを食べてくれる、タンクメイトにオススメの魚を紹介します。

 

それでは、タンクメイトにオススメの魚を紹介します。

 

 

1、オトシン

 

水槽のコケを1番食べてくれるのは、オトシンです。

 

オトシンは吸盤のような口で水槽のガラス面に張り付いて、ガラス面についているコケや水草についているコケを食べてくれます。

 

ただ、たくさん書いすぎると水槽内のコケを全部食べてしまって、食べられる餌がなくなって餓死してしまうことがあるので注意してください。

 

45㎝水槽の場合は、オトシンを1匹入れていれば水槽のコケを綺麗に食べてくれます。

 

1匹以上入れてしまうと、すぐにコケがなくなってしまって、オトシンはどんどん痩せていってしまいます。なので、水槽の大きさに合わせて飼う量を調整してください。

 

 

プレコ用のタブレット状の餌を与えて、餌付けすることもできますが、餌付けがうまくいかずに餓死してしまうことがあるので、最初は余裕を持って飼育しましょう。

 

オトシンの飼育になれてきて、餌付けができるようになってきたら、飼育する数を増やすようにしましょう。オトシンクルスの飼育方法は下記で紹介しているので、そちらも読んでみてください。

【オトシンクルスを飼おう!!】オトシンクルスの特徴と飼育方法を紹介!!

 

 

2、プレコ

 

プレコも水槽のガラス面についたコケを食べてくれます。

 

ただ、プレコはオトシンよりも歯が硬いので、アクリル水槽で飼育すると、アクリル水槽を傷つけてしまいます。小型のプレコだったらそんなに気にならないですが、大型のプレコを長い期間買っていると傷が目立ってきます。

 

水槽のタンクメイトとして飼育するなら、小型のプレコにしましょう。プレコは大きくなると気性が荒くなって他の魚と喧嘩をしてしまいます。

 

なので、水槽のタンクメイトとして色々な魚と混泳させる場合には、小型のプレコと一緒に飼育しましょう。タンクメイトとして飼うならブッシープレコがいいと思います。

 

ブッシープレコなら、他の魚と喧嘩もしないし、水槽のコケを食べてくれます。

 

セルフィンプレコもよくコケを食べてくれるますが、sただ、体長がブッシープレコなどの小型のプレコよしも大きくなります。

 

プレコには意外に大きく成長する種類がいるので、購入するときは体長がどのぐらいまで成長するのか確認してから購入しましょう。

 

また、プレコの中には、草食性の餌より肉食性の餌のほうが好きなプレコもいます。肉食性の餌が好きなプレコは水槽のコケは食べないので注意してください。

 

 

3、コリドラス

 

 

コリドラスは水槽のガラス面についたコケは食べてくれませんが、水槽の底砂についたコケや餌の食べ残しを綺麗に食べてくれます。

 

底砂が大きすぎたり、底砂に角があったりすると、底砂を口に含むことがなくなってしまうので、コリドラスを飼育する場合は粒が小さくて丸っこい底砂を敷くようにしてください。

 

底砂に含まれる食べ残しを食べてくれると、水質が悪化しずらくなるので、水槽の水換えの頻度が少なくなります。

 

餌はあげなくても、他の魚にあげている餌の食べ残しを食べるので大丈夫ですが、あまりに痩せているようなら、プレコ用のタブレット状の餌を与えてください。

 

今回紹介したコケを食べてくれる魚は全て飼育が簡単なので、水槽のコケ対策として水槽のタンクメイトとしてぜひ飼ってみてください。プレコを飼う前に用意しておきたい!プレコの飼育に必要なものを紹介