*

ミジンコを繁殖させよう!ミジンコを簡単に採取する方法と繁殖方法を紹介!!

公開日: : 最終更新日:2018/02/06 未分類

Pocket

ミジンコ

 

 

 

ミジンコは餌としていろいろな魚に与えられます。プレコなどの飼育にもとても役に立つのがミジンコです。プレコが産卵して卵が孵化をしたら、稚魚を育てるためミジンコは欠かせません。今回の記事では、ミジンコを採取する方法とミジンコの繁殖方法を紹介します。

 

 

 

プレコを繁殖させようと思う人や、稚魚を育てようと思う人は稚魚用の餌を用意しておく必要があります。

 

ブラインシュリンプを孵化させておくのも一つの手ですが、ブラインシュリンプを孵化させるのは意外に面倒くさいです。

 

ミジンコの場合は採取するのはそれほど難しくないし、繁殖させるのもそれほど難しくありません。

 

これから稚魚を育てようと思う人や、めだかなどの小さな魚を飼育している人はミジンコを採取しておくのがいいと思います。

 

今回の記事では、ミジンコを採取する方法と繁殖方法を紹介するので、興味がある人はぜひ読んでみてください。

 

 

 

それではミジンコを採取する方法を紹介します。

 

 

 

 

ミジンコを採取するためにミジンコを見つける

 

 

 

ミジンコを採取しようと思ったら、まずはミジンコを見つけましょう。

 

ミジンコは結構どこにでもいますが、たくさん捕まえようと思ったらミジンコがよくいる場所を見つける必要があります。

 

ミジンコがよくいる場所は、水草が浮いている池や池や川の近くに有る水溜りです。水辺近くの水溜りには高確率でミジンコがいます。

 

透明の水よりも少し濁っている水の方がミジンコは多く生息しています。水草が水面に浮いていたり、池の水が少し緑っぽくなっている池を探しましょう。

 

ミジンコがたくさん生息しているところには、それだけ水生昆虫もたくさん生息しています。田んぼなどにも多く生息しているので、近くに田んぼや池がある人は見に行ってみましょう。

 

ミジンコはある程度の数で集まっているので、ミジンコがいる場合はすぐにわかると思います。ただ、ミジンコは池の底にいることもあるので見えない時もあります。

 

日の出の前後や日の入りの前後は水面に浮いてくるので見つけやすくなると思います。

 

田んぼなどにミジンコを探しに行く時には農薬には注意しましょう。田んぼの水には農薬が入っていることがあります。農薬が入っていると他の生物が死んでしまうことがあります。特にエビなどの小さい生物を飼育している場合には注意が必要です。

 

ミジンコを採取する方法

 

 

 

ミジンコがいる場所を見つけたらミジンコを採取しましょう。

 

ミジンコを見つけることができれば、採取は簡単です。ただ、網でミジンコをすくうだけで採取することができます。

 

ただ、どこにミジンコがいるのかわからないと採取するのが難しくなります。日の入りの前後や日の出の前後だったらミジンコを目視で確認することができますが、その時間を逃すと目視で確認することができなくなります。

 

 

日の出と日の入りの時間に池や田んぼに行けない場合は夜に懐中電灯を持って行きましょう。

 

懐中電灯で水面を照らしているとそこにミジンコが集まってきます。ミジンコが集まってきたら、網を使ってすくってください。

ビンウォー(BINWO) 300m先まで照射 超高輝度 防水防災 LED 懐中電灯 ズーム式5モード調光可能 (ブラック)


オーエ サッとる 湯あかキャッチネット

目が荒い網だとミジンコがちゃんと取れないので、目の細かい網を用意していきましょう。お風呂に浮いている垢を取ったりする網がホームセンターなどで売っています。

 

そういった網の方が目が細くて使いやすいので、ミジンコを採取しにいくなら、1度探してみてください。

 

ミジンコを探すのが面倒な場合は購入するのがいいと思います。ミジンコはネットでも販売されているので、近くにミジンコが生息していない場合はそういったものを利用するのがいいと思います。

 

 

ミジンコの増やし方

 

 

 

ミジンコを採取したらバケツやプラケースなどに入れてエアレーションをかけておきましょう。ミジンコも水中の酸素濃度が下がってしまうと酸欠になって死んでしまいます。

 

水槽にコケが生えてきて水槽内の酸素濃度が上がればエアレーションもいらなくなりますが、最初はエアレーションをかけておくのがいいと思います。

 

あまりエアレーションが強くて水流が強くなるとミジンコは死んでしまうことがあるので、気をつけてください。エアレーションの強さを調整するには、エアー調整用のバルブを購入しておきましょう。

ミジンコは少ない数でも増えてくれるので、初めてでも簡単に育てることができます。ただ、全滅するのもすぐなので、ミジンコを増やす場合は一つの場所で育てるのではなく、株分けしておくと全滅を防ぐことができます。

 

 

ミジンコの飼育に必要なもの

 

 

ミジンコを飼育する場合にはミジンコをバケツかプラケースと園芸用の培養土か昆虫マット、エアレーション、カルキを抜いた水が必要になります。

 

 

プラケースに培養土を入れて、その中にカルキを抜いた水を入れます。一晩置いておくと培養土がそこに沈みます。この中にエアレーションをかけてミジンコを飼育します。

 

 

培養土や昆虫マットを入れておくと、中に微生物が繁殖するので、それを餌として勝手にミジンコが増えていきます。この時の、微生物だけでは餌が足りないようであれば、イースト菌や小松菜の粉末などを与えるようにしましょう。

 

 

日の当たる場所に設置しておくと、苔が発生して植物性のプランクトンが増えます。植物性のプランクトンもミジンコの餌になるので、プラケースは日の当たる場所に設置しておきましょう。あまり、水温が上がってしまうとミジンコが死んでしまうので、水量の少ない環境でミジンコを育てる場合は水温が上がりすぎないように注意しましょう。

 

ミジンコは過密状態になると繁殖しなくなります。大量にミジンコを育てたい場合は少し大きめの水槽をしょうするのでがいいでしょう。少し大きめの水槽であれば、水質も安定させやすいし、過密状態にもなりづらいので、たくさんのミジンコを育てることができます。

 

 

 

ミジンコの餌

 

 

ミジンコを増やすためには餌が必要です。ミジンコの餌にはドライイース、小松菜の粉末、グリーンウォーターが使われます。ミジンコは植物性のプランクトンを食べるので、小松菜の粉末じゃなくても植物性の粉末であれば大体だべます。

 

水質が安定すれば、日光に当てているだけで植物性のプランクトンが発生するので餌を入れなくてもミジンコを育てることができます。ドライイースはプランクトンの餌にもなるので、プランクトンが増えてミジンコの餌が増えます。

 

ミジンコを育てる時は、3〜7日に1回ぐらい少量餌を与えるようにしましょう。メダカなどを飼育していれば、グリーンウォーターを安定的に集めることができます。グリーンウォーターを安定的に集めることができる場合はグリーンウォーターで飼育するのが簡単です。

 

 

ミジンコは環境さえ整えば簡単に増やすことができます。餌として熱帯魚に与えても、食べ残しが水質を悪化させることもないので、熱帯魚用の餌としてもとてもおすすめです。コリドラスなどの稚魚を育てる場合にも使い勝手がよくてオススメなので、ぜひミジンコを育てて増やしてみてください。

 

 

 

ミジンコの繁殖方法はこちらの記事で詳しく書いているので、ミジンコを繁殖させようとしていて、死んでしまわないようにちゃんと飼育しようと思う場合はこちらの記事を読んでみてください。ミジンコを繁殖させるにはどうすればいいの?ミジンコの繁殖方法を紹介

 

 

 

おすすめの飼育セット

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット

エーハイム クラシックフィルター2213 ろ材付セット

関連記事

no image

マジックリーフってなに?マジックリーフの効果と使いかたを紹介

プレコを繁殖させたり、プレコの幼魚を飼育する場合はマジックリーフを使ってブラックウォーターを作るのが

記事を読む

no image

石を使ったかっこいい水槽のレイアウトの作り方を紹介

水槽のレイアウトってどうしたら良いのか迷いますよね。ただ流木を入れているだけでは何だか寂しい感じもし

記事を読む

no image

流木を使ってかっこいいレイアウトを作りたい人へ3つの注意点を紹介

  アクアリウムをやっていると、水槽のレイアウトをもっと格好良くしたいって思

記事を読む

ベアタンクで飼育するのメリットとデメリットを紹介

      プレコを飼育するには、ベアタンク

記事を読む

アクアリウム初心者でも簡単に飼えるミナミヌマエビの飼育方法を紹介!!

ミナミヌマエビはエビの中でも飼育が簡単な種類です。小型の熱帯魚と一緒に飼育することができるので、水槽

記事を読む

流木が浮いてしまってうまくレイアウトできい時の正しい対処法を紹介

    せっかく流木を買ってきたのに、水槽に入れてみたら浮い

記事を読む

アクアリウム初心者でも飼える飼育が簡単なエビを紹介!!

エビは熱帯魚と混泳させることができます。一緒に飼育する熱帯魚によっては食べられてしまうことも

記事を読む

no image

ブラインシュリンプを与えるメリットとは?ブラインシュリンプの使い方などを紹介

ブラインシュリンプって知ってますか?ブラインシュリンプはシーモンキーなどの仲間で、とても小さなエビの

記事を読む

プレコを通販で購入するときにチェックして欲しい3つのこと

      色々なペットショップを回ってみて

記事を読む

小型水槽で飼育できるオススメの熱帯魚を紹介!!

30㎝キューブ水槽などの小型水槽はとても人気の高い水槽です。身近な癒しアイテムとしてとてもオ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA