コリドラスを混泳させる時に気をつけて欲しい3つのこと

2019年3月12日

コリドラスは性格もおとなしいので、色々な魚と混泳させられることがあります。コリドラスは他の魚とケンカすることも少ないので、混泳に向いている魚ではありますが、相性の悪い魚もいるので混泳させる場合には気をつけてください。今回の記事では、コリドラスを混泳させるときに気をつけて欲しいことを紹介します。

[ad#co-1]

 

コリドラスは性格もおとなしくて、他の魚ともケンカをしないので、混泳に向いている魚ですが、混浴させる場合には一緒に飼育する魚や水槽のレイアウト、あげる餌の種類などには気をつけなければいけません。

 

 

今回の記事では、コリドラスを混泳させる時の注意点を紹介するので、コリドラスを混泳させようって考えている人はぜひ読んでみてください。

 

それでは、コリドラスを混泳させるときの注意点を紹介します。

 

 

 

1、土管を用意して隠れ家を作ってあげる

 

 

コリドラスを混泳させる場合には水槽の中に土管を入れて隠れがを作ってあげてください。一緒に飼育する魚にもよりますが、中にはコリドラスを虐める魚もいます。

 

追いかけ回されたり、ヒレを突かれてケガしてしまうことがあります。泳ぎの早い魚などと一緒に飼育していると、虐められてケガしてしまうことがあるので気をつけてください。

 

水槽の中に土管を入れて、隠れられる場所を用意してあげると、虐められていても隠れられるようになるので、ヒレなどをケガすることが少なくなります。

 

 

隠れ家を作る時は、飼っているコリドラスの数だけ隠れ家を造ってあげてください。

 

コリドラスは水槽の底の方を泳ぐので、プレコなどの水槽の底を泳ぐ魚とバッティングしたり、隠れられる場所が少ないと縄張り争いが勃発したりします。

 

なので、プレコなどの流木の隙間などを縄張りにする魚を飼育している場合には、その分の隠れ家も用意してあげてください。

 

2、餌はコリドラス用の物を用意する

 

 

コリドラスは底砂に含まれている餌の食べ残しを食べるので、底砂の掃除役として飼われることも多いです。でも、コリドラスはよく餌を食べるので、底砂に含まれている食べ残しだけでは足りません。

 

なので、コリドラスを混泳させる場合には、コリドラス用の餌を用意して、毎日ちゃんと餌をあげるようにしてあげてください。コロドラス用の餌は、ひかりクレストから出ているので、それが良いと思います。

 

みんなと同じ朝をあげていると、水槽の底にたどり着くまでに全部食べられてしまったり、コリドラスが食べようとしている餌を横取りされてしまいます。

 

 

コリドラス用の餌なら、サイズも大きくて一口で食べられるような大きさじゃないので、他の魚に横取りされることはありません。なので、コリドラスにちゃんと餌をあげようと思ったら、コリドラス用の餌をあげるようにしてください。

3、水質の変化に気をつける。

 

 

コリドラスに限らす、色々な魚を混泳させる場合には水質の変化に気をつけてください。飼育密度が高すぎると濾過が間に合わなくなって、水質はすぐに悪化してしまいます。

 

飼育密度は一緒に飼う魚によっても変わってくるので、混泳を始めたら毎日水質をチャックするようにしましょう。水質を調べるには、試験紙を使ってpHを計るか、pH計を購入してpHを計ってください。

 

 

1週間〜2週間ぐらい毎日pHを計ってどのぐらいで水質が悪化するかわかってきたら、pHを計る回数を少しずつ減らすようにしましょう。

 

一緒に飼う魚によってはすぐに水質が悪化してしまうので、pHを計測しながら、1週間に何回ぐらい水換えが必要なのか調べるようにしましょう。

 

水質を安定させることができるようになったら、少しずつpHを計る回数を減らして大丈夫です。試験紙はそれほど値段も高くないので、アクアリウムを始めようと思ったら購入しておくのが良いかもしれません。

 

 

コリドラスの飼育方法や飼いやすいコリドラスはこちらの記事で紹介しているので、コリドラスを飼おう!飼いやすいコリドラスと飼育方法を紹介します!!こちらの記事も読んでみてください。