初心者でも飼いやすい熱帯魚!プラティの特徴と飼育方法を紹介!!

2019年3月12日

プラティは熱帯魚の中でも体が丈夫で繁殖させるのも簡単なので、初心者の方にオススメの魚です。今回の記事では、プラティの特徴と飼育方法について紹介します。

 

プラティは可愛い見た目をしていて、性格もおとなしく温厚な魚です。飼育が簡単で繁殖も簡単に行うことができるので、初心者の方にオススメの熱帯魚です。

 

 

繁殖が簡単で品種改良も進んでいるので、色々な種類のプラティがいます。

 

値段も安くて簡単に育てられるので、これからアクアリウムを始めようと思う方はぜひ飼ってみてください。

 

こんの記事ではプラティの特徴と飼育方法を紹介するので、プラティを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

プラティとは

観賞魚として人気の魚で、尾ビレの付け根に半月模様があるので、ムーンフィッシュとも呼ばれています。

 

この尾びれの付け根の模様がミッキーマウスに見える種類もいて、ミッキーマウスプラティと言う名前で販売されています。

 

体長は5cm程度までしか成長しない小型の熱帯魚です。流通量も多く、非常に人気の高い魚なので、ホームセンターなどでも販売されています。

 

値段も安く1匹100円程度で購入することができて、体も丈夫なのでアクアリウムをこれから始めようと思う方にオススメの魚です。

 

プラティは凄まじい繁殖力を持っていて、放っておいても月に一回ぐらい稚魚を出産しています。

 

繁殖が簡単で品種改良が行われているので、カラーバリエーションが豊富で、多種多様な品種が販売されています。

 

プラティと似ている魚でモーリーという熱帯魚がいます。モーリーも簡単に飼育することができるますが、性格が荒いので他の魚を虐めることがあります。

 

また、モーリーは水温の変化にも弱いので、プラティに比べると飼育が難しくなります。

 

 

 

プラティの飼育方法

 

 

プラティの飼育に適した水槽

 

 

プラティは水温の変化に強い魚なので、小型の水槽でも問題なく飼育することができます。

 

2ペア程度であれば30cm水槽で飼育することができます。品種が多い種類なので、小型の水槽をいくつか用意して、品種ごとに飼育するのも楽しいと思います。

 

小さい水槽でも飼育できますが、簡単に繁殖するので、ある程度大きい水槽で飼育した方が後々管理が楽になります。

 

 

 

プラティの飼育に適したフィルター

 

 

小型水槽で飼育するのであればスポンジフィルターが値段も安く使いやすいのでオススメです。

 

エアレーションで動かすフィルターで、管理が楽で稚魚を給水口から吸い込まないので、繁殖させる方にもオススメです。

 

ただ、エアレーションを使うので、音が少しうるさいのと、濾過能力がそれほど高くありません。

 

大きな水槽を使う場合やなるべく静かなフィルターを使いたい場合は外部フィルターがオススメです。

 

 

 

プラティに最適な水質

 

 

本来の生息地は弱アルカリ性の水質なので、弱アルカリ性の水を好みます。

 

ただ、適応範囲が広いのでそんなに気にしないでも大丈夫です。酸性に傾かないように定期的に水換えをしておけば、問題なく飼育することができます。

 

水質の変化に強い魚ですが、長期間水換えをしなかったり、フィルターや底砂が汚れていたりすると体調を崩してしまうので注意してください。

 

 

プラティの飼育に適した餌

 

 

プラティは植物性の餌を好みますが、雑食の魚なのでなんでも食べます。

 

他に熱帯魚を飼っている場合や、飼う予定がある場合はそっちの魚に合わせても問題ありません。

 

 

プラティの繁殖方法

 

 

プラティはお腹の中で卵を孵化させて、直接稚魚を産みます。

 

簡単に飼育できる種類の熱帯魚なので、ペアで飼育していれば簡単に繁殖させることができます。

 

特に何もしないでも、勝手に繁殖することもあります。本格的に繁殖させる場合は、お腹が大きくなったメスを産卵ケースに隔離したり、繁殖用の水槽に隔離しましょう。

 

ウィローモスを水槽に敷き詰めておくと他の魚に稚魚が食べあれるのを防ぐことができます。

 

稚魚には親に与えてる餌を砕いて粉状に与えることができます。ただ、栄養バランスがあまり良くないので、ブラインシュリンプを孵化させて与えるのがいいと思います。