熱帯魚の飼育にオススメの生き餌!アカムシとイトメのメリットとデメリットを紹介!!

2019年3月12日

アカムシとイトメは熱帯魚の飼育ではポピュラーな生き餌です。色々な熱帯魚に与えられていますが、どうやって与えればいいのか、どうやって保存すればいいのかわからない方も多いと思います。今回の記事ではアカムシとイトメについて紹介します。

 

アカムシとイトメは色々な熱帯魚に与えられていて、熱帯魚によって稚魚を飼育するために欠かせない場合もあります。

 

栄養価も高いので、肉食魚の飼育にはとてもオススメな餌です。餌の食いが悪く、元気のない魚にもオススメです。

 

今回の記事ではアカムシとイトメについて紹介するので、保存方法や与え方がわかならい方はぜひ読んでみてください。

 

アカムシ

 

アカムシはユスリカという蚊の幼虫です。蚊の幼虫はボウフラが有名ですが、それとは又違った種類です。

 

栄養価が高いので、アロワナなどの肉食魚のベビーの飼育によく使われています。

 

 

アカムシのメリット

 

 

アカムシは栄養価が高いです。

 

なので、色々な魚やカエルなどのベビーを飼育するときに使われています。

 

また、冷凍のアカムシも販売されていますが、冷凍よりも生きているアカムシの方が栄養価が高いと言われています。

 

値段もイトメに比べて安く、流通量も多いので色々なペットショップで販売されています。低温を好むので、数日間であれば冷蔵庫で飼育することができます。

 

また、アカムシは冷凍のものも販売されているので、冷凍のもので冷蔵庫に入れておくだけでいいので、簡単に保存することができます。

 

 

アカムシのデメリット

 

 

デメリットは保存がきかないことです。

 

保存させるためには低温の水とエアレーションが必要になります。冷蔵庫で保存する場合は3日ぐらいまでしか持たないので数日したらまた買いに行く必要があります。

 

 

イトメ

 

 

イトメはイトミミズのことを言います。

 

アカムシと同じくよく与えられている生き餌です。アカムシよりも小さくて細いので、小さな熱帯魚でも食べることができます。稚魚の飼育や餌を食べない魚にオススメの餌です。

 

 

イトメのメリット

 

 

栄養価もよくて、美味しいのか魚の食いつきもいいです。

 

栄養価がいいので、肉食魚やナマズの稚魚の飼育によく使われています。弱っている魚にも最適なので、餌の食いが悪い場合は与えてみるのがいいと思います。イトメは水槽内で固まるので与えるときは、バラして与えてください。

 

飼育の難しい稚魚などを育てる場合は水槽内でイトメをバラしておくと勝手に食べてくれるので、元気に育てることができます。

 

 

 

イトメのデメリット

 

 

イトメはアカムシ以上に保存が難しいです。

 

水槽用のクーラーを使ってエアレーションを入れれば保存することができます。それでもロスは出ます。しかも毎日水換えをしないといけないので大変です。

 

エアレーションを入れているとエアレーションの周りにくっつくので、酸素が必要なんだと思います。

 

イトメの下にはイトメの死骸が溜まって水を悪くするので毎日ひっくり返して死んだイトメを吸い出してください。

 

水槽やクーラーを用意しない場合はアカムシと同じで、冷蔵庫に入れて保管してください。

 

 

あと臭いです。

 

 

ショップにもよりますが、汚い場合は洗浄する必要があります。

 

イトメは団子状に丸まっています。そのままバケツなどに入れて、水道の水で洗ってください。

 

バケツに水道水を入れると水流でイトメが撹拌されてゴミが上の方に浮いてきます。そうしたら浮いているゴミを水と一緒に流してください。

 

これを数回続けることで、イトメが綺麗になってきて、臭いも少なくなります。

 

そうしたらタッパーなどに移して冷蔵庫で保管するのがいいとおもいます。タッパーで保存する場合もタッパーの水は毎日交換するようにしましょう。

オススメの飼育ケージ

ジェックス グラステリア250 6点セット フィルター付

ジェックス グラステリアスリム450 6点セット水槽 奥行スリム

ジェックス グラステリア900 6点セット 外部フィルター付