アヌビアスナナは初心者向き!アヌビアスナナの育て方と活着方法を紹介!!

2018年6月2日

 

 

アヌビアスナナ

アヌビアスナナは水草の中でも代表的な種類で、飼育も簡単なので、初心者の人にオススメです。流木や岩に活着させることができるので使い勝手もいい水草です。今回の記事ではアヌビアスナナの育て方について紹介します。

 

水槽に水草を入れようと思うとどんなものがいいのか迷いますよね。水草は種類が多いので初めて水草を育成する場合は迷うことも多いと思います。初めて水草を育成する方に特におすすめなのがアヌビアス・ナナです。

 

アヌビアスナナはco2の添加も必要なく、底光量でも育てることができるので、初心者のでも育てやすい水草です。流木や岩にも活着させることができるので、管理も楽です。ウィローモスとは違ったレイアウトを作ることができて、アクセントにもなるのでオススメです。

 

今回の記事では、アヌビアスナナの育て方を紹介するので、水草を育ててみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

アヌビアスナナの特徴


(水草) アヌビアスナナ 付流木 SSサイズ(1本)(約10cm) 本州・四国限定[生体]
アヌビアスナナはアフリカに生息している水草です。

 

丸い葉で濃い緑色をしています。葉は厚く、茎もしっかりしていて、水流の影響はあまり受けません。葉っぱの大きさが4〜5cm程度と大きいので、見た目にも迫力があり、いいアクセントになります。

 

アヌビアスナナもウィローモスと同じように流木や岩に活着する性質を持つので、流木組みのレイアウトにも相性がいい水草です。

 

飼育が簡単なので、初心者向けの水草で人気の高い種類です。人気も高く、流通量も多いので、水草が販売されているお店であれば、どこにでも販売されています。

 

ウィローモスなどと同様に陰生植物なので、強い光量が必要なく、流木の陰でも育てることができます。co2を添加しなくても育てることができますが、co2を添加させた方が成長するスピードが早くなります。

 

 

co2・光量について

 

アヌビアス・ナナは水草の中でも特に丈夫な種類です。

 

日陰でも二酸化炭素を添加しなくても育てることができます。植物なので光合成をすることで成長します。適度に光量や二酸化炭素があったほうが成長は早くなるので、アヌビアス・ナナを水槽に入れる場合は適度に光量を当てるようにしましょう。

 

 

成長が遅い

 

アヌビアス・ナナは成長の遅い水草です。

 

水草を育てる場合は成長が早い方がいいという方もいると思いますが、成長の早い水草はその分トリミングや植え直しをしなければいけません。

 

アヌビアス・ナナは成長が遅いので、トリミングをする頻度が少なく、お世話が楽なのも水草初心者の方にオススメの理由です。

 

 

アヌビアス・ナナの導入方法

アヌビアス・ナナはポットのまま水槽に入れておくことができます。

 

ポットのまま置いておいても大丈夫ですが、成長すると目詰まりを起こしてしまったり、ウールロック内の残留農薬が水槽に入ってしまうことがあります。

 

なので、アヌビアス・ナナを水槽に入れる場合はポットから外してウールマットをとり、綺麗に洗ってから水槽に入れるようにしましょう。ポットは根元を持ってそっと引き抜けば外すことができます。

 

 

株分けをする

 

販売されているアヌビアス・ナナは複数の株が一緒にポットに入っています。そのまま入れていると過密状態でうまく成長しないことがあるので、ポットから外したら株分けをしてから植えたり、活着させるようにしましょう。

 

ポットから外すときに茎や葉っぱが折れてしまうことがあります。折れた部分から溶けてしまうので、折れた部分は取り除くようにしましょう。

 

水草に腐った部分があると水質の悪化につながるので、黒ずんでいる茎や元気のない葉は取り除いておきまyそう。

 

アヌビアスナナを育てる時の注意点

 

 

 

アヌビアスナナはコケの被害が合いやすいです。アヌビアスナナは簡単に育てられる水草ですが、成長が遅いのでコケが付きやすきです。

 

 

アヌビアスナナに限らす成長の遅い水草はコケがつきやすいので注意してください。ただ、アヌビアスナナは葉っぱが硬いので、コケを落とすのは他の水草に比べて簡単にできます。

 

コケ対策をする場合はコケ取り用の生態を入れるのがいいと思います。コケ取り用の生態を入れすぎると水草まで食べてしまいますが、アヌビアスナナは葉っぱが硬いので、食害に合うことはあまりありません。

 

コケ取り用の生態はミナミヌマエビやオトシンクルスなどを入れておくのがいいと思います。オトシンクルスの飼育方法は下記で紹介しているので、そちらも読んでみてください。

【オトシンクルスを飼おう!!】オトシンクルスの特徴と飼育方法を紹介!!

 

 

 

アヌビアスナナを活着させる方法

 

 

 

アヌビアスナナは流木や岩などに活着させることができます。ソイルや礫に埋めて育てることもできますが、活着させた方が水槽から取り出すことができるので、管理が楽になります。

 

アヌビアスナナは購入したときはポットに入っていることが多いです。ポットに入っている場合はポットから取り出して、ロックウールを外しましょう。

 

ロックウールを外したら、アヌビアスナナの根っこを2〜3cm程度に切ります。根を切ることで新しく根が生えるので、流木などに活着します。切らないと活着しないので注意してください。

 

根を切ったらロックウールが残っていないか確認して、残っている場合はピンセットなどで取り除いてください。巻きつける前に水草に付着している害虫の卵や農薬を除去しておきましょう。「水草その前に」などの商品があります。

 

農薬を100%除去することができるわけではありませんが、やっておくのがいいと思います。

 

水草の準備ができたら、流木や岩に巻きつけていきましょう。

 

ウィローモスは活着が早いので木綿糸を使って活着させることができますが、アヌビアスナナは成長が遅いので1ヶ月程度では活着させることができません。なので、アヌビアスナナを活着させる場合はビニールタイか釣り糸を使って巻きつけましょう。

 

 

水草を入れるときは農薬に気をつけて!水草の農薬を除去する方法を紹介!!

水草初心者でも簡単!co2や肥料がなくても簡単に育てられる水草を紹介!!

綺麗な花を咲かせる水草!ブセファランドラの育て方と活着方法を紹介!!