水草がうまくレイアウトできない!!水草をレイアウトするときのコツと注意点を紹介

2015年2月2日

水草がうまくレイアウトできない!!水草をレイアウトするときのコツと注意点を紹介水草

水草を水槽にレイアウトする場合は注意しなければいけないことがあります。飼っている魚の種類によって、相性のいい水草があったり、どこに何を植えればいいかわからないことも多いと思います。今回の記事では、水草をレイアウトするときに注意してほしい3つのことを紹介します。

水草を水槽に入れるだけで、水槽の見栄えはすごくよくなりますよね。

ただ、水草を水槽に設置しても、すぐにバラバラになってしまったり、思ったように綺麗なレイアウトで水草を植えることができなかったりします。

水草をかっこよくレイアウトするには、飼育している熱帯魚との相性やどこに何を植えるかが重要になります。綺麗なレイアウトを作るにはいくつかルールがあるので、ルールを守って水草を植えることでカッコイイレイアウトを作ることができます。

今回の記事では水草をレイアウトするときに注意してほしいことを紹介するので、すぐに水草をバラバラになってしまう人や、ちゃんと設置できずに水面に水草が浮いてしまう人はぜひ読んでみてください。

それでは水草をレイアウトするときに気をつけて欲しいことを紹介します。

水草初心者でも簡単!co2や肥料がなくても簡単に育てられる水草を紹介!!

綺麗な水草水槽の作り方

それでは簡単に綺麗な水草水槽の作り方について紹介します。

構図について

構図によって水槽の見た目は大きく変わります。

構図には3パターンあり、この構図を意識して水草や流木をレイアウトすることによって、綺麗なレイアウトを作りやすくなります。

構図には三角構図・凸構図・凹構図の3種類があります。構図についてはこちらの記事で紹介しているので、そちらも読んで見てください。かっこいいレイアウトを作ろう!アクアリウムの基本的なレイアウトテクニックを紹介!!

簡単に説明すると、三角構図が右上がりや左上がりにレイアウトを設置する構図、凸構図は真ん中を頂点に左右が低くなるようにレイアウトする構図、凹は真ん中が低くなっていて、左右が高くなっている構図です。

三角構図が1番作りやすいと言われているので、初めて水草水槽を作ろうと思っている方は三角構図がオススメです。

前景草・中景草・後景草について

手前に植える水草を前景草、後ろに植える水草を後景草、その真ん中に植える水草を中景草と言います。

水槽のレイアウトは手前から奥に向かってレイアウトが高くなっている方が立体的になり奥行きが出てかっこいいレイアウトを作ることができます。

そのため、水槽内を大きく手前、中央、背景に分けて水草や流木などを設置します。

前景から光景になるについれて徐々に葉の細かい水草を使用することによって奥行きが出てかっこいいレイアウトを作ることができます。

背の低い水草が前景草、中くらいのものが中景草、背の高いものが後景草と呼ばれています。前景草は前景に、後景草は後景に配置した方が綺麗なレイアウトを作りやすいですが、あくまでも目安なので自分で考えながら楽しむのがいいと思います。

植える水草の種類について

植える水草の数が多い方が豪華で華やかな見た目になりますが、多すぎると乱雑で汚い印象になりやすいです。

初めて水草水槽を作る場合は植える水草の種類を抑えて水草をレイアウトするのがオススメです。

30cm水槽であれば水草の数は5種類ほど、45cm水槽であれば10種類ほどに抑えるようにしましょう。

水草をレイアウトするときの注意点

飼っている魚に合わせて水草を選ぶ

水草を水槽にレイアウトする場合は、飼っている魚に合わせて水草を選びましょう。

プレコを飼育している水槽に、モスなどの水草を設置しても全て食べられてしまいます。他にも、泳ぐのが早い魚を飼育している水槽に葉が細い水草を設置してしまうと、すぐにバラバラになってしまいます。

泳ぐのは早い魚を飼っている水槽に水草をレイアウトする場合には、水面に浮くような水草にするか、葉がしっかりしているアマゾンソードなどの水草にしましょう。

プレコなどの草食性の強い魚を飼育する場合もアマゾンソードなどの葉が丈夫な水草が良いと思います。葉が細かったり柔らかかったりすると草食性の強い魚を水草を食べてしまいます。

水草がバラバラになったりする人は水草と飼っている魚の相性が悪いのかもしれません。

丈夫にレイアウトする

水草がすぐにバラバラになる場合にはしっかりと丈夫に水草をレイアウトしましょう。水草をレイアウトするときは、底砂に埋めたりする人が多いと思います。

でも底砂をいじるコリドラスや早く泳ぎ回るような魚を飼育している場合は、底砂に水草を埋めているだけでは、すぐに外れて水面に浮いてきてしまいます。

なので、水草がすぐに浮いてきてしまう人や、水草がすぐにバラバラになる人は丈夫にレイアウトしてください。

水草がバラバラになったり、水面に浮いてきたりしないようにレイアウトするには、流木にくくりつけるか、吸盤にくくりつけて設置する方法があります。

流木にくくりつける方法

流木に水草をくくりつければ、水草が水面に浮いたりバラバラになったりすることはなくなります。

流木に水草をくくりつける方法は、ただ、釣り糸を使って流木にくくりつけるだけです。

水草を買うと付いている綿の上から釣り糸を巻いて、流木にくくりつけてください。これだけで十分丈夫になります。

活着水草は管理が楽!活着させることができる水草を紹介!!