水槽の管理に必要なメンテナンスとは?水換えなど必要なメンテナンスを紹介!

2019年4月3日


アクアリウムをしていると水槽の掃除や水替えなど定期的にメンテナンスする必要があります。今回の記事では水替えなど水槽のメンテナンス方法を紹介します。

 

 

ちゃんと定期的にメンテナンスをしないと水質が悪化してしまったり、水槽が汚れて見た目も悪くなってしまいます。

 

水替えや水槽の掃除は少し面倒なので、アクアリウムを始めてみたいと思っていても、なかなか始められない人も多いと思います。ただ、水槽の水換えや掃除を楽にする方法もあります。

 

今回の記事では水替えや水槽の掃除など水槽のメンテナンス方法について紹介するので、アクアリウムを始めてみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

水換えが必要に理由

 

 

熱帯魚などの生体を飼育しているとフンや餌の食べ残しが水槽内に溜まります。

 

フンや餌の食べ残しからアンモニアが発生するので、日々水が汚れていきます。なので、濾過フィルターを設置してバクテリアを住み着かせて、バクテリアの働きによってアンモニアなどの有害物質を濾過します。

 

バクテリアがいて。濾過サイクルがしっかり機能していても、いつまでも水槽の水は綺麗なわけではなく、少しずつ汚れていきます。

 

なので、定期的に水換えをしてバクテリアが分解できない有害物質を水槽から排除する必要があります。

 

 

 

水換えの頻度

 

 

水換えの頻度は、濾過フィルターの能力によって異なります。

 

また、水草を育成するために肥料やco2を添加させていて、添加量が多すぎると苔が大量に発生してしまうことがあります。

 

そういった場合は水換えの頻度が多くなります。また、水槽を立ち上げたばかりだとバクテリアの数が少なく、水質が悪化しづらいので、水換えの頻度を多くする必要があります。

 

飼育する生体が多いフンが多くなるので、水質も悪化しやすくなります。なので、飼育する生態の数にもよりますが、バクテリアが住み着いていて、水質が安定している場合は週に1度ぐらいの水換えで水質を管理することができます。

 

 

 

水換えの量とは

 

 

水槽の状況にもよりますが、だいたい3分の1ぐらいが目安になります。

 

水をたくさん変えてしまうと水質が急激に変わってしまって、熱帯魚やエビなどの生態に負担をかけてしまいます。

 

生体だけでなく、バクテリアも死んでしまって、水質が悪化しやすくなるので、水の変えすぎには注意してください。

 

 

 

水換えに必要な道具

 

 

水換えをする時にあると便利な道具を紹介します。

 

 

プロホース


水作 プロホース エクストラ L
サイフォンの原理を使って水槽の水を抜くことができる道具です。

 

ポンプ部分を何回か押すと水を組み上げることができて、一度水が出たらあとは放っておいてもサイフォンの原理で勝手に水が抜けていきます。

 

 

自動ポンプ


ジェックス ラクラク水かえくん
お風呂の水を抜くようのものやアクアリウム用として販売されています。

 

大型水槽だと抜く水の量も多いので、自動ポンプがあると便利です。自動ポンプは電動で水を汲み上げることができるので、普通に水換えをするよりも簡単に水換えをすることができます。

 

ホース部分も長くすることもできるので、水槽から抜いた水をそのまま外などに排出することができます。

 

自動で水を抜くことができるので、ちょっと目を離すと水を抜きすぎてしまうことがあるので注意してください。

 

 

バケツ


リス『使い易いバケツ』 ベルクバケツ 15SB 本体 ブルー
どんなものでも十分です。少し大きめのものを用意しておくと、何度も水を捨てに行かなくても良くなります。

 

 

カルキ抜き


テトラ (Tetra) アクアセイフ プラス 100ml
塩素を中和するためにカルキ抜きが必要です。カルキは熱帯魚やエビなどにダメージを与えるだけでなく、バクテリアにもダメージを与えるので注意してください。

 

水を汲み置きしてカルキを抜くこともできますが、日のあたり方によってカルキの抜け方も違うので、季節によってカルキが抜ける時間が違います。

 

なので、汲み置きをするよりもカルキ抜きを使ったほうが完全にカルキを抜くことができるのであったほうがいいと思います。

 

 

 

水換えのやり方

 

 

水換えをする時はプロホースや自動ポンプを使って水を抜きます。水を抜く時は底砂の掃除を一緒にしましょう。

 

フンや餌の食べ残しは底砂の隙間に溜まっていきます。フンや餌の食べ残しが溜まっていくと水質の悪化に繋がってしまうので、定期的に掃除するようにしましょう。

 

プロホースを底砂に当てるとゴミを吸い上げることができます。場所を変えながら底砂の中のゴミを吸い出すことで、倉庫砂を掃除することができます。

 

底砂の中にもバクテリアが繁殖していて、掃除をすると減ってしまうので、底砂の掃除は半分ずつやるようにしましょう。

 

水を抜いたら中和剤を入れた水を入れれば水換えは終了です。水温の違う水を入れると水温が結構変わってしまうので、同じぐらいの水温の水を入れるようにしましょう。

 

 

 

フィルターの掃除

 

 

 

水換えをしていてもフィルターが汚れると水質が悪化するようになります。

 

フィルターはバクテリアの住処にもなっているので、毎回洗っているとバクテリアの数が減ってしまって、水質が悪化しやすくなります。

 

なので、濾過フィルターは6ヶ月に1回か1年に1回ぐらいに掃除をするだけで大丈夫です。

 

フィルターを掃除する時はカルキの入っている水で洗ったり、じゃぶじゃぶ洗ったりするとバクテリアの数が少なくなってしまうので気をつけてください。

 

濾過フィルターを洗う時は飼育水を使って軽くゆすぐ程度にしておきましょう。また、ウールマットが茶色くなったら交換するようにしましょう。