ロイヤルプレコは何を食べる?ロイヤルプレコにオススメの餌を紹介!!

2020年3月28日

ロイヤルプレコは何を食べる?ロイヤルプレコにオススメの餌を紹介!!ロイヤルプレコ

ロイヤルプレコはプレコの中でも愛嬌があり、可愛らしいのでとても人気の高いプレコです。可愛らしいプレコなので飼ってみた方も多いと思います。今回の記事ではロイヤルプレコの餌について紹介します。

ロイヤルプレコは熱帯魚ショップでは小さいものから大きなものまで販売されています。がっちりした体格と綺麗なストライプ模様の綺麗なプレコで、見た目も可愛らしいので飼育してみたい方も多いと思います。

プレコの中でも人気の種類で、飼育してみたい方も多いと思いますが、他のプレコとは食べる餌が少し違います。ロイヤルプレコがどんな餌を食べるのかわからないことも多いと思います。

今回の記事ではロイヤルプレコの餌について紹介するので、ロイヤルプレコを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

ロイヤルプレコを混泳させるにはどうしたらいいのか?喧嘩させずに混泳させる方法を紹介

ロイヤルプレコについて

ロイヤルプレコはコロンビアやベネズエラに生息しているプレコです。

プレコの中でも昔から人気がありよく知られている種類です。ロイヤルプレコはプレコの中でもかなり大型の種類で、成長すると40cmほどまで成長します。プレコは3〜5cmほどの幼魚が販売されていることが多いですが、大きくなることを知らずに購入してしまうとお世話が大変になってしまうので気をつけてください。

ロイヤルプレコは幼体の時はストライプ模様が入っていますが、個体によっては成長するに連れてストライプ模様が途中で切れてスポット模様になることがあります。スポット模様になっている部分が半分だけだとハーフスポット、全体がスポット模様になっているとフルスポットと言う名前が付きます。

ロイヤルプレコは何を食べる?

ロイヤルプレコは草食性の強い熱帯魚で、野生下では流れのある川の中で、岩や流木などに張り付きながら、そこに生えているコケなどを剥ぎ取りながら食べています。ロイヤルプレコなどのプレコは繊維質の食べのもを消化することができるようにとても長い腸を持っています。

草食性の餌を消化するのに適した体をしているので、肉食性の餌ばかり食べてしまうと内臓に負荷がかかってしまうので、与える餌はプレコの飼育にあった植物性の餌を与えるようにしましょう。

ロイヤルプレコとタイガーぺコルティアの2種類は流木を分解することができる微生物を体内に持っている珍しい魚です。流木に張り付き流木をかじりながら流木を食べることができます。

ロイヤルプレコの餌について

流木を食べることができるので、流木だけで飼育することができると言われていますが、自然下では流木や倒木の他にコケや水草など様々なものを食べています。流木だけで飼育できると言われていますが、流木だけでなく様々な餌を与えるようにしましょう。

流木

ロイヤルプレコ は流木を削って食べることができます。

流木を入れておくとずっと流木に張り付いています。流木はシェルターの代わりにもなり、ロイヤルプレコの餌にもなるので、飼育する場合は流木を入れておきましょう。

ロイヤルプレコを飼育している水槽に流木を入れておくと、ロイヤルプレコが流木を削って削りカスがたくさんでます。掃除が大変になってしまうので、ロイヤルプレコを飼育する際はベアタンクがオススメです。

人工餌

キューリンなどから販売されているプレコ用のタブレット状の餌で飼育することができます。

ただ、体長が大きくなると餌を食べる量も多いので、プレコなどの人工餌はロイヤルプレコが小さいうちは人工餌で飼育して、大きくなったら人工餌の他にも餌を入れておくようにしましょう。

プレコ用の餌はキューリンの他にもテトラなどからも出ているので、使いやすいのを使用するのがいいと思います。

クヌギ

created by Rinker
ペットグッズ・りりあ
¥1,500(2022/11/30 23:04:10時点 Amazon調べ-詳細)

ロイヤルプレコはクヌギの木も食べることができます。

クワガタを繁殖させるときの使用されるクヌギの産卵木がロイヤルプレコの餌として使用されることが多いです。流木よりも柔らかいので、プレコも食べやすく餌にオススメです。柔らかいので、食べているのが確認しやすいです。

クヌギの木を入れておくとロイヤルプレコが食べてどんどん細くなって行きます。

そのまま水槽に入れてしまうと木が浮いてしまいます。なので、クヌギを入れる時は吸盤にクヌギを巻きついて水中に貼り付けるのがいいと思います。

最後に

ロイヤルプレコはクヌギや流木を食べてくれるので、毎日餌を与える必要がなく飼育が簡単です。

熱帯魚を飼育していると旅行に行ったりするのが大変な場合もありますが、ロイヤルプレコであれば水中にある流木などを食べてくれるので、安心して家を開けることができます。

流木やクヌギだけでも飼育することができますが、痩せてしまうこともあるので、数日おきにプレコ用の人工餌を与えておくのがいいと思います。

プレコは痩せてくると目が凹んできます。骨格が硬いので痩せているのが確認しづらいので、プレコが痩せているかどうかは目を見て確認するのがいいと思います。

プレコを飼うなら水流を作ろう!プレコ水槽の水流の作り方を紹介!!

ロイヤルプレコを混泳させるにはどうしたらいいのか?喧嘩させずに混泳させる方法を紹介

プレコにはどんな餌を与えればいいのか?おすすめの餌を紹介