ピクタスってどんな魚?ピクタスの特徴と飼育方法を紹介

2019年3月12日


ピクタスは銀色の体に黒いスポット模様が綺麗な魚です。ナマズの中でも綺麗な種類の魚だし、ナマズにしては元気に泳ぎ回るので飼っていても楽しいです。今回の記事ではピクタスの特徴と飼育方法を紹介します。

[ad#co-1]

 

 

ピクタスはコリドラスにも似た様な見た目をしているナマズの仲間です。見た目はコリドラスに似ていますが、特徴は全然違うので、飼うときはピクタスの特徴をしっかりわかってから飼うようにしましょう。

 

飼育は多少を難しいですが、水温の管理や水質の管理がしっかりできれば病気になることもなく簡単に飼育することができるので、アクアリウムに慣れてきた人はぜひ買ってみてください。

 

今回の記事では、ピクタスの特徴と飼育方法を紹介するので、飼ってみたいと思う人はぜひ読んでみてください。

 

それではピクタスの特徴と飼育方法を紹介します。

 

 

 

ピクタスの特徴

 

ピクタスはナマズの中でも見た目の綺麗な魚です。

 

また、ナマズ系の魚は流木の隙間でじっとしていたり、水槽の底面でじっとしている魚が多いのですが、ピクタスは活発に水槽内を泳ぎ回ります。

 

複数のピクタスを同じ水槽で飼育すれば、群れになって水槽内を泳ぎ回る姿が見れるので、飼っていても楽しいと思います。

 

ピクタスには長いヒゲが付いているのが特徴的です。餌をあげるとヒゲを動かして餌を探すので、とても可愛いです。

 

ピクタスの体長は最大で10㎝ぐらいにまで成長します。寿命は長いものでは10年ぐらいい生きます。

 

そこまで大きく成長しないので、生涯とおして小さな水槽でも飼育することができて、飼いやすいと思います。

 

ピクタスを飼育するときの注意点

 

 

ピクタスは意外に飼育が難しい種類の魚です。

 

ピクタスは結構水質の変化に弱い面があるので、プレコやコリドラスなどを飼ってみて、ある程度熱帯魚の飼育に慣れてきたら飼育するのがいいと思います。

 

ピクタスを飼育するには、pHを定期的に調べたり、水温をしっかり安定させるようにしましょう。pHは7前後で安定させて、水温は26度前後で安定させてください。

 

短時間で急激に水温が変化してしまったり、急激にpHが下がってしまったりすると病気になったり、最悪の場合死んでしまったりします。

 

なので、季節の変わり目などは水温や水質が変化していないかしっかり確認するようにしましょう。

 

餌は人工餌も食べますが、イトメや赤虫といった生き餌も好物でよく食べます。餌を与えすぎてしまうと、水質がすぐに悪化してしまうので、様子をみて食べきれる量を与えるようしてください。

 

ピクタスを混泳させる時の注意点

 

 

ピクタスは群れて泳ぐ種類の魚なので、ピクタスを複数飼育する場合は問題ないのですが、ピクタス以外の魚と一緒に飼育する場合には注意が必要です。

 

ピクタスは結構水槽内を泳ぎ回るので、神経質な魚との混泳はさせないようにしてください。

 

また、ピクタスの口に入るぐらい小さな魚と混泳させるのはやめてください。ピクタスは意外に凶暴なので口に入る魚は食べてしまいます。

 

カラシンなどと一緒に飼育すると食べられてしまうので気をつけてください。

 

体は小さいですが、泳ぐ力は強いので、水槽内に水草を入れていると水草のレイアウトをめちゃくちゃにされてしまうので、水草は入れないほうが良いと思います。ナマズってどうやって飼えばいいの?ナマズの飼い方を紹介