アクアリウムを始めよう!アクアリウムを始めるときにオススメの水槽を紹介!!

2019年4月3日


アクアリウムは室内で自然を感じることができて、心を癒してくれます。アクアリウムは難しいイメージがありますが、意外に簡単に始めることができます。今回の記事ではアクアリウムを始める方にオススメの水槽を紹介します。

 

 

アクアリウムはとても綺麗なので、部屋にあるととても癒されます。最初は難しいイメージがあるかもしれませんが、道具をしっかり揃えれば誰でも簡単に始めることができます。

 

近年はおしゃれでインテリア性の優れている水槽も販売されています。

 

今回の記事では、アクアリウムを始める方にオススメの水槽を紹介するので、アクアリウムを初めてみようと思う方はぜひよんでみてください。

 

 

 

見た目が綺麗なインテリア水槽

 

 

 

インテリア水槽はおしゃれな作りになっていて、管理も楽なので初心者の方にオススメです。

 

水槽、照明、濾過フィルターが一体になっている水槽です。見た目が綺麗で簡単に設置することができるので、初心者の方にオススメです。

 

ただ、どこかが壊れたら全て交換する必要があるので注意してください。

 

 

 

管理が楽な30cmキューブ水槽

手頃な大きさで、設置が楽で管理もしやすく、見た目も綺麗な30cmのキューブ水槽もオススメです。

 

水草水槽も作りやすく、水換えも楽なので、初心者の方でも管理しやすいと思います。

 

見た目を気にする方は、30cm水槽と外部フィルターのセットがおすすめです。外部フィルターであれば、水槽の周りがゴッチャゴチャせずスッキリさせることができます。

 

 

30cm水槽は小さいので、水草を植えるにしても水草の量が少なくてすみます。簡単に水草水槽が作れて、お金をあまりかけずに作ることができるので、初めて水槽を作る方は30cm水槽がおすすめです。

 

30cm水槽は見た目は小さいですが、水が入ると結構重くなるので、水槽を置く台が弱いものだと台が歪んでしまうことがあります。

 

 

なので、30cm水槽でもしっかりした台に設置するか水槽台を用意するのがいいと思います。

 

 

 

水質が安定しやすい60cm水槽

水量が多い方が水質は安定します。

 

 

なので、水槽を設置する場所がある方は60cmぐらいの大きな水槽を使うのがいいと思います。

 

水量が多いと飼える魚の量も多く、水質も悪化しづらいので、初心者の方でも安全に熱帯魚を飼育することができます。

 

ただ、60cm水槽は水を入れてなくても重いですが、水を入れると100kg近くなってしまいます。

 

一人だど設置するのも大変ですし、水換えの量も多くなるので、管理が大変になってしまいます。

 

水を入れると重くなるので、水槽台を用意してちゃんと水平に設置するようにしましょう。

 

また、凝ったレイアウトの水槽を作ろうとすると植える水草の量も増えるので、初期費用も30cm水槽に比べて高くなります。

 

 

 

初心者にオススメのフィルター

 

 

 

外掛けフィルター

外掛けフィルターは掃除も楽で、管理も楽で、値段も安いので初心者にオススメのフィルターです。

 

簡単に設置することができて、簡単に掃除することができるので、管理が楽です。ただ、濾過能力はそこまで高くありません。

 

 

 

外部フィルター

外部フィルターは濾過能力が高くて、見た目もスッキリするので、オススメです。

 

ろ材も他のフィルターに比べてたっぷり入るので、バクテリアも繁殖しやすく、水質も安定させやすいです。

 

ただ、他のフィルターに比べて値段は高く、管理も大変です。掃除が大変になりますが、水質は安定させやすく、見た目もスッキリするので、かっこいいレイアウトの水槽を作りたい方にはオススメです。

 

水草水槽を作る場合は外部フィルターがオススメです。水草水槽を作る場合はco2を添加する必要があるんですが、上部フィルターや外掛けフィルターだと水が空気に触れる機会が多いので、co2が抜けやすいです。

 

その点外部フィルターはco2が抜けづらいので、水草水槽との相性がいいです。