飼いやすくてオススメ!レッドビーシュリンプの特徴と飼育方法を紹介!!

2019年3月12日

レッドチェリーシュリンプは見た目も可愛く人気のエビです。飼育も簡単で繁殖させることもできるので、初心者の方にオススメです。今回の記事では、レッドチェリーシュリンプの飼育方法を紹介します。

 

 

レッドチェリーシュリンプは飼育が簡単なので、初心者の方にもオススメです。

 

小さくて発色が綺麗なので、女性にも人気の高いエビです。値段も安く、流通量も多いので、ホームセンターでも販売していることがあります。

 

小さい水槽で飼育することができて、小さいエビで、水草水槽との相性もいいです。

 

今回の記事ではレッドチェリーシュリンプの飼育方法を紹介するので、レッドチェリーシュリンプを勝ってみたい方はぜひよんでみてください。

 

 

レッドチェリーシュリンプの飼育に必要なもの

 

レッドチェリーシュリンプを飼育するのは簡単です。飼育に必要な道具も少なく、簡単に飼育することができます。

 

簡単にレッドチェリーシュリンプの飼育に必要なものを紹介します。

 

 

 

水槽

水槽は小型のもので、飼育することができます。

 

ただ、大きい水槽の方が水質は安定するし、ちゃんと飼育していると勝手に繁殖して増えてしまうので、大きな水槽の方が飼いやすいと思います。

 

繁殖を目指す場合は繁殖用の水槽を別に用意するのがいいと思います。

 

 

 

フィルター

フィルターは外部フィルターか上部フィルターがいいと思います。

 

上部フィルターは濾過能力が高く、管理も楽なので、アクアリウムに慣れていない方は外部フィルターがいいと思います。

 

レッドチェリーシュリンプは水草水槽との相性がいいので、いずれ水草水槽を作ろうと思う方は外部フィルターがオススメです。水草水槽を作る場合はco2の添加が必要になます。上部フィルターは水が空気に触れる機会が多いので、co2が抜けやすいです。

 

なので、水草水槽を作るならco2が抜けづらくて、見た目もスッキリする外部フィルターを使うのがいいと思います。

 

 

 

底砂

底砂はソイルがオススメです。

 

ソイルを入れておくことでシュリンプに適した弱酸性に傾ける効果があります。ソイルは水草を育てるのにも役立つのでオススメです。

 

 

 

エアレーション

シュリンプは酸欠になりやすいので、エアレーションが必要です。

 

水草水槽でco2を添加している場合は夜間はco2の添加を止めて夜間の間だけエアレーションをかけるようにしましょう。

 

 

 

水草

水草についている苔を食べるので、水草を入れておきましょう。

 

水草は管理の楽なウィローモスがオススメです。ウィローモスは水槽に入れておくだけで勝手に増えるので、初心者の方でも簡単に増やすことができます。

 

 

 

レッドチェリーシュリンプの飼育環境

 

 

レッドチェリーシュリンプは比較的暑さにも強いので、夏場でも30度を超えなければ問題なく飼育することができます。

 

適温は23〜27度です。夏場に30度を超えてしまう場合はクーラーやファンを使って水温を下げるようにしましょう。phは6〜7の弱酸性の水質を好みます。日本の水道水はph7なので、ソイルなどを入れて少し弱酸性に傾けるようにしましょう。

 

 

 

レッドチェリーシュリンプにオススメの餌

 

 

基本的には水草についている苔や熱帯魚の餌の食べ残しを食べてくれます。

 

ただ、シュリンプだけで飼育していると苔だけでは足りなくなってしまうので、エビ用の人工餌を与えるのがいいと思います。

 

雑食でどんなものでも食べるので、熱帯魚の餌がある場合はそういったものを与えるのがいいと思います。

 

 

 

レッドチェリーシュリンプの繁殖方法

 

 

 

レッドチェリーシュリンプは飼育環境が整って入れば勝手に繁殖します。

 

オスとメスが水槽に入っていて、水温が20度以上であれば抱卵します。ただ、卵が孵化しても、他の熱帯魚と混泳させていると食べられてしまいます。

 

 

食べられないようにするには、水草水槽で飼育して小型の魚が入れない場所を作るか、水槽の下にウィローモスを敷き詰めて稚エビの隠れ場所を作ってあげましょう。

 

稚エビは2〜3週間ぐらいで1cm程度まで成長して小型の魚にも食べられないようになります。

 

水温が高い方が抱卵から孵化まで早くなるので、早く繁殖させたい場合はヒーターを使って水温を25度ぐらいに安定させておきましょう。