PHってなに?水質を管理する時に大切なPHについて紹介!!

2019年3月12日

水槽の水質を管理するのに重要な項目がPHです。PHを調べることで水槽の水質がわかります。今回の記事では、水槽の管理に大切なPHについて紹介します。

 

熱帯魚を育てる時に大切なのが水質です。水質には弱酸性〜中性〜弱アルカリ性まであり、熱帯魚によって好む水質が変わります。

 

PHを測ることで水質を調べることができるので、熱帯魚を飼育する時にはPHを調べて水質を管理することが大切です。

 

今回の記事では、水槽の管理に大切なPHについて紹介するので、熱帯魚を飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

PH(ペーハー)とは

 

 

PHと書いてペーハーと読みます。

 

PHは水質の酸性とアルカリ性を示すもので、PH7が中性で、それ以上に大きいとアルカリ性で、小さいと酸性になります。

 

一般的には3〜6が弱酸性で8〜11が弱アルカリ性と言われていますが、それでは幅が広すぎてしまうので注意してください。

 

水槽のPHは日によって多少上下するので、6.5〜7.5ぐらいが中性で、6.5〜6までが弱酸性、7.5〜8が弱アルカリ性になります。

 

それ以上に高すぎたり低すぎたりすると熱帯魚のストレスになってしまうので気をつけてください。

 

 

中性、弱酸性、弱アルカリ性について

 

 

 

もう少し詳しく中性と弱酸性と弱アルカリ性について解説します。

 

 

 

中性

 

 

日本の水道水の多くは中性です。井戸水だったりすると中性じゃないこともありますが、だいたいPHは7ぐらいになっています。

 

台風の次の日にはPHが7じゃない時もありますが基本はPH7で安定しているので、水質を中性に維持するのが簡単です。

 

特に何をしないでも水質を中性にすることができるので、アクアリウム初心者の方は中性の水質を好む熱帯魚を飼育するのが良いと思います。

 

 

弱酸性

 

 

水槽の水は時間が経つにつれてPHが下がっていきます。co2を添加していたり、ソイルを入れているとPHは下がりやすいです。

 

PHが下がったら水換えをするだけで良いので、中性の次に弱酸性は管理しやすいです。

 

熱帯魚には弱酸性〜中性を好むの魚が多いです。弱酸性〜中性を好む魚は管理が楽なのでオススメです。

 

水質は時間た共に弱酸性に傾いていきます。弱酸性で安定させたい場合はマジックリーフを入れるのがいいと思います。

 

マジックリーフを入れると水質を弱酸性に傾けることができます。マジックリーフを入れるとタンニンが出るので水槽の水が茶色くなってしまいます。

 

水槽の水が茶色くなってしまいますが、自然に近い環境で飼育することができるので、産卵を促進したり病気を予防したりすることができます。

 

アク抜きしていない流木を水槽に入れると水が茶色くなりますが、これもタンニンが流木から滲み出るからです。

 

マジックリーフの他にPHの降下剤が販売されています。ただ、入れすぎるとPHが下がりすぎてしまうので注意してください。

 

 

 

弱アルカリ性

 

 

弱アルカリ性の水質はサンゴ砂や牡蠣殻を入れて作ることができます。

 

 

あとはアルカリ性に水質を傾けてくれる濾過材も販売されているので、そういったものを使うのがいいと思います。

 

弱アルカリ性の熱帯魚を飼育する場合は、そういったものを使ってPHを7.5〜8ぐらいに傾けてください。

 

弱酸性のように自然にPHが下がっていくことがないので、濾過材やサンゴ砂などを用意して自分でPHをあげる必要があります。

 

なので、弱アルカリ性を好む熱帯魚を飼育するのは難しいです。弱アルカリ性を好む熱帯魚を飼育するのは、水質の管理に慣れてから
が良いと思います。

 

 

PHを上げる上昇剤も販売されていますが、こちらも入れすぎると上がりすぎてしまうので、注意してください。

 

 

 

PHの計測方法

 

 

次はPHの計測方法について紹介します。

 

 

PHメーター

先端が電極になっていて、そこに水をつけるとPHを調べることができます。

 

0.1の値まで示してくれるので、しっかりPHを調べたい方にオススメです。値段は高いですが、毎日使うことを考えるとそこまで割高ってわけではありません。

 

PHメーターには校正液が入っています。校正液はPHメーターにズレがないかを調べるものです。たまに校正液を使ってPHメーターにズレがないか調べるようにしましょう。

 

 

 

PHモニター

PHモニターは24時間PHを計測することができます。

 

PHと一緒に水温を計測することができます。PHと水温を常時表示することができて、見た目もかっこいいのでオススメです。

 

 

 

PH測定試験紙

水槽の水に紙を浸してPHを測るものです。

 

細かい数値までPHを測ることはできませんが値段が安いのでオススメです。

 

飼育が簡単な熱帯魚を飼っている場合は試験紙を使ってPHを測るのもいいと思います。そのまま使っても良いですが、試験紙を縦に半分や三等分に切って使うこともできます。

 

 

 

PH液体試薬

液体試薬も安い値段でPHを測ることができます。

 

液体試験薬も色で判別するので、細かい数値まで計測することはできないでの大体のPHしかわかりません。

 

結構長く使うことができるので、PHモニターが壊れた時やPHモニターにズレがないか調べる時など、たまに使う用に用意しておくのがいいと思います。