熱帯魚の餌は何がいい?熱帯魚の餌の種類と選び方を紹介!!

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

熱帯魚を飼育するときに特に悩むのが餌だと思います。熱帯魚の餌にはタブレットのものや顆粒のもや行き餌など様々な種類があり、熱帯魚の種類によって好みも様々です。今回の記事では熱帯魚の餌の選び方について紹介します。

 

 

熱帯魚は種類によって好む餌が違うので、買っている熱帯魚に合わせて餌を用意するのが大切です。

 

餌によっては趣向性のものがあって、熱帯魚の食いつきも良くなるので、熱帯魚があまり餌を食べてない場合や痩せてしまっているときは趣向性の高い餌を与えるようにしましょう。

 

今回の記事でな熱帯魚の餌の選び方について紹介するので、熱帯魚の餌選びで迷っている方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

熱帯魚の餌の種類

 

 

熱帯魚によって好きな餌が違います。餌の食べやすさや栄養価などが違うので、飼育する熱帯魚に合わせて餌を選ぶようにしましょう。

 

簡単に熱帯魚の餌の種類を紹介します。

 

 

 

沈下性と浮遊性

 

 

熱帯魚の餌には水面に浮く浮遊性の餌と水に沈む沈下性の餌があります。

 

熱帯魚の種類によって中層や表層を泳ぐ魚や底を泳ぐ魚など様々な種類がいます。表層を泳ぐ魚は水槽の底までは餌を探しに行くことは少なく、底を泳いでいる魚も表層まで餌を探しに行くことはほとんどありません。

 

なので、人工餌を使う場合は飼育する熱帯魚の特性に合わせて沈下性か浮遊性の餌を選ぶようにしましょう。

 

 

 

人工餌

 

 

 

人工餌には顆粒タイプ、フレークタイプ、タブレットタイプの餌があります。

 

これも飼育する熱帯魚の種類に合わせて選んでください。口の小さい熱帯魚は顆粒タイプじゃないとうまく餌を食べることができないので他の熱帯魚に餌を取られてしまうことが多いです。

 

人工餌はそれぞの熱帯魚に合わせて開発されていて、好きな食べ物を主成分として、ビタミンなどの栄養素が配合されています。

 

値段も安くて扱いやすく、栄養バランスも優れているので、使いやすい餌ですが、熱帯魚の種類や個体によっては人工餌に慣れない魚もいます。

 

 

 

生き餌

 

 

 

大型の熱帯魚は人工餌を食べないことが多いので、アロワナやガーなどを飼育する場合は生き餌さを与えて飼育することが多いです。

 

熱帯魚によっては動くものにしか反応しないこともあるので、そういった場合にも生き餌が使われます。

 

生き餌にはミルワームやコオロギなどの昆虫やドジョウや金魚などの魚類やエビなどが使われています。生き餌は趣向性の高い餌なので、熱帯魚が餌を食べない場合は人工餌を与えてみるのがいいと思います。

 

また、稚魚を飼育するときに使うブラインシュリンプも生き餌です。稚魚は人工餌を食べないこともあるので、栄養価の高いブラインシュリンプがよく使われています。

 

 

 

冷凍餌

 

 

 

生き餌を凍らせたのが冷凍餌です。赤虫やイトメがよく使われています。

 

冷凍餌は冷蔵庫で保存することができるので、生き餌に比べて管理が楽で、趣向性も高いのでオススメの餌です。

 

小型の熱帯魚が餌を食べなくなったときや痩せてしまったときは冷凍餌を与えるのがいいと思います。栄養価が高く嗜好性が高いので熱帯がよく食べます。なので、稚魚の餌にもよく使われます。

 

アロワナの稚魚を飼育するときの冷凍のアカムシがよく使われます。アロワナなど上層を泳ぐ魚に与えるときは、ピンセットや割り箸などでアカムシをとって、そっと水面に浮かべるように与えましょう。アロワナなどの上層を泳ぐ魚は底に落ちた餌を食べる事が少ないので、底まで餌が落ちてしまうとそのままゴミになってしまうので気をつけてください。

 

 

 

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!