ネオンテトラは初心者にオススメ!!ネオンテトラの飼育方法を紹介!!

2019年3月12日

ネオンテトラはアクアリウムの代表のような魚です。小型の魚で温厚な性格をしているので、色々な魚と混泳させることができます。今回はネオンテトラのの飼育方法を紹介します。

[ad#co-1]

 

 

ネオンテトラは熱帯魚の中でも定番の魚で、小さい体をしていて、体には綺麗な赤と青のラインがあります。

 

どこのショップでも販売していて、値段も安く飼育も簡単なので、これからアクアリウムを始めようと思う方にオススメの熱帯魚です。

 

今回の記事では、ネオンテトラの飼育方法について紹介するので、ネオンテトラを買って見たい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

ネオンテトラとは

 

 

 

ネオンテトラはカラシンという、中南米やアフリカに生息している熱帯魚の一種です。

 

大きさは成長しても3cm程度と小さいく、値段も1匹あたり50〜100円ぐらいで購入することができます。

 

体も丈夫で水質の変化にも強い魚なので、水槽を立ち上げる時のパロットフィシュとしても人気の魚です。

 

性格もおとなしくて、他の魚をいじめることもないので、ネオンテトラをいじめない魚とであれば、混泳させることができます。

 

 

寿命は2〜3年ほどと短い魚です。

 

 

ネオンテトラは群泳する習性があるので、数匹でまとまって泳ぎます。まとまって泳いでくれるので見栄えもよく綺麗です。

 

 

 

 

ネオンテトラの飼育に必要なもの

 

 

 

ネオンテトラは簡単に飼育することができるので、他の魚に比べて必要な設備も少なくてすみます。

 

簡単ネオンテトラの飼育に必要なものを紹介します。

 

 

 

水槽

熱帯魚なので飼育するには水槽が必要です。小型の魚なので、小さい水槽で飼育することができます。

 

ネオンテトラは綺麗な魚なので、見た目のいいガラス水槽を使うのがいいと思います。30cmのキューブ水槽は見た目もいいのでオススメです。

 

30cm水槽であれば10匹程度飼育することができます。飼育する数を増やしたい場合は大きな水槽を使用するのがいいと思います。

 

 

 

ヒーター

ネオンテトラは熱帯魚なので飼育する場合は冬場はヒーターを使って保温する必要があります。

 

ヒーターがなくて、水温が下がってもネオンテトラが死んだりすることはありませんが、あまり水温が下がりすぎると生体に負担をかけてしまうので、ヒーターを入れておくのがいいと思います。

 

 

 

濾過フィルター

濾過フィルターがないと汚れた水を綺麗にすることができないので、用意しましょう。

 

ネオンテトラを飼育するだけであればどんなものを使用しても問題ありません。ネオンテトラであれば外掛けフィルターで飼育することができます。

 

水草水槽でネオンテトラを飼育する場合や見た目を気にするなら、外部フィルターがオススメです。

 

 

 

カルキ抜き

カルキ抜きがなくてもカルキを抜くことはできるので、絶対に必要なわけではありませんがあった方が便利です。

 

 

水草

水草も絶対に必要なものではありません。ただ、水草があった方が見た目も綺麗になるので、入れておくのがいいと思います。

 

ウィローモスなど水槽に入れておくだけで勝手に育ってくれる、飼育が簡単な種類もあるので、そういったものがオススメです。

 

 

底砂

底砂を入れておくだけで見た目も綺麗になるのでオススメです。

 

底砂にはバクテリアも繁殖するので、濾過の面から見ても入れておくのがいいと思います。

 

 

照明

照明を当てることでネオンテトラは綺麗に輝きます。

 

照明があった方が見栄えも良くなるので、絶対に必要なわけではありませんが、見た目を気にするなら用意しておくのがいいと思います。

 

また、水草を育てる場合には照明が必要になります。

 

 

ネオンテトラにオススメの餌

 

 

ネオンテトラを飼育する場合は定番のフレークタイプの餌を使うのがいいと思います。

 

食べる量も少ないので、一度購入したら当分持ちます。

 

他には赤虫やブラインシュリンプを食べます。ただ、用意するのも大変だと思うので、人口餌を使うのがいいと思います。