熱帯魚を飼ってみよう!!初心者でも飼いやすいオススメの熱帯魚を紹介!!

2019年3月12日

熱帯魚は見た目も美しく綺麗なので、飼ってみたいと思う方も多いと思います。ただ、これからアクアリウムを始めようと思っている方は何を選べば良いか迷う方も多いのではないでしょうか。今回の記事では初心者にオススメの飼いやすい熱帯魚を紹介します。

 

 

熱帯魚って綺麗ですよね。

 

水草や流木がしっかりレイアウトされた水槽で熱帯魚を飼っていると、とても綺麗で癒しにもなります。

 

ただ、初めて熱帯魚を飼う方はどうやって飼育すれば良いの変わらないですよね。

 

今回の記事では初心者にオススメの飼いやすい熱帯魚を紹介するので、アクアリウムを初めてみようと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

初心者には小型水槽がオススメ

 

 

小型水槽は難しいとよく言われます。

 

それは水槽の中に入る水の量が少ないので、水質が安定しづらいからです。

 

水量が多い方が水質を安定させやすいので、大きな水槽の方が安全に熱帯魚を飼育することができます。

 

ただ、設置スペースも必要になりお金も多くかかってしまうので、初めて熱帯魚を飼育する方は小型の水槽がオススメです。

 

小型の水槽でも飼育する熱帯魚の量を少なくすれば、水質も安定させやすいし、水換えなどの管理も楽です。アクアリウム初心者の方には30cmのキューブ水槽がオススメです。

 

見た目も綺麗でかっこいいレイアウトの水槽が作りやすく、値段も安いので、これからアクアリウムを始める方は30cmのキューブ水槽から始めるのがいいと思います。

 

 

 

初心者向きの熱帯魚とは

 

 

 

大きくならない

 

 

小型水槽で飼育することが大きくなる熱帯魚を飼育することができません。

 

販売されている時は小さくても、飼育していくについれて大きくなる熱帯魚も多いので、購入する時は注意してください。

 

大人になっても小型の熱帯魚であれば小さい水槽で生涯飼育することができるので、初めは小型の熱帯魚を選びましょう。

 

30cmのキューブ水槽で飼育する場合は大きくても10cmの熱帯魚が限度です。ただ、大きければそれだけフンも多く、水も汚すので、飼育できる数も限られます。

 

なので、3〜5cm程度の熱帯魚を数匹飼育するところから始めると、水も汚れずらく、水質が安定しやすいです。

 

 

 

水質の悪化に強い

 

 

水槽内の水は熱帯魚のフンや食べ残しで少しずつ汚れてしまいます。

 

なので、水質の悪化に弱い魚は、水質が悪化すると具合を悪くして、死んでしまうことがあります。

 

初めて熱帯魚を飼育する場合は水質の変化に強くて、水質の悪化に強い熱帯魚を飼育するのがいいと思います。

 

 

 

飼育できる水質の範囲が広い

 

 

熱帯魚にはそれぞれ最適な水質があります。

 

水質には弱酸性〜弱アルカリ性まであり、熱帯魚にとって好みの水質は様々です。

 

特定の水質でしか飼育ができない熱帯魚や飼育できる水質の範囲が狭い熱帯魚は飼育が難しいです。なので、水質の変化に強く幅広い水質に対応することができる熱帯魚がオススメです。

 

 

 

水温の変化に強い

 

 

基本的に熱帯魚は変温動物なので、水温によって体温が変動します。なので、水温が急激に変動すると熱帯魚にストレスがかかってしまいます。

 

デリケートな魚は水温の変化で死んでしまうことがあるので、初めて熱帯魚を飼育する場合は水温の変化に強いものを選ぶようにしましょう。

 

日本には四季があるので、水温は0度〜35度まで幅広く変化します。熱帯魚は基本的には20〜25度が適温です。

 

なので、冬場はヒーターが必要になり、夏場は冷却ファンやクーラーが必要になります。一部の熱帯魚はクーラーやヒーターを使わなくても飼育することができます。

 

 

 

混泳させることができる

 

 

混泳とは種類の違う熱帯魚を一緒に飼育することを言います。

 

気性の荒い熱帯魚を混泳させると弱い方の魚がいじめられて最終的には死んでしまいます。

 

熱帯魚によっては同種同士でも喧嘩をしてしまうことがあるので、おとなしくて喧嘩をしない熱帯魚がオススメです。

 

 

 

初心者にオススメの熱帯魚

 

 

アカヒレ

 

最強に飼いやすい熱帯魚です。

 

アカヒレはヒーターもクーラーも必要なく水質の変化にも強いです。

 

水温の変化に強く、水質の変化にも強く、酸欠にも強いので、熱帯魚の中で1番飼育が簡単だと言われています。

 

30cm水槽であれば、10匹程度まで飼育することができます。ウィローモスを入れておけば勝手に繁殖するので、初心者の方でも飼育から繁殖まで楽しむことができます。

 

水温の変化に強いのでビオトープでも飼育することができます。ただ、夏場に直射日光が当たっていると水温が高くなりすぎてしまうので、注意してください。アカヒレを飼おう!!ゴールデンアカヒレなどのアカヒレの種類を紹介!!

 

 

 

ベタ

 

ベタはヒレが美しいので、非常に人気の熱帯魚です。人気が高いのでホームセンターなどでも販売されています。

 

美しい見た目をしているので、1匹水槽に入っているだけで、とても綺麗な水槽になります。

 

ベタにはラビリンス器官というものが付いているので、水中からだけでなく空気中から直接酸素を取り込むことができます。

 

なので、小型水槽でも酸素量が少ない状況でも飼育することができます。

 

ベタは闘魚とも呼ばれていて気性が荒いです。同種や他種と混泳させると喧嘩をしてしまいます。

 

なので、基本は1つの水槽に1匹で飼育する単独飼育が基本です。30cm水槽よりも小さい小型水槽で飼育したい方は1匹でも綺麗なベタがオススメです。

 

ベタは水温の変化には強いですが、水温は20〜25度に保つようにしましょう。ベタを飼ってみよう!!省スペースでも飼えるベタの特徴と飼育方法を紹介!!

 

 

 

ネオンテトラ

 

体の上側は青いラインで、下側には赤ラインを持つ綺麗な熱帯魚です。

 

熱帯魚の中でも有名で人気も高いです。

 

水質の悪化にも強く値段も安いので初心者にオススメの熱帯魚です。アカヒレに比べても鮮やかなので、数匹水槽に入れているだけで、とても綺麗な水槽を作ることができます。

 

30cm水槽であれば10匹程度飼育することができます。ネオンテトラは初心者にオススメ!!ネオンテトラの飼育方法を紹介!!

 

 

 

グッピー

 

グッピーも有名なので、熱帯魚を飼ったことがない方でも名前を知っていると思います。

 

オスは美しい尻尾を持っていて、種類も多いので、綺麗な水槽を作ることができます。繁殖も簡単で、種類も多いのでブリーディングを楽しむこともできます。

 

30cm水槽であれば10匹程度飼育することができます。飼いやすくて綺麗な熱帯魚!グッピーの特徴と飼育・繁殖方法を紹介!!

 

 

 

コリドラス

 

コリドラスも飼育しやすい熱帯魚です。

 

名前を聞いたことがない方もいると思いますが、熱帯魚屋さんに行くと必ず売っているほど流通量の多い熱帯魚です。

 

種類も多くコレクション性もあるので、コリドラスマニアの方も沢山いる人気のある熱帯魚です。

 

小型のコリドラスであれば飼育が簡単なのでオススメです。コリドラスパンダを飼おう!!コリドラスパンダの特徴と飼育方法を紹介!!

 

 

 

ミナミヌマエビ

 

ミナミヌマエビは熱帯魚ではありませんが飼育が簡単で可愛いのでオススメです。

 

日本に生息しているエビで、3cm程度までしか成長しない小型のエビです。

 

30cm水槽でも10匹程度飼育することができ、日本に生息しているエビなので、日本の水温の変化にも対応していて、クーラーやヒーターがなくても飼育することができます。

 

水草のコケを食べてくれるので、水草水槽と相性がいいです。熱帯魚の餌の食べ残しを食べてくれるので、熱帯魚との混泳にもオススメです。

 

ウィローモスを丸めて入れておけば勝手に繁殖してくれます。アカヒレほど水質の変化に強くはありませんが、ちゃんと管理しておけば問題なく飼育することができます。

 

ミナミヌマエビに似ているエビでヤマトヌマエビがいます。ヤマトヌマエビは水温が20〜28度の環境で飼育する必要があるのでヒーターが必要になりますが、水質の変化に強いエビなので、こちらもオススメです。

 

他にもミナミヌマエビに似ているレッドチェリーシュリンプがいます。レッドチェリーシュリンプもヒーターが必要ですが、飼育が簡単で繁殖させることができて、見た目も綺麗なのでオススメです。水草のコケ取りに最適!ミナミヌマエビの飼育方法を紹介!!