アクアリウムを始めよう!!初心者でも飼いやすい熱帯魚を紹介!!

2019年3月12日


熱帯魚屋さんに行くと当たり前ですが様々な熱帯魚が販売されています。熱帯魚は種類も多いので、初めて熱帯魚を飼う方は何を飼えば良いかわからない方も多いと思います。今回の記事ではアクアリウム初心者にオススメの飼いやすい魚を紹介します。

 

熱帯魚屋さんに行くと綺麗な水槽が並んでいるので、アクアリウムを始めてみたいと思う方も多いと思います。

 

 

ただ、熱帯魚は種類も豊富なので、何から飼育すればいいのかわからないって方も多いと思います。

 

今回の記事では、アクアリウム初心者にオススメの飼いやすい魚を紹介するので、アクアリウムを始めてみたいと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

アクアリウム初心者にオススメの魚の条件

 

 

水温の変化に強い

 

 

熱帯魚は変温動物なので、水温の変化によって体温も変化してしまいます。

 

水温が急激に変化したり、水温が上がりすぎたり下りすぎたりすると体にダメージを受けて、最悪の場合死んでしまいます。

 

なので、初めて飼育する場合は飼育可能な水温の幅が強く、水温の変化に強い熱帯魚を選ぶのがいいと思います。

 

 

 

水質の変化に強い

 

 

熱帯魚にはそれぞれ適した水質があります。飼育が難しい熱帯魚は適した水質の幅が狭いので管理が難しくなります。

 

水温を弱酸性や弱アルカリ性に傾けるには知識と道具が必要になってくるので、初めて飼育するなら弱酸性〜弱アルカリ性まで、幅広い水質に適応している熱帯魚を飼育するのがいいと思います。

 

 

小さい水槽で飼育できる

 

 

水温の変化にも水質の変化にも強い魚でもサイズが大きいと飼育しづらいです。

 

大きな魚を飼育する場合には大きな水槽が必要になります。水槽が大きい入る水の量も多いので、水質は安定しやすいですが、掃除などの管理が大変になってしまいます。

 

 

なので、最初はサイズが小さくて、小さい水槽で飼育できる熱帯魚がいいと思います。

 

 

 

特別な餌が必要ない

 

 

熱帯魚の餌には人工餌の他に生き餌や冷凍餌があります。生き餌や冷凍餌は管理が大変なので、人工餌で飼育できる熱帯魚がオススメです。

 

熱帯魚の中には人工餌に餌付いていない個体がいるので、熱帯魚を購入する際は餌は何を食べるかも聞いておきましょう。

 

 

 

性格がおとなしい

 

 

アクアリウムに慣れてくると他の熱帯魚と一緒に飼育したくなります。

 

違う熱帯魚同士を同じ水槽で飼育することを混泳と言うのですが、種類によっては喧嘩をしてしまうので混泳されることができません。

 

なので、最初に飼育する魚は後で混泳させることも考えて性格がおとなしくて混泳できる熱帯魚を選ぶのがいいと思います。

 

 

 

アクアリウム初心者にオススメの熱帯魚

 

 

水温の変化にも水質の変化にも強く、性格がおとなしく飼いやすい熱帯魚を紹介します。

 

 

アカヒレ

小型の魚で、赤い尾びれが特徴の魚です。アカヒレの飼いやすさは熱帯魚の中でも最強です。

 

水温、水質の変化に強く、屋外で飼育することもできます。飼いやすさだけで考えるなら、アカヒレが1番オススメです。

 

 

 

ネオンテトラ

ネオンテトラは熱帯魚の中で1番有名な魚だと思います。

 

アクアリウムをよくしならない方でも見たことがあると思います。水温と水質の変化にも強いので、とても飼いやすい魚です。

 

 

 

グッピー

グッピーも飼育が簡単な魚です。カラフルな尾ビレが特徴の熱帯魚で、熱帯魚の中でも人気で流通量も多いので値段も安いです。

 

人気の魚なので、品種改良が進んでいて色々な種類のグッピーがいます。夏場など水温が高くなりすぎると死んでしまうことがあるので高音には注意が必要ですが、飼いやすいのでオススメです。

 

しっかりと飼育環境を整えれば簡単に繁殖させることもできるので、飼っていて楽しい魚です。

 

 

 

プラティ

プラティも体が丈夫な熱帯魚です。

 

水質の変化に強いので、そんなに頻繁に水換えをしなくても問題なく飼育することができます。

 

また、繁殖させることも簡単です。プラティは卵でなく稚魚を直接産みます。なので、卵で生まれるよりも、他の魚に食べられることが少ないので簡単に繁殖させることができます。

 

本格的に増やしたい場合は稚魚が隠れられるようにウィローモスを丸めて入れておくか、母親を繁殖用の水槽に隔離するのがいいと思います。