グッピーを繁殖させよう!グッピーの稚魚の育て方を紹介!!

2018年8月2日

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

熱帯魚の中でも人気が高く有名なのがグッピーです。初心者でも飼育が簡単で繁殖させることもできます。グッピーの稚魚を飼育する場合は注意が必要です。今回の記事では、グッピーの稚魚の飼育方法について紹介します。

 

 

グッピーはとても丈夫で病気にもなりにくく、水質や水温の変化にも強いので、初心者の方でも飼育しやすい熱帯魚です。

 

初心者の方でも簡単に飼育ができて繁殖させることも簡単で、飼育から繁殖まで楽しむことができます。

 

ただ、繁殖させるためにはしっかりと稚魚を飼育する必要があります。

 

今回の記事では、グッピーの稚魚の飼育方法について紹介するので、グッピーを繁殖させたい場合にはぜひ読んでみてください。

 

 

 

グッピーの稚魚の飼育に必要なもの

 

 

 

グッピーは他の熱帯魚と違い、卵を産卵するわけではなく、お腹の中で卵を孵化させて稚魚を産みます。

 

ある程度までお腹の中で稚魚を育てるので、他の熱帯魚に比べて繁殖が簡単です。繁殖は簡単な種類ですが、稚魚を育てる場合には必要な道具があります。

 

簡単にグッピーの稚魚の飼育に必要なものを紹介します。

 

 

 

産卵箱


スドー サテライト
グッピーの稚魚は生まれてすぐに大人のグッピーに食べられてしまいます。水槽内にウィローモスなどの水草を入れておくと勝手に増えることもありますが、確実に増やす場合は産卵箱を用意しておきましょう。

 

産卵期を水槽に設置して、お腹が大きくなったメスを産卵箱に隔離しておくと安全にグッピーの稚魚を育てることができます。

 

 

 

水草・流木


(水草) ウィローモスsp.(無農薬)(1カップ) 本州・四国限定[生体]
出産後のグッピーは体力も消耗しているので、オスに追いかけ回られると疲れて死んでしまうことがあります。

 

ある程度大きくなった稚魚を大人のグッピーと飼育する場合や、出産したばかりのグッピーが隠れられるように流木や水草を入れておきましょう。

 

 

 

稚魚用の餌


テトラ (Tetra) テトラミン ベビー
グッピーの稚魚はある程度大きくなってから生まれてくるので、人工フードで飼育することができます。

 

大人のグッピーに与えている餌をする潰して与えるのもいいと思いますが、稚魚用の餌も販売されているので、稚魚用の餌の方が手軽に使えるのでオススメです。

 

ブラインシュリンプも好んで食べます。ブラインシュリンプは栄養価も高いので稚魚もよく育ちます。

 

人工フードだけだと痩せて死んでしまう個体も多いので、ちゃんと増やしたい場合はブラインシュリンプを孵化させておくのがいいと思います。

 

 

 

グッピーの稚魚の育て方

 

 

 

グッピーは水槽にウィローモスを沢山入れておいて、大人のグッピーが水槽の下半分に入れないようにしておけば勝手に増えます。

 

ただグッピーの稚魚が食べられてしまうので、生存率をあげたい場合はちゃんと稚魚を飼育するようにしましょう。

 

簡単に稚魚の育て方を紹介します。

 

 

 

出産の近いメスを産卵箱に隔離する

 

 

 

グッピーを複数飼育していたり、他の魚と混泳させているとグッピーの稚魚が食べられてしまうので、大人になるグッピーが少なくなります。

 

なので、稚魚を安全に育てるためには産卵箱に隔離して、ある程度のサイズまで育てるようにしましょう。稚魚を産卵箱に隔離する場合はお腹が大きくなって出産が近くなったメスを産卵箱に隔離してください。

 

出産が近くなるとグッピーのメスはお腹が大きくなって、お尻のあたりが黒くなるので、見ればわかると思います。

 

グッピーのメスも生まれた稚魚を餌と認識して食べてしまうので、出産が終わったらメスのグッピーは元の水槽に戻してあげて下さい。

 

 

 

稚魚に餌を与える

 

 

 

最近ではグッピーの稚魚用の人工フードが販売されているのでそういったものを基本に与えるのがいいと思います。

 

ブラインシュリンプもよく食べるので、ブラインシュリンプも孵化させて準備しておくようにしましょう。

 

グッピーの成魚が食べている餌を細かく砕いて与えることもできます。稚魚の期間も短く、稚魚用の餌を用意しても使いきれないので、勿体無い場合は成魚のグッピーに与えている餌を細かく砕いて与えるのがいいと思います。

 

餌は1日2回以上食べきれる量を与えるようにしてください。1日1回だと痩せてしまう個体も増えるので、1日2回以上こまめに餌を与えるようにしましょう。

 

 

 

産卵箱を1日1回掃除する

 

 

 

産卵箱には餌の食べ残しや稚魚の餌が溜まっていきます。

 

掃除用のスポイトが販売されているので、スポイトを使って産卵箱の底に溜まったフンや食べ残しを吸い取るようにしてください。

 

稚魚の中にで死んでしまう個体も出てきます。死んでしまった個体は水を悪くするので、水槽から出すようにしましょう。

 

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!