グッピーの水槽は何が良い?グッピーに飼育に必要な水槽や機材を紹介!!

2019年3月12日

グッピーは幅広い水質に適応して飼育が簡単なので、初心者向きで飼いやすい熱帯魚です。グッピーは初めて熱帯魚を飼う方にもオススメです。今回の記事ではグッピーの飼育に必要な水槽などの器具を紹介します。

 

グッピーは適応する水質の範囲も広く、見た目も美しくて、性格もおとなしいので他の熱帯魚と混泳させることもできます。

 

飼育が簡単でブリーディングも盛んに行われているので、種類も豊富でコレクション性も非常に高いので、愛好家もたくさんいます。

 

今回の記事ではグッピーの飼育に必要な水槽などの器具を紹介するので、グッピーを飼ってみたいと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

必要な器具

 

 

30cm水槽

水槽は小型な30cm水槽がいいと思います。

 

30cm水槽より小さい水槽でも飼育することはできますが、水槽が小さいと水質を安定させるのが大変なので、最初は30cm水槽から初め流のがいいと思います。

 

 

水槽台

30cm水槽であれば、そこまで重くならないので、しっかりしている家具であれば、家具に置くこともできます。

 

ただ、設置する場所がちゃんと水平になっていないと水槽の寿命も短くなるので、水槽台を用意するのがいいと思います。

 

 

水槽マット

ガラス水槽はそのまま置いていると割れてしまうことがあるので、水槽の下には水槽マットを敷く必要があります。

 

 

照明

 

あってもなくてもいいですが、照明があった方がグッピーも綺麗に見えます。水草を育てる場合は光量が必要になるので、水槽に水草を入れる場合は照明を用意しましょう。

 

 

ろ過フィルター

30cm水槽であれば、外掛けフィルターかスポンジフィルターがオススメです。

 

スポンジフィルターの場合はエアレーションも必要になりますが、使っていれば酸欠になることもないのでオススメです

 

水草水槽を作る場合はco2が抜けにくい外部フィルターがいいと思います。

 

 

ヒーター・冷却ファン

それぞれ水温を調整するために必要です。グッピーの適温は25〜28度なので、夏場は冷却ファンを使って水温を下げて、冬場はヒーターを使って水温を上げる必要があります。

 

 

水温計

水温を管理するためには水温計が必要です。季節によって水温は大きく変わるので、水温計を用意しておきましょう。

 

 

床材

水草を植える場合はソイルが必要になります。水草を植えない場合は特に必要ありませんが、見た目が気になる場合は砂利などを敷くのがいいと思います。

 

 

エアレーション

水槽に酸素を送り込むものです。なくても飼育することはできますが、飼育する熱帯魚の数が増えた場合などは用意するのがいいと思います。

 

 

水質測定キット

水質はPHを測ることで管理します。また他にもアンモニア濃度や亜硝酸を計測するものもあります。水槽の立ち上げ時が特に必要になるので、用意するようにしましょう。

 

 

プロホース

水槽の水を抜く時や底砂を掃除する時に使用します。なくても水槽の水を抜くことができますが、あった方が便利です。

 

 

 

水槽を立ち上げよう

 

 

必要な器具が揃ったら水槽を立ち上げましょう。

 

水槽の立ち上げは、水槽内のバクテリアの数を増やして、水質を安定させるために必要です。バクテリアが増えないとアンモニアなどが分解されずに水質が悪化しやすくなります。

 

水槽をセットしても1週間ぐらいは水を回してバクテリアを増やす必要があるので、グッピーは水槽の立ち上げが終わってから購入するようにしましょう。

 

水槽の立ち上げはこちらの記事で紹介しているので、こちらの記事も読んでみてください。