グッピーを増やしてみよう!!グッピーの繁殖方法について紹介!!

2019年3月12日

グッピーは比較的簡単に育てることができます。繁殖も簡単なので初心者の方でも簡単に繁殖させることができます。今回の記事ではグッピーの繁殖方法について紹介します。

 

 

グッピーは熱帯魚の中でも人気の魚です。有名な魚なので、アクアリウム初心者の方でも知っている魚だと思います。

 

グッピーは簡単にオスメスの判別ができて、飼育も簡単なので、初心者の方でも簡単に繁殖させることができます。

 

今回の記事では、グッピーの繁殖方法を紹介するので、グッピーを飼ってみたいと思う方はぜひ読んでみてください。

 

 

グッピーの特徴

 

 

グッピーは多くの熱帯魚とは違い卵胎生という方法で繁殖します。

 

卵胎生とは卵を持ったメスがオスと交尾して、メスのお腹の中で卵を孵化させて稚魚をうむ繁殖方法です。

 

プラティも同じように繁殖をします。プラティとグッピーは同じ卵胎生のメダカなので、一緒の水槽で飼育すると交尾しようとしてオスがメスを追いかけたりします。

 

グッピーはオスとメスの判断が簡単につきます。オスは尾びれと背びれが大きく色が派手です。メスは色が地味で尾びれと背びれはオスよりも小さく、体格が良くてお腹が膨らんでいます。

 

ぱっと見でもわかると思うので、初心者の方でも簡単に見分けることができます。

 

 

グッピーの繁殖時期

 

 

グッピーは自然環境では、水温が暖かくなってきたら繁殖しましが、ヒーターを使って水温を管理している場合は、通年を通して繁殖します。通年を通して繁殖するので簡単に増やすことができます。

 

グッピーの成長は割と早いので、生まれてから3ヶ月ぐらいすると繁殖できるようになります。

 

 

グッピーの繁殖方法

 

 

グッピーはしっかり環境を整えてあげれば水槽で飼育しているだけで勝手に繁殖します。

 

ただ、確実な方法ではないので、確実に繁殖させたい場合はしっかりと繁殖しやすい環境を整えてあげましょう。

 

グッピーは稚魚を餌だと思って食べてしまいます。しっかりと飼育していれば出産までは簡単にできますが、生まれた稚魚は大人のグッピーに食べられてしまうので、なかなか増えないので注意してください。

 

 

オスメスを揃える

 

 

グッピーを繁殖させるためには、当たり前ですがオスとメスを一緒に飼育する必要があります。

 

繁殖しやすい熱帯魚なので1ペア飼育していつだけで勝手に増えてくれますが、2ペアぐらい一緒に飼育しておくのがいいと思います。

 

何ペアも飼育していると一気に繁殖してしまうことがあるので、最初は2ペアぐらいから始めるのがいいと思います。

 

 

産卵箱を用意する

 

 

産卵箱がないと生まれたグッピーが大人のグッピーに食べられてしまいます。

 

産卵箱に入れてないと出産するグッピーの後をグッピーが追いかけ回し、生まれたそばから食べてしまうこともあります。

 

産卵箱を設置して、稚魚を産みそうなメスを隔離しておくことで、産卵箱に生まれた子供を隔離することができます。

 

母グッピーを隔離するための繁殖水槽を用意するのもいいですが、複数の水槽を管理するのは大変だし、水質を管理するのも大変なので、産卵箱を使うのがいいと思います。

 

産卵箱には生まれた稚魚を母グッピーと隔離できるものがあります。母グッピーが稚魚を食べてしまうこともあるので、そういったものを選びましょう。

 

 

隔離するタイミング

 

 

メスのグッピーは産卵が近づいてくるとお腹がふっくらと膨らんで、黒っぽい卵が見えるようになります。

 

そうなったら隔離するようにするのがいいと思います。

 

ただ、産卵箱は小さいので、母グッピーにストレスを与えてしまうのであまり長期間隔離しないようにしましょう。2〜3日ぐらい隔離して、産まないようなら水槽に戻してあげてください。

 

グッピーは一度の交尾で2〜3回ほど稚魚を産みます。1度稚魚を産んでから28日後ぐらいすると、また稚魚を産みます。

 

 

稚魚の育て方

 

 

稚魚が生まれたら、産卵箱の中でそのまま飼育するのがいいと思います。

 

産卵箱に溜まったゴミはスポイトで吸いながら掃除して、細かく潰した人工餌を与えましょう。一緒に飼育している魚の口に入らないサイズまで大きくなったら、水槽に移すことができます。

 

グッピーは生まれてすぐに人工餌を食べることができるので、簡単に繁殖させることができます。餌は親にあげているものと同じものをすり潰してあげると食べてくれます。

 

ブラインシュリンプも食べるので、可能であればブラインシュリンプを孵化させて与えるのもいいと思います。