グッピーを飼う時に気をつけて欲しい!グッピーがなりやすい病気を紹介!!

2019年3月12日

グッピーは飼育が簡単な種類の熱帯魚ですが、体も丈夫で飼いやすい種類ですが病気になってしまうこともあります。今回の記事ではグッピーがなりやすい病気を紹介します。

 

グッピーは体が丈夫なので病気になりづらい魚ですが、病気になってしまうこともあります。

 

熱帯魚の飼育に慣れていないと、熱帯魚が病気になってしまっても治すのは難しいと思います。

 

なので、まずは病気にならないように飼育することが大切です。

 

今回の記事ではグッピーがなりやすい病気について紹介するので、グッピーを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

グッピーがなりやすい病気

 

 

そもそも、購入するときに病気になっていることもあるので、グッピーに限らず熱帯魚を購入する時は病気になっていないか、弱っていないかをちゃんと確認しましょう。

 

グッピーのなりやすい病気を紹介するので、病気にならないように飼育しましょう。

 

 

 

カラムナリス病

 

 

カラムナリス病はカラムナリス菌が体に感染することで発病する病気です。

 

カラムナリス菌はどの水槽にも生息しています。グッピーが怪我をしていたり、弱って免疫力が落ちていると感染してしまいます。

 

カラムナリス病になるとヒレがボロボロになるのですぐにわかると思います。尾腐れ病ともも呼ばれています。

 

尾びれがボロボロになったり、口の周りにカビが生えたようになります。

 

免疫力が落ちてしまっていているので、気づくのが遅いと治すことができません。早めに発見できた場合は、別の水槽に隔離して薬浴させることで治すことができる場合もあります。

 

カラムナリス病は水質の悪化が原因で発生します。飼育している熱帯魚の数が多いと水質が悪化したすくなるので、アクアリウムに慣れるまでは飼育する熱帯魚の数を少なくしましょう。

 

 

 

白点病

 

 

白点病は有名な病気で、多くの熱帯魚になる病気です。

 

グッピーの体に白い点がいくつかついていたら白点病です。イクチオフチリウスという寄生虫に寄生されることで発病する病気です。

 

初期段階であれば水温を上げることで治すことができますが、症状が進行している場合は薬浴させる必要があります。

 

28〜30度ぐらいまで水温を徐々に上げて、28〜30度ぐらいの水温で飼育してみてください。

 

 

症状が初期だとこれだけで治ります。

 

 

症状が進行している場合は薬浴させるのがいいとおもいます。メチレンブルーやグリーンFを使って隔離したグッピーを薬浴させてください。

 

症状が見つかってもすぐに元の水槽に戻さずに1週間ぐらい状態を見るようにしましょう。

 

 

 

ハリ病

 

 

 

ハリ病はグッピーの稚魚に良く見られる病気です。

 

尾びれをたたんで、グッピーが針のように見えることから、ハリ病と呼ばれています。

 

水質の悪化や栄養不足が原因と考えられています。初期の場合は塩浴させることで治すことができますが、稚魚なので手遅れになることが多いです。

 

塩浴させる時は0.2〜0.3%ぐらいの少量の塩を入れて塩浴させましょう。状況がよくならない場合は少しずつ塩の濃度を増やしていきましょう。

 

ハリ病にならないようにするには、隔離箱の水を毎日少量水換えをして、ゴミがあったら取り除くようにしましょう。

 

水質の悪化が原因なので、水質が悪化しないようにしましょう。

 

 

 

水カビ病

 

 

水カビ病は怪我をしていたり尾腐れ病になっているグッピーがなりやすい病気です。

 

メチレンブルーで薬用させると結構治ります。ただ、症状がひどいと水カビがなかなかなくならないので、あらかじめピンセットなどで水カビを取り除いてから、薬浴させましょう。

 

 

 

松かさ病

 

 

松かさ病はエロモナスと呼ばれる細菌に感染することで発病する病気です。

 

松かさ病になると腹水が溜まって、体の表面が充血したり、鱗が逆立ったりします。

 

エロモナス感染症は治すのが難しい病気です。水質の変化や飼育環境によりストレスが原因で発病します。

 

水換えをして、底砂を掃除して水質を改善させましょう。また、飼育密度が高い場合は熱帯魚の数を少なくしてください。

 

病気になったグッピーはグリーンFを使って薬浴させるのがいいと思います。